スケバンマフィア 恥辱の作品情報・感想・評価

「スケバンマフィア 恥辱」に投稿された感想・評価

自由意志のままに売春行為を働いている風来の女子高生(倉吉朝子)が、町のチンピラを統括しているスケバンマフィアの存在意義を諭されていく。一人の女子高生の視点から、不良の生態を綴っているロマンポルノ。「スケバンマフィア 肉刑」に続く、高山銀之助原作作品。

いわゆるひとつの「ズベ公もの」に相当する作品。主人公と関係している人物は、社会的底辺の立ち位置にならざるを得なくなった、訳ありの人間ばかり。そんな者たちが、チンピラの有象無象に取り込まれていく。

主人公の義理の兄(阿部徳昭)と姉(小川恵)、そして親友(水紀ゆき子)を中心に据えたドラマが展開される。折檻、レイプ、集団リンチなど、ズベ公ものの定石に則っているが、グループ抗争の物語ではないため、全体的にダウナーな雰囲気が強く、フィジカルな感覚は希薄。

全裸のままでダンボール箱に入れられた主人公が、真っ昼間の公道に箱ごと投げ捨てられるシーンが印象鮮烈。このようなメチャクチャなゲリラ撮影があるだけで、無条件に高評価してしまう自分がいる。
日活ロマンポルノのアイドル倉吉朝子のスケバンマフィアシリーズ二作目