HANA-BIの作品情報・感想・評価

みんなの反応
  • 寡黙ながらも演者の心情を想像させる表現が素晴らしい
  • 死と生、そして愛をテーマにした作品
  • 絵や音楽、演出によって感情を伝える手法が効果的
  • 北野武監督の世界観が独特で、間が創り出す雰囲気が魅力的
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『HANA-BI』に投稿された感想・評価

tai

taiの感想・評価

4.0

セリフとセリフ、シーンとシーン、愛と暴力、とにかく「間」に引き込まれた作品
北野武の日本人としての感性、芸人としてのユーモアがとても綺麗かつ明確な形で作品に昇華されていた
日本語を母国語として摂取で…

>>続きを読む
laterite

lateriteの感想・評価

5.0
説明少ないのにわかる仕組み、美しい生き方の描き方、画の美しさ、普通に武さんの作品で一番好き
晃一

晃一の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

北野映画には何故説明が少ないのかを体現している映画
男は自分の生き方で女を幸せにする!
逆効果

逆効果の感想・評価

5.0
岸本加世子さんのお淑やかな感じ、お綺麗ですの一言では足りない。
青い、すごく青かった。
芸術と暴力と愛情を一心に感じられる映画でした。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.0

内容はほぼ『ソナチネ』なわけだが、『ソナチネ』とは違い、非常に「説明的」な映画だと感じた。台詞は最小限だが、余命僅かな妻、過去の事件のせいで刑事を辞めざるを得なくなった刑事、半身不随になった元相棒、…

>>続きを読む
たけしの不器用さと純粋さが良い。

ラストシーンも良いし、海も綺麗だし、時系列ごちゃごちゃになりそうなのも良い。
お世古

お世古の感想・評価

4.0
暴力的描写と純愛の少し強引な場面切り替えにも関わらず、一貫して綺麗な音楽が流れ続ける不気味さと心地よさが、生と死、タイトルの花と火にうまく繋げられている。バイオレンスな描写が不快に感じない傑作。
アゴ

アゴの感想・評価

4.5
純愛
穏やかなユーモアと突発的な暴力
良いキャラすぎるスクラップ屋の親父
挿入画が良いアクセント
面白かったです。
思ってたのより半歩、予想外に暴力的に進んでくるみたいな。そんなのが終始続く感じ。驚きって面白さですもんね。さすが北野監督。なんだかなーと思う映画もありますけど、これは好きでした。
>|

あなたにおすすめの記事