未完の対局の作品情報・感想・評価

『未完の対局』に投稿された感想・評価

タノ

タノの感想・評価

3.6

中国と日本の戦争中にありながらも、囲碁を繋がりとして、2つの家族が波乱に巻き込まれても辛いことを乗り越えて行く姿と許し合える敵国同士の姿に感動してしまった。
日本の統治でアミンを日本を連れて行ってか…

>>続きを読む
1982年、時代背景の違いを感じる。現在では作れない、作らないだろう。監督の1人佐藤純彌の作品は中国に関係の深い作品が多く興味深い。
澪標

澪標の感想・評価

3.4
タイトルにやっぱり惹かれる。
色々突っ込みたくなるけど、それでも最後は穏やかだったと思いたい。
そして亡くなられた今でもこんな作品に出てたんだ、こんな役もやってたんだと思わせてくれる三國さんが好きだ。
Newman

Newmanの感想・評価

3.8

日本軍の残虐性ばかりが目についてしまった。確かに自分たちの考えが全て正しいと国内外で押しつけていてカッコ悪い軍隊だったようには思うが。日本の名棋士である松波役の三國連太郎は、戦争で煤けた顔だったり、…

>>続きを読む
み

みの感想・評価

2.2

リアルな映像の古さは良いけど話はあまり面白くなかった
戦争に翻弄される人々の物語だけど
日本軍の悪事に関してはどれほど事実に基づくものなのか分からんからなんとも言えんし
好きな男の為に中国人になって…

>>続きを読む
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

4.3
とても複雑な気持ちで鑑賞しました。
昔の人は強く、逞ましい。
今戦争が起きたら…と思うとゾッとします。

今の中国、どーなん?
MEIKO

MEIKOの感想・評価

3.3

当時の中国や日本の日常の暮らしぶりや、服装や生活がリアル。
資料集の写真みたい。

この映画「未完の対局」は、日中国交正常化10周年記念映画として製作された戦後初の日中合作映画で1982年に公開。

>>続きを読む
robyb

robybの感想・評価

4.0
中学生の時、囲碁が好きな父と映画館で観た。万里の長城でのシーンとエンディングテーマ曲が特に印象深い。これからの良き日中の未来を予感させてくれたが現実は甘くない。伊藤つかさが可愛かった。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

1982年8月23日、銀座ガスホールでの試写会で鑑賞。

日中国交正常化10周年を記念して製作された初めての日中合作映画。

日中戦争の前後(長い時間)をかけてジックリと日本と中国の二人の将棋士の運…

>>続きを読む
akinaki

akinakiの感想・評価

3.5
日中合作であったことからかなりのシーンが、実際の中国で撮影された結果、非常に壮大な大河ドラマに。いま作ろうと思ってもコスト的不可能と感じられるレア感も合わせて評価。
>|

あなたにおすすめの記事