青空娘の作品情報・感想・評価

「青空娘」に投稿された感想・評価

増村保造監督による若尾文子主演元祖アイドル映画。

全く飽きる事ないPOPな映像。
若尾文子の瑞々しい美しさは、ヘアスタイル、ブラウス、ロングスカートも相まってヘップバーンさながら。

赤電話が並ぶ公衆電話所、湊町の長屋、緑多き青山奥の住宅、木造の東中野駅舎、真っ黒な車両の中央線、銀座の街並み、算盤、ラベンダーやピンクのパステルカラーの電話、バイヤリースの毒々しく爽やかなオレンジ、高架沿いの貧民街、etc
時代風俗を彩るディティールも見逃せない。

眼福を得ることの出来る一品にご馳走様。

〜〜

来週は「赤い天使」がようやく観れる!

2018劇場鑑賞8本目
音楽もメルヘンだし、設定もシンデレラみたい。しかも絶対的ハッピーエンドだし。日本のディズニー映画って言っても過言ではない。(過言だったらどうしよう)

とにかく演出が律儀で、正統派

ちょいやくの役者が大根過ぎてなんか笑える。そこがすき。

魚屋さんと女中のおばはんの掛け合いがいちいち哲学的なの良かったよ。あとめちゃくちゃ弟欲しくなった。ふ
田

田の感想・評価

4.2
全部かわいい…
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

4.2
まさか泣かされるとは…

情に流されずによくぞ言った有子!
萌奈

萌奈の感想・評価

-
いかれたテンポが良かったな〜
了解ババァ -1
原作未読。

東京に来たのに突如現れる関西弁おばさん(ミヤコ蝶々)がとてつもなく好き。喋るたびにゲラゲラ笑ってしまった。
殴り合って相互理解が深まるのも好き。
先生(菅原謙次)のキャラクターも好き。頑張れ〜って感じ。ぐっと胸を張って、あごを突き出せば、どこにいたって見えるんだ。
全体的にキャラクター造形が好き。魚屋とか、広岡(川崎敬三)とか、長男(品川隆二)とか。

話の途中で不可解に思っていた部分が最後にスパッと解決して爽快だった。

ぼくも本気で愛すってことをしないとなあ。
若尾文子のアイドル映画!!
呑芙庵

呑芙庵の感想・評価

3.5
若尾文子のPVみたい、ぐーっとあげて青空バックのタイトルの出し方、終の出し方に笑ってしまった。大きな家の描き方も面白かった。

なぜ炭坑節なのか?
1957年の映画とは思えないほど、総天然色が美しい若尾文子主演作。 
「よくぞ、カラーで撮ってくれました。ありがとう!」と言いたくなる映画。 


田舎で生活していた女学生(若尾文子)が、実父の居る東京に出て、逆境にメゲずに明るく生きる作品。 
実母(三宅邦子)は、以前、父の会社で働いているうちに父と恋愛関係になって、娘を産んで満州に行っていた。 
「いぢわるな継母」(→これは予告編の文字 w)は沢村貞子が演じているが、もっと憎たらしいのが美人でもないのにエバっている仮の姉(穂高のり子)。この二人が本当に憎たらしくなるのは、演技が上手いのだろうか?

しかし、この映画の予告編は「この映画シーンの別カット」だらけなので、「特典映像」と言っても良いのではないだろうか。 

若い頃の若尾文子がカラーで見られるだけでも素晴らしい奇跡的な映画である。
>|