笑う蛙の作品情報・感想・評価・動画配信

『笑う蛙』に投稿された感想・評価

ちょっとホラーっぽい大人のコメディ…なのかな?

長塚京三演じる逸平が、納屋に匿われている数日間。逸平の情けなさが哀れで可笑しい。
大塚寧々演じる涼子も、逸平に裏切られたのに、何故か飄々とした感じで不思議ちゃん。

他の家族たちも自分のことしか考えていないようだし…。

出ていく逸平をみんなで見送った時、涼子が言った「みーんな嘘」とはとういうことか? 自分の妊娠が嘘なのか?

いろいろ不思議な点はあるが、國村隼、雪村いづみ、ミッキー・カーチス、きたろう、南果歩…等など個性的て芸達者な役者揃いで楽しめた。

このレビューはネタバレを含みます

長塚京三といえばソルボンヌ大学卒のインテリ、大学教授とか弁護士の役が似合うイメージがある。しかし過去のある一時期、京三が演じるちょいダメ男…というジャンルが存在した気がする。

この映画はそんなダメ男(京三)と、彼が裏切った妻(大塚寧々)がひさしぶりに邂逅するところから始まる。

超然とした掴みどころの無い妻を『魔性女優」の寧々が演じてやけに説得力がある。
なんなら夫目線で彼女のやり口に言い諾々と丸め込まれたい気持ちにさえなってくる。透ける素材とボディラインを露に見せる服チョイスなやましい。

また京三演じる夫は申し開きのしようも無いほど下手こいたにも関わらず、妻にゾンザイにされると不貞腐れてみたり、ちょっと幼稚なところのある…裏返せば隙だらけゆえの愛らしさなども感じられ、なんだか憎めない。

はじめ駆け引きのようだった二人のやり取りが、次第に家族らしい温度を取り戻してゆくのだが…

妻の現在の恋人を國村隼、凖の耳年増娘を本刈谷ユイカ、妻の母を雪村いづみ、その恋人ミッキー・カーチス、妻の兄きたろう…などそれぞれの役にピッタリの配役。

ロケ場所の古くて上品モダンな家屋や室内も良い。

様々の妻の仕打ちが夫へのお仕置きのようでもあり。スラ( ´ ▽ ` )スラと本当らしいウソをつく彼女の真意がどこにあるのか、わからないままなのがよい。思いやりのように見えて、案外自分を守るための方便である可能性も高いものね…

ラストはなんだか夢のように終わる。
長塚京三って、高身長で男前、声がソフトで喋りも心地よい、女に心許されるタイプ。だけど男っぽさはあるし意地もある面構えで、男性が己を仮託したくなるウツワじゃないかと思う。
そんな人物が過ごした後半生は、ある種の理想、社会の歯車から解き放たれた夢の人生、だけど悪人にもなり切れずにちゃんと償いをするのもご愛嬌で憎めない。
さらば!とかアバヨ!って一度は言ってみたい言葉かもしらない。

…とも思えるし、または本当に彼は死んでいて、魂が元妻とその家族に会いに来たのかも。
冒頭は妻の父の葬式で、家族が集合していた。ラストも同じように家族が集まっている。

そんな風に様々想像が働かせられるのも、楽しかった。
tak

takの感想・評価

3.3
会社の金を横領して逃亡中の主人公は、身を隠そうと妻の実家が所有する別荘に行くが、そこで妻とバッタリ。自首を勧められるが、離婚届にサインすることを条件に1週間だけ納戸に匿ってもらうことになる。次々に訪れる人々と妻との会話。親族だけでなく、夫の浮気相手や、夫の行方を追う警察もやって来る。そして妻の恋人も現れる。主人公は二人の情事を壁一枚を隔てて聞くことになり、再び妻への思いが高まっていく。

狭い舞台で静かに進む物語。そこで描かれるのはちょっとおかしな人間模様と人生の悲喜劇。年齢を重ねてからの方が、身に染みて楽しめる映画かもしれない。

主人公を演ずる長塚京三は、昔からテンパってドギマギする表情が上手い人。会社の飲み会後に、部下の女性にドキッとすること言われるサントリーのCM好きだったな(古い…年齢バレそう💧)。ここでも男の単純さ、意思の弱さが見事。大塚寧々の演技は淡々としているけれど、むしろ彼女のキャラクターあってのこの妻役かと思う。脇役には雪村いづみ、ミッキー・カーティス、國村隼、南果歩、きたろうと芸達者を揃えているのが飽きさせないうまさ。シリアスな話なのかと思いきや、映画の後半はジワジワと可笑しさが増していく。

雨が降ってきたので洗濯物を取り込もうと納戸から出てきた夫の目の前に、妻の恋人が現れる場面は、サスペンスとコメディが融和したような名場面。恋人との情事を夫が覗き見している場面では、妻が夫に聞かせる為にベッドでわざと大きな声をあげる。緊張感とニヤリとする可笑しさが同居する場面が随所にあって好感。

ラストの大塚寧々が見せるしたたかさ。ネタバレ防止のために詳しくは書かないが、実は夫を思っての言動ともとれるだけに、その微妙な感じが、不思議な余韻を残す。そして最後にナレーションで語られるその後の出来事。映画館ではあちこちから笑い声が聞こえていた。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
横領して逃亡してた旦那が
突然やってきて
納戸に匿って生活する妻。
旦那が妻の日常を覗き👀聞いて👂
嫉妬したり面白いです😆
静かな対応の妻がいいですね。
大塚寧々はまり役。綺麗だし✨
長塚京三のくたびれた感じもいいな。
パンの食べ方変😆
「子供と暮らしてた」と言う妻。
分かる気がする。
面白かったです😊
大塚寧々は大根なんだけど役柄にハマってる(それでも下手なんだけど)。一番問題なのは彼女から色気を抽出させない演出。中途半端な脱ぎっぷり。終始ぽわ〜んとしてればいいというものではない。ロマンポルノで扱いそうな題材だがロマンポルノだったら暴動が起きるレベル。
kerorun

kerorunの感想・評価

3.0
大塚寧々が色っぽい。何だか、印象に残る映画。熱があるのに!?とか。(笑)
RYUYA

RYUYAの感想・評価

3.0
大塚寧々って、こんな素晴らしい女優さんだったのか・・・

長塚京三は『ぼくたちの家族』で再び追い込まれるのを考えると、この映画、なんだか笑える。

終盤の家族会議シーンまでの運び方が残念だったなぁ。すごく退屈でした。
ビ

ビの感想・評価

2.8
海の浅瀬みたいな、
静かな物語で静かな映画でした。
大塚寧々の色っぽさ、美しい生々しさに惹きつけられる。
國村隼さんの濃さも利いてた。後半まったく活かしてなかったけど
奇妙な空気感があった。
長塚京三の入ってる小屋が映るたび、何故かどきりとする。奥さんが旦那を小屋にしまう奇妙さ…そこは好きでした。
なんだけど、物語自体がなんか、はっきりしないな〜 「 どこにもってくの?」と思っても、どこにももってかれない…。
もっとグーッと、対岸まで連れてって欲しかった。中途半端な浮きに掴まって漂ってるだけだったなぁ
HONEY

HONEYの感想・評価

4.2
大塚寧々っていつ見ても色っぽいんだよな、声までもが。過去に同じような話の映画ってのが多分ないであろう作品。非常に面白かった。いかにも日本人って感じもするし。ほとんど一つの家から場面は変わらないんだけど、それを感じさせないくらい飽きなかった。無くなったようで無くなってない愛ですか、くぅー憎いねー!ラストー!
hc555

hc555の感想・評価

2.3
この作品の大塚寧々は、飄々としていて、なんとも言えない雰囲気を漂わせている。ハマリ役。

あなたにおすすめの記事