ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔2002年製作の映画)

THE LORD OF THE RINGS: THE TWO TOWERS

製作国:

上映時間:179分

3.8

「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」に投稿された感想・評価

nobu

nobuの感想・評価

4.0
1は正直話の展開が遅いと感じたし、みんな5言うほどではないと思ったけど、これは凄かった。のっけから楽しませてくれるし、王道の展開でわかりやすくストーリーが展開していくから、すごく面白い。3に期待。
三部作の第2章

レゴラス格好良くて強すぎて
アクションRPGだった
リンクっぽさ半端ない
レゴラス=時の勇者かも知れん
かのこ

かのこの感想・評価

3.8
アラゴルンがグリーンブックのトニーと同じ人と思われへん凄い...

フロドすぐいらんことする

山崎方正のヤマラム、ちゃんと二重人格になってるんやなってこれ見てわかっておもろかった
サブ

サブの感想・評価

-
ウルク=ハイって、やたら数いるけど、サルマンが戦いのためにわざわざ合成した割には、単体だと弱すぎないか?笑

面白いけど本当にきちんと観ていないと登場人物が多過ぎて訳分からなくなる。

覚えているうちに王の帰還観なくちゃ。
いずま

いずまの感想・評価

4.2
オーランド・ブルーム演じるエルフ族のレゴラスが、板に乗り、二つの塔の階段を滑りながら矢を放つシーンが最高すぎる。
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
kurakuma

kurakumaの感想・評価

3.5
戦闘シーンまでは何度か寝落ち。
CGって凄い技術だ、今更ながらに。
なーち

なーちの感想・評価

3.5
二部目、それぞれが指輪を捨てるため、敵軍の勢力と戦うためなど、役割がはっきりとしていて観てる側としても分かりやすかった。中盤以降の戦闘シーンは迫力があったし、長時間でも全然観てられるのはすごいと思った。ただストーリー的に言えば一部と三部をつなぐだけみたいな印象を受けたのが残念なところ。あと読みやすかったし、それくらい単調なのがいいのかもしれないが、細部にまでこだわってほしかったとは思う。
内藤

内藤の感想・評価

5.0
特に気に入ってる場面2つ。

*ゴラムとサムが鍋を囲って会話する場面

「チップスって何?」
「P O T A T O !!」
「げーっ!デブのホビットはばかだ!」

「お前はチップスでも食ってろ!」
「はぁ💧話しても無駄だ」

みたいなとこ 笑
スメアゴルだった時を彷彿とさせる場面。

もしゴラムが指輪を手にしていなかったら
、こんな風に談笑しながら
誰かと鍋をつつきあってたかもしれない。

サムとスメアゴルだって、
友達になれたかもしれない。
(時系列的にはあり得ないけど)
ちょっと切なくて、愛おしい場面。

*サムの語り

「心に深く残る物語の中に入り込んだ気がします。

暗闇と危険に満ちた物語。明るい話になり得ないので結末を聞きたくない。

悪いことばかり起こった世界が元に戻ります?

〜〜

この世には命を懸けて戦うに足る
尊いものがあるんです。」

長いから省略 笑
これ原作にあったっけ?
サムワイズギャムジーはちょいちょい
ピータージャクソンの
代弁者になってる気がする。
この映画を通して伝えたい事を
教えてくれた気がした。
エオウィンが好きだったのを思い出す。アラゴルンに何を恐怖に感じるかを問われたときの答えが素敵。アラゴルンがエオウィンの手料理のスープを食べるシーンが強烈に記憶に残っていたのですが、そのシーンがありませんでした。調べてみるとなんと違うエディションがあるとのこと!!そのバージョンでは登場人物の内面を深く掘り下げられているとのことでした。また観よう。
>|