鬼の棲む館の作品情報・感想・評価

『鬼の棲む館』に投稿された感想・評価

昨日買ってきたので早速観賞💿



谷崎潤一郎の戯曲「無明と愛染」の映画化
三隅研次 監督作品
新藤兼人 脚本
宮川一夫 撮影
伊福部昭 音楽


南北朝時代
晩秋のある日、戦火を免れた山寺…

>>続きを読む
Taul

Taulの感想・評価

3.0

『鬼の棲む館』(1969)初鑑賞 @シネ・ヌーヴォ 「生誕百年記念 映画監督 三隅研次」特集。状態良。谷崎潤一郎原作で新藤兼人脚本、宮川一夫撮影という鉄壁な布陣。4人の豪華キャストもさすがの芸力で特…

>>続きを読む
舟子

舟子の感想・評価

5.0

盗賊と愛人、盗賊の元妻、愛人と過去に関係があった偉い僧侶 4人の愛憎入り乱れる異色文芸大作!

え?ちやいますよね?
煩悩地獄 性鬼菩薩っていうピンク映画ですよね?
そう思ってめっぽう楽しみました …

>>続きを読む
Jaya

Jayaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

南北朝時代の山奥の古寺にて盗人と元妻と女狐と僧侶がかち合うお話。説話のような谷崎原作から大きな改変。でもスチールで落ちが読めるという。

楓に焦点を当てた浮世離れしまくった話の展開は素晴らしかったの…

>>続きを読む
muscle

muscleの感想・評価

1.0
合戦クロスカッティングはいいが、それ以降、佐藤慶が出てからダルすぎる。

モームの『雨』を翻案したような時代劇で、勝新以外のメインキャストは東宝や松竹で名の挙がる俳優ばかりという、60年代末期の大映作品。
見どころは高峰VS新珠の女優対決なのだが、勝ち誇る新珠に喝采する気…

>>続きを読む
bn

bnの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

三隅研次の『剣』から通ずるところがある。
存分に惑わされるのは良いけど、死をもって...っていうのは寂しいなと思ってしまう。一緒に破滅に向かう方が好きだな
高峰秀子はきっと楽しんでいる。良い。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

3.0

4人の男女を通した「煩悩地獄」。

冒頭、山中の森を一人の女が歩いている。楓(高峰秀子)という女。
南北朝の物語なので、高峰秀子が「羅生門の京マチ子風の姿」をしている。時代背景としては、京と吉野が争…

>>続きを読む
umihayato

umihayatoの感想・評価

5.0

最初はメンヘラ高峰秀子も怖かったが
なんと言っても新珠三千代が怖くて最高

終始おどろおどろしく80分くらいしかないのでダレ場もなく、雰囲気を完徹した素晴らしい作品だった。


坊主煩悩地獄でワロタ…

>>続きを読む
え

えの感想・評価

3.8
こんなもの見てていいのかとなんだか引け目を感じるような活写の連続
勝新ですらたじろぐような女の様に恐れ慄きそれでいて目が離せない

あなたにおすすめの記事