ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

びーる

びーるの感想・評価

4.6
クリストファーノーラン作品
「ダークナイト」
3度目の鑑賞でしたが、鑑賞するたびに腑に落ちる箇所も増え、よりこの作品の深みにはまって行きます。

「バットマン」
私がアメコミ作品で最も好きなヒーローです。過去の大きなトラウマを抱えながら闇に身を潜める謎めいた存在がたまらないです。
また、ゴッサムという犯罪にまみれた場所では彼の存在のせいで犯罪が激化することもある。無謀とも思えるゴッサムでのヒーロー活動が、彼を好きでいる所以でもあります。

今作ではそんなゴッサムに「光の騎士」ハーヴィ・デントが現れる。闇の中における光の存在は偉大。彼の努力も計り知れません。
しかし、そこに醜悪な「ジョーカー」が登場。彼はゴッサムの犯罪を激化させることが狙いでもなく、ただただこの街をメチャクチャにすることも狙いではありません。

ゴッサムの光を黒く塗りつぶす。闇に堕ちた人間の顔を眺める。それが狙いであると感じました。光のないゴッサムの秩序を保とうとする…なんとも恐ろしい存在です。

俳優陣の演技、建物や風景のリアリティ、高性能なバットモービル…この作品の見どころをあげるときりがありません。
そして、ホンモノを追求し「ダークナイト」を作り上げたクリストファー・ノーラン監督には敬意を示すことしかできません。
み

みの感想・評価

4.5
ダークナイトシリーズ最高だぁ…

秩序と混沌
すげえ映画だこりゃ。よく作り込まれてるな〜、MARVEL作品のヒーロー達みたいにスーパーパワーとかはなくて生身の人間がバットマンスーツきてあとは明晰な知性と強靭な肉体、そしてそれを支える莫大な富によって悪と戦う姿はとてもかっこいい。『ダークナイト』は、「バットマンは本当にヒーローたりえる存在なのか?」「彼の掲げる正義は本当に正当性を勝ち得ているのか?」を問いかける作品。急に映画評論家バリのレビューを書いていく高山氏であった。。。
何回みてもおもしろい

今回バットマンビギンズからの3部を
購入し、見直しました。

やっぱり圧倒的にダークナイト

内容がおもしろい、アクションが凄い!

とか、ではなく各構図の当てはめ方が

変態的過ぎる。

レイチェルの死の悲しみに余韻を残すのではなく、ジョーカーに焦点を当てるところ。

有名なジョーカーがパトカーから体を乗り出すシーン。

あのシーンの変化は考え深いものがある。。
pon

ponの感想・評価

-
今更観てごめんなさい、と、その一言でした。
お麩

お麩の感想・評価

-
おもろすぎ!!!!!!!!良すぎ!
とだ

とだの感想・評価

-
おもろすぎ
言わずと知れた名作。
ヒース・レジャーの怪演はこれまでのジョーカーのルックスと逸脱しているが、ジョーカーがジョーカーたる要素を的確に表現し、なおかつ公式でも正体・過去一切不明というキャラクターの掘り下げまで行うという、とてつもない事をやってのけた。特に“悪人はどうしてジョーカーの下に集まるのか”というコミックスなどでも省略されがちなこの部分はこの映画を観るとなるほどと感じる。
一方のクリスチャン・ベイル演じるバットマンもまたジョーカーの狂気に精神をすり減らしながらも己の存在意義を変化させていく。
前作が『ブルースが如何にしてバットマンとなったのか』だとすると今作は『バットマンは如何にしてダークナイトと呼ばれるようになったのか』という話。
もちろんストーリーの中で変化していくのはバットマンだけではない。(変わってないのはジョーカーくらい)ジョーカーや世の不条理、そして宿命の対決を是非観てもらいたい。
YutaImai

YutaImaiの感想・評価

5.0
世代ということもあるのでしょうが
個人的にはバットマンと言えば
ダークナイトシリーズです。
その中でも2作の目にあたる
"ダークナイト"
この作品は本当に大好きです。

ヒース・レジャー×藤原啓治
=史上最強ジョーカー
いつもは英語に日本語字幕で見ますが
この作品は吹き替えで見るのも
ありかもですね!

名作やヒットする映画には
狂気的な味のあるキャラクターが
いるのかもしれませんね

(個人的に大好きな映画10選)
>|