ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

善の中にも悪があって悪の中にも善があるものだけど、悪役はそんなの関係なくただただ悪なのが一番いい。きっかけなんて何処にもなくて元からこういう存在で、混沌が好きだから悪を為す
永遠に戦い続けることになるって、本当にそうなって欲しかった…
とよ

とよの感想・評価

3.9
正義と悪の表裏一体。
この世に悪があるからこそ正義がある。でも正義があるが故に、悪が存在してしまう。

複雑なテーマではあるものの、自分たちにとって意外と身近なテーマだったように思える。

ジョーカーの演技力たるや。

このレビューはネタバレを含みます

ジョーカー役のヒース・レジャーの怪演やばすぎ
怒りや憎しみ、悲しみも無い純粋な悪を感じた
彼がトゥーフェイスへと変貌する過程、バットマンとジョーカーの共存関係、ヘボすぎる警察官たち(ゴードン除く)………
また観たい
きょ

きょの感想・評価

4.0
相変わらずおっさんたちがいけてる。加えてジョーカーも敵ながら魅力を感じてしまう。人間味があって面白いし、「バスの運転手だけだ」「1本電話をかけたい」のシーンは痺れた。ほんまに名優やったなぁと…。
sanyaaan

sanyaaanの感想・評価

4.2
【正義と悪のイタチごっこ】
正義があれば
それを上回る悪がはびこり
悪が上回れば
その上を行く正義が生まれる。

その中に
正義と悪の境界線が微妙な所にあり
正義から悪へ
心を奪われて行く人も居る。

信念とは何か。。
悪と闘う為の信念も
少し見方や方向性を変えるだけで
悪の信念になる。
それが良く理解できる映画。

ジョーカーの迫真の演技には
惹きつけられました。

クリストファーノーラン監督のバットマンは奥が深い。
スッキリすると言うよりは
考えさせられる映画です。

ダークナイトの意味も
映画の最後にしっかりと出てきますので
観る方はお楽しみに。

引き続き
「ダークナイト ライジング」
を観て行きます。
えむる

えむるの感想・評価

4.0
20/10/26記録
ジョーカーを見てから再鑑賞。こっちのジョーカーは悪意を膨らませて人間の中に詰め込んだ感じ。やる事全てぶっ飛んでてある意味爽快だった。
Van

Vanの感想・評価

4.1
とりあえず、長い。でもストーリーは面白いし、最後の終わり方はカッコいい!
>|