ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

THE DARK KNIGHT

製作国:

上映時間:152分

ジャンル:

4.2

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

全ての感情が詰まった最高に素晴らしい作品。ジョーカーというこれ以上ないヒール、本当にクレイジー過ぎます。文句なくフルマークです。
たき

たきの感想・評価

4.0
とにかく派手
バイクのシーンかっこいい
tomomi

tomomiの感想・評価

4.2
最初から最後まで、トップギア全開でした!最後はあまりの感動に鳥肌が立ちました。真の強さってこういう事なんだとバットマンに教えてもらったような気がします。
ヒース・レジャー演じるジョーカーは、魅力的な悪役でした。悪は悪だけどね。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.4
記録✍️
Seiji

Seijiの感想・評価

3.8
バットマン好きなら観るべき
K

Kの感想・評価

5.0
犯罪が先か、バットマンが先か。正義とは何か。

大企業の若手社長で、独自の経済力と独自の科学技術を応用して、独自のスーパーな車と武器を創り出し、強靭な肉体を自力で鍛え上げて、ゴッサムシティの犯罪者たちをぶちのめす、社会のはみ出し者のヒーロー、バットマン。まさにパワーによる正義の象徴。

しかし、バットマンが法を破り、強引にマフィアを摘発すればするほど、犯罪者も過激な方法に訴える。正義のはずのバットマンに投げかけられる疑問、法外なパワーを振りかざす自警は正義なのか?

そこに新たに現れる、狂敵ジョーカーは確かにクレイジー。一方で彼の行う「悪事」は、世間の矛盾やモラルに対する批判や風刺をした彼なりの問題提起、そしてそんな矛盾だらけの社会を破壊して行く姿は、何が正義で何が悪か?という問い、人間の本質、社会の矛盾を我々に問いかける。

光と闇。裏と表。実際の世界は、非常に曖昧。時に、誰かの正義は誰かにとっての善ではない。

でも、そんな世界に光を与えたのは市民。そして、ゴッサムシティの平和のためにヒーローではなく闇の守護神ダークナイトとして生きて行くことを決意したバットマンの決意が、切なくもカッコいいのです。

約10年ぶりに鑑賞しても、圧巻の世界とストーリー。傑作です。
Kojyai

Kojyaiの感想・評価

4.0
世間では賛否両論あるダークナイト。確かに原作無視でオリジナリティがありすぎるかも知れないが、自分は好き。ジョーカーありきな感じもするが、まぁそれも仕方ない所。リアリティさを追求したノーランバットマン。じつはこれこそが本当のバットマンなのかもしれない。
>|