あの夏、いちばん静かな海。の作品情報・感想・評価

「あの夏、いちばん静かな海。」に投稿された感想・評価

yu

yuの感想・評価

3.9
北野監督独特のタッチで、ラブストーリーを描く。ほとんどセリフのないサイレント映画として、キッズリターンにもつながる青春映画としても素晴らしいと思う。個人的には、そのタッチでバイオレンスを描いた『ソナチネ』が邦画の中でもベスト級に好きな映画。
胸が苦しいねー。

真木蔵人がカッコよすぎる。
歩き方、座り方、スウェットの着かた、ジーンズの裾、全てが完璧。

その美しさを完璧に引き立てた映画と言っても過言じゃないと思う。
703

703の感想・評価

5.0
聴覚障害のあるカップルが軸となって展開するストーリー。

サイレントサーファーがいる事は知っていたけど一人で入ってはダメとホントに思った。

思い出しただけでも悲しくて悲しくて悲しくて…な作品です。
AVのドラマ部分かのような取り巻きの演技力含め最高なんだよなー
他の北野映画は結構好きだけど、残念ながらこれはハマらず。

オチがあまり好きじゃないし、最後の回想も蛇足で、音楽も少しくどかった。サーフィン大会のシーンも無駄に長くてキツかった。

でも、北野映画は日が経つにつれてじわじわくるものが多いので、これもそうなるかも。

登場人物がみんなアホっぽいんだけど、基本優しいので観ていて和んだ。みかん女がツボ。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.7
聾唖者が主人公という事で、元来セリフの少ない北野武監督作品の中でも特に背景音が耳に入り、合わせて映像に集中させられた。日常が淡々と描かれているが、ここぞと言う場面はハッとする構図なのは流石。特にラストシーンでタイトルに重なるの二人の後ろ姿は完璧。久石譲の音楽と相まっておとぎ話と思えてくる映画だった。
この独特の空気感、癖になるねぇ!

表題は耳が聞こえないカップルの物語。
会話がないのは、北野的な演出意図だけなのかと思っていたので、物語中盤で言及してくれるまで気づきませんでした笑

静かな主人公な分、コミカルなモブが盛り上げてくれる。

いやー、いいね。若干棒読みなのもいい…。
あまりに綺麗で静かで淡々としているので何回か寝落ちしてしまいました…

が、最後まで見てびっくり。
それまでの二人の何気ない日常、風景、全てが一気に物悲しく切なくなった。

最後でタイトルを出してくるのが、もう、なんか、じわ〜っとくる。

エンドロールが波の音だけというのも…
Mi

Miの感想・評価

3.8
2人は音も感じず、言葉も話せず、表情にも乏しいけど、ただそこにいることが最大の愛情表現で、それだけで充分すぎるくらい2人の世界が完成してた

音も言葉も持ってる私たちが手に入れることのできない世界だった
さとう

さとうの感想・評価

5.0
海のショットがうますぎる。是枝裕和は真剣に北野武映画を見てから海をとったほうがいい。
女と海と男があれば映画が撮れる。素晴らしい横移動、渦巻く波、女の顔。坂道のところとラストはいらない気がする、写真立てで終わりでも、まあ面白いからいいけど
>|