アフター・ダークの作品情報・感想・評価・動画配信

「アフター・ダーク」に投稿された感想・評価

激安人間による激安犯罪!3円やるから自殺しろ!
こんな物語ばっか書いてるトンプソンは最高だし、映画化する方もどうかしてる。
だが、人間としては信頼できる。
雑な犯罪計画とどん詰まりのセックス。頸の長い未亡人が男を唆す…。
夢見心地で、喉が渇いた。
ジム・トンプスン原作の誘拐ノワール。全編リリカル過ぎるきらいはあるものの、通底するパラノイア×ヒステリーの連鎖感は悪くない。頻出する赤、ロケーションも◎。限定的な人物/舞台…閉じた映画。それなりに面白くはあるけれど、尺は長過ぎるし、筋書は錯綜過多。ヒロインのレイチェル・ウォードは良いが、暗転ばかりの濡れ場には辟易した。胡散臭いB・ダーンは文句なしに最高。

2020/09/15
tristana

tristanaの感想・評価

4.5
間違えて別の子供を誘拐してきたのを咎められた言い訳が「あえて別の子供をさらってきたって可能性は考えないのか?」なのがすごくて笑ってしまう。他にも普通に成立している会話がほぼ見当たらなくて頭堅いので本当に混乱ショップ。
パンチドランカーな元ボクサーをジェイソン・パトリックが好演。
白昼夢のような犯罪ものだが、一般的にいうクライムサスペンスを期待すると肩透かしをくらうかも。
DVD化していない作品だけど、アマゾンプライムで観ることができてよかった。
E

Eの感想・評価

3.7
ジム・トンプスン原作つながりで。

精神を病んだ元ボクサーの男が病院から抜け出し、ある女性に出会い誘拐事件に巻き込まれていく。製作1990年という絶妙な時代性と、そこはかとない地味な味わいにまずやられる。語り手が精神を病んでる男という不安定さ、登場人物も少なく閉じた感じが何だか白昼夢を見させられているような感覚。そして、ラストの主人公の顛末のやるせなさよ、、、(最高)

あとセックスシーンのあまりのダサさに笑うが、それもまた良し👍
犬

犬の感想・評価

3.4
子ども

放浪の旅をする若者が犯罪に巻き込まれていく姿を描くクライムドラマ

ボクサー

出会いが運命を左右する

あんなことにもなる
ラストはなんとも言えません

女性
いろんな関係性が見どころ

会話も多い印象です
映画も悪くなかったけどジム・トンプスン原作はもっとこう、狂ったように胸の奥に突き刺さり泣ける。キチガイが「ほんとはさ俺はキチガイのふりをしていたんだよ」とキチガイなりの誠実さをみせて撃ち殺されるラストが堪らなく好き。少し横に転がった、そこで止まった、俺のすべてが止まった。
gr8

gr8の感想・評価

3.0
濃厚なラブ・シーン。ヒゲ面のジェイソン・パトリックがセクシーに思えた、当時。
ストーリーは、うーん…あんまりかな。
chamama

chamamaの感想・評価

4.0
勝手にサスペンスだと思って観たら男と女のドラマで、全く期待していなかったせいかものすごく良かったと当時のメモに書いてある。(残念ながら内容を覚えていない)
>|

あなたにおすすめの記事