ステイン・アライブの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ステイン・アライブ」に投稿された感想・評価

「俺のしたいことを知ってるか?歩くのさ。」

あの名作、サタデーナイトフィーバーの続編にあたる今作ですが、世間の評価は正直微妙です。笑
一部では、史上最悪の続編とまで言われたりしていますね。
だけども僕は、好きマゲドン。

前作では、ブルックリンのディスコでブイブイ言わせてたジョントラボルタ演じるトニーですが、今作の舞台はブロードウェイですからね、オシャレに踊り明かした前作とは打って変わって、筋肉ムキムキでガッチガチのダンスを披露してくれます。
そこに絡んでくるラブストーリーがあーなってこーなってという感じですね。←

今作がダメな作品だと仰る方に多い意見が、「主人公最低じゃん。」というものなのですが、私は逆にそこに感情移入しました。

前作でも女遊びが目立ったトニーだったので違和感もなかったし、女が寄ってくれば拒むのは難しい、それが男という生き物です。

彼女はもちろん大切だし手放したくない、でも魅力的な女性に誘われたらそっちとも遊びたい、そんなリアルな男性像をうまく描いていました。
おそらく監督をつとめたスタローンが若き日の自分をイメージしながら作ったのだと思います。

確かに、ラブストーリーに重点を置くならば薄っぺらさも感じますが、この作品は純なラブロマンス映画ではありません。
曲とダンスの多さ故に半分はミュージカル映画といってもいいでしょう。
深く考えず、80年代の時代背景に浸りながら観ることをおすすめします。

この作品を観て、ノスタルジックな気分になれるくらい歳を重ねていたかった。
流れで鑑賞。
スタローンが監督脚本なのでバトルフィーバーに近づいてきた!
Lee

Leeの感想・評価

3.4
ディスコからブロードウェイへ…

ハングリー精神でプロの舞台に駆け上がるトニー。

マッチョになったトラボルタがブロードウェイの舞台を躍動する。

まるで格闘してる様な野性的なダンスシーン。

シルベスター・スタローンが監督したせいかダンスシーン全てが闘いに見える。
ねび

ねびの感想・評価

3.6
ジョントラボルタが見事にシェイプアップしています。カッコいいトラボルタを見る映画です。観た後、スカッとする。曲も良かった。
シルベルスター・スタローン監督作品。前作「サタデー・ナイト・フィーバー」の続編のジョン・トラボルタ29歳のダンス映画です。若い時はスリムでセクシーなトラボルタ。トップダンサーになるためのサクセスストーリーです。
俺のしたいことを知ってるか?
歩くのさ。

、、、ずるいなあ。
ムキムキトラボルタ
舞台のシーンカメラのアングル変わりまくっててかっこいいな

サタデーナイトフィーバーの続編とは言いながら全然違うショービジネスの世界
ビージーズ
サタデーナイトフィーバー続編。ブロードウェイのダンサーを目指す話。

あの
ドゥッツ・ドゥッツ・ドゥ・ドゥ・ドゥー・ドゥッツ・ドゥッツ・ドゥン・ドゥン・ドゥン・ウー!
って音楽が耳から離れない〜。
今も頭の中でトラヴォルタがダンシングしてる〜!

そんな個性溢れるダンスてんこ盛り。
ダンスのコンセプト独特。

ただトニー。何やっとんのよ、最悪な男だなぁ。そしてスタローン出てると思ったら監督・脚本だった。
ダンスのプロモーションビデオだと思えば最高!!
内容は薄い!!むしろストーリーいらん!!w

ジョントラボルタの無駄のない身体にうっとり!!

そして、なんでシルベスタスタローンあんな一瞬なの!?何に協力したの!?
あの2人並んでるの観てみたかったぁ!!
シルク

シルクの感想・評価

3.2

過去鑑賞記録

監督、脚本がシルベスタ・スタローン。
《サタデーナイトフイバー》の続編。

《ジョン・トラボルタ、ダンスも出来るんだねー》と娘。

そうか、若い子は知らないのね〜
せいぜい《パルプフィクション》のダンスくらいかしら〜

内容はもとよりダンスのシーンとにかく好き!均整のとれた肉体美!しなやかでセクシーでエネルギッシュで!☆

この後の作品《グリース》は、トラボルタの相手はあのオリビア・ニュートンジョン☆
可愛いかった〜💕
そして、アメリカのハイスクールは何て自由で何てオトナなんだろう!と、憧れたものでした。

この3作は、ダンスシーンしか覚えていません!笑
というか、ダンスシーンばかり何十回も観てましたね〜〜😅
>|