電子戦隊デンジマンの作品情報・感想・評価・動画配信

「電子戦隊デンジマン」に投稿された感想・評価

テレビシリーズを見ていなく、この映画がデンジマン初見でした。
なので、デンジマンとして集められた経緯だったりをナレーションしてくれたのはめちゃくちゃ助かりました。
逆再生や爆発など多用されており、特撮らしさも楽しめて良かったです。

ただこの映画の1番の見所は、アイシーという犬ですね、可愛すぎます。
Eken

Ekenの感想・評価

2.5
途中のデンジ星うんぬんの話とかこれまでの戦いの話とか視聴者みんな知ってるから尺稼ぎ
FREDDY

FREDDYの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

地球総ヘドロ化を目論むベーダー一族とデンジマンの闘いを描いた特撮テレビシリーズ「電子戦隊デンジマン」の劇場版作品である本作。印象としては、大まかなあらすじは悪くはないです。約3000年前にベーダー一族によって滅ぼされたデンジ星や、その星の王女・デンジ姫のエピソードが、デンジ星人の科学力を結集して作られた人語を話すロボット犬で、デンジマンの司令官でもあるデンジ犬アイシーから語られ、「電子戦隊デンジマン」の背景が見える点は良かったと思いますし、アクションはもちろんのこと、デンジマンの活躍も単純に観ていて面白く、気軽に楽しめる作品だとは思います。ただ、どうしても気になってしまうのは、何との評価の難しい演出やカット割り。80年制作の作品なので映像の技術に関してはとくに言うことはないですし、全体的に駆け足気味にシーン展開がされてテンポも良く、カメラアングルやカット割りも工夫されているのは評価はします。だが、同じシーンを繰り返したり無駄なカットを差し込んだりと、映像が途切れ途切れで繋がっていないのは気になるところですし、前文で触れた、デンジ犬アイシーの語りで始まる回想シーンに至っては、もはや視聴者を置いてきぼりにするほどで、はじめは何を映し出しているのかが理解できませんでした。それでも本作は決して悪い作品ではないですし、回想シーンで映し出されるフィルムラーとのユニークな戦いは見物かと。
Sekimi

Sekimiの感想・評価

3.0
冒頭で子供飲まれるシーン、子供向きじゃない😂

割と長めな話だった。
ちょこっとうちの息子さん、退屈しちゃいました💦
TV特撮ドラマ『電子戦隊デンジマン』の劇場版。
1980年はスター・ウォーズシリーズの影響で世界的SFブームと日本の第三次怪獣ブームが重なっており、とにかく映画、テレビ、マンガ、小説などSF作品だらけだ。映像はまだVFXなどなく、全てが手作りで見応えのある特撮とアクションを見せてくれた。

また当時の東映まんがまつりの特撮ヒーロー映画は30分以内が当たり前だったのに、本作は45分の中編なのも嬉しい(同年春公開の『仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王』、翌年春公開の『仮面ライダースーパー1』も45分。いかに当時、特撮作品に力を注がれていたかがわかる)。

ドラマは、デンジマンは約3000年前、ベーダー一族によりデンジ星を滅ぼされ、巨大帆船「グレートクイーン号」で脱出し、地球に移り住んだデンジ星人の子孫であることが明かされる。
ラストではデンジマンはデンジ姫とグレートクイーン号の姿を見る。それは幻なのか、現実なのか。そのファンタジーかつ大河ドラマ的な脚本に特撮ファンは東映の子供番組でもここまでドラマを広げてくれるのか! と感動を覚えたものだ。現在の特撮ドラマではありがちな設定だが、当時の東映特撮ヒーロー物は本当に子供向けだったのだ。まだ未見の特撮ヒーローファンはぜひ本作を観て古き良き時代の特撮ヒーロー映画を味わってほしい(途中でTV版のダイジェストが入るので初心者でもOKだ)。
悪杭

悪杭の感想・評価

3.0
2017年 鑑賞
スーパー戦隊シリーズ4作目、電子戦隊デンジマンのオリジナル劇場作品。
マーベル色も入りつつ、ショッキングなシーンも古き良き時代の遺産。古き良き時代には水着シーンが唐突に入ってくる。これは必須。テストに出てくるから、よーく覚えとけっ!
デンジー(ガリガリ)パーンチ!

631
だりあ

だりあの感想・評価

3.0
テレビ版の総集編的要素を持つ劇場版。

TVシリーズリアルタイム世代ではないが、
ギャバンこと大葉さんや曽我町子さんの
出演作として認識度が高いデンジマン。
この頃のフィルム逆回しを使った、
アクロバットなど特撮の見せ方にも昭和の
味を感じる。

ダイデンジンの電子・満月斬りは
斬りなのかビームなのかよくわからない。
M少佐

M少佐の感想・評価

3.0
 オープニングを歌われていた、けいにいが亡くなりました…

合掌。
HK

HKの感想・評価

3.1
電子戦隊デンジマンの劇場版

冒頭で大人子どもが丸のみされてしまうシーンはまあショッキングではあった。しかし、デンジマン位になるとああいうところも普通に映すのかと思うとやはり昔はすごかったなと思う。

映画の尺が長いからどんな展開なのかなと思って見てみると、総集編が入っているところがあったのが残念だが、自分まだデンジマン本編見たことないのでどういうものか確かめるために見てみたものの、まあ映画のカチンコでみんながコスプレする回しか印象に残らない。

へドリアン女王は流石の貫禄である。曽我町子さんは理想の女王でもある。この人オバQもやってた素晴らしい人だというのが初めて分かった。

まあアクションはいつも通り良かった。デンジグリーンの回転キックは流石見ごたえあり。

まあまあ面白かったと思う。
Pさん

Pさんの感想・評価

3.9
敵の罠に引っかかるために水着姿で踊ってるデンジマン達(変身前)がなぜだか忘れられない。

戦隊ものの中でデンジマンのOP曲上位に入る位好き。
>|

似ている作品