GONINの作品情報・感想・評価・動画配信

『GONIN』に投稿された感想・評価

HIG

HIGの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

いつもビートたけしさんに持ってかれる。
要所要所のストーリーで持ってかれる。
もう一度観なきゃ本質わからないかも俺では。この俺でさえ。俺だから。俺のみが。俺もまた。
本木雅弘さん、さすがです。
竹中直人さんの娘役が栗山千明さんか。
最高すぎて言葉が出ない…
人間の強い感情のきらめきを凝縮した感じで大好き…ジミーちゃんと荻原家好き…万代と三屋ももちろん好き…氷頭も渋くていいし…

闇堕ちが美味しい映画で最高です
多分いっぱい見返す
Tatsunori

Tatsunoriの感想・評価

4.1
バイオレンスアクション系の映画は好んでは観ないけどなかなか良かった。
この時代のこの質感。もう狙っても作れない世界観。

決して油断はしてなかったけど
あのシーンで背筋が完っ全に凍りつきました。
GONIN令和版みたいの作ってくんないかなぁ。アウトレイジは違うんよなぁ。犯罪物で全員キャラ立ってるやつみたい!!椎名桔平はこれがベスト!!根津甚八と木村一八と竹中直人も最高!
ハードボイルドな日本映画最近あんまないよなー
もっと増えてほしいなあ
ヒート2本当にやるのかな!もしやるとしたらティモシーシャラメが出演してくれれば覚醒しそう
shuichi

shuichiの感想・評価

4.1
こういうドンパチする映画は今の時代あまりないし、監督が好き放題やってる感あってめちゃくちゃ楽しめた。この時代の邦画にあまり触れてこなかったから、おじさんの印象しかなかった本木雅弘や佐藤浩市が血みどろになりながら、牙をむき出しにする演技をするのが意外だった。画になる良いカットが多い。ビートたけしは少ししか出てこなかったけどインパクトが強かった。
ウォシ

ウォシの感想・評価

3.4
ヤクザを襲撃し金を奪い取った5人組が、1人また1人と報復されていくバイオレンスノワール。

何と言っても竹中直人の怪演が強烈。
数少ないカタギ側の人間のはずなのにヤクザよりも怖い存在。
そんなサイコな空気をスパイスに展開されるハードボイルドな抗争は渋くも刺激的。

平成初期のバイオレンス映画の重さが、令和のバイオレンス映画には足りない…!
「グッバイ・クルエルワールド」を観てからふと本作を思い出す。
最初は本木雅弘さんに期待してなかったけど、ジワジワ存在感表してきた。後半は特に素晴らしかった。
本木雅弘さんが、とても素晴らしい演技をしていましたと思います。
この映画は、私にとって本木雅弘さんのものと考えてしまいました。
最初から気持ち悪い役をこなして
最後カッコイイ終わり方。
素晴らしいでした。
佐藤浩市、本木雅弘、根津甚八、竹中直人、椎名桔平の「5人」主演のヴァイオレンス映画。

バブルが崩壊し、経営しているディスコの経営がきつくなった男(佐藤浩市)はヤクザから多額の借金をしており、その返済に困っていた。
ヒョンなことから残り4人と出会うことになり、彼らと一緒にヤクザの事務所を襲って強盗に入るというストーリー。

主人公の「五人」が皆それぞれ個性豊か。ディスコ経営者、ナルシスティックな危ない男、ハイテンションなサラリーマン、元刑事、元ボクサーのチンピラ。チームワークがあるような無いような…
男たちが協力して無事強盗を成功させるが、その後ヤクザに正体がバレ破滅の道へ…

後半はヤクザからの報復で掃除屋の男(ビートたけし)が五人の前に現れ次々と始末していく。果たしてヤグザの追跡から逃れることは出来るのか。。

ビートたけしが出演しているのもあるけど、ヴァイオレンンスな描写は武映画を彷彿とさせた。
終盤がちょっとあっけない気がしてもう一波乱ぐらい欲しかった。
ヴァイオレンスなヤクザ映画が好きならばオススメ。
>|

あなたにおすすめの記事