優駿 ORACIONの作品情報・感想・評価

『優駿 ORACION』に投稿された感想・評価

yuko

yukoの感想・評価

3.4
途中から鑑賞
エンドロールの子馬がオラシオンの子どもかな?名優さんたちがとてもお若い。
馬って可愛いなあ…。
馬の走る姿と犬の走る姿はとても美しい。
 
ありえないと思われるストーリー展開もある。

広い自然の中のお馬さんの話だと思ってたら、まさかの競走馬に育てあげられるお話だったとは…
馬との愛情たっぷりのシーンは冒頭のわずかで、お母さんと引き離されてあれよあれよと人間にとって都合のいい馬にな…

>>続きを読む
カカオ

カカオの感想・評価

2.9

競走馬オラシオンを育てる人間ドラマ。
杉田成道監督作品を続けて鑑賞。


昭和らしい不要なエピソードが盛りだくさん。
愛人との間にできた息子。愛人と会うことを恥ずかしげもなく曝け出す夫。腎臓移植を求…

>>続きを読む

BSで録画したものを鑑賞。
声が聞き取りにくく音量を上げると次に馬の足音などでうるさくなったり、ちょっとその辺は残念だった。

吉岡くんの誠の演技は自然体で素晴らしかったと思う。
後半から暗い内容に…

>>続きを読む
scotch

scotchの感想・評価

3.0

この話道義的に無理がある。移植を受けなければ死ぬという息子がいながらそれを断る父。彼を筆頭にろくでも登場人物ばかりだ。こんな奴必要?という人物も多い。
ダービーの映像は迫力あった(そりゃそうだ本物だ…

>>続きを読む
東裕二

東裕二の感想・評価

3.4
20220804-212
1980年代、北海道

原作:宮本輝

オラシオン:スペイン語「祈り」の意
緒方親子共演:ケンカが激しい
つよ

つよの感想・評価

3.0
北海道の牧場の父子。
産まれた子馬を競走馬に。
馬を買った社長の娘が馬主に。あと病気エピソードもあったか。
草原を駆ける馬は、カッコいい。
北海道の小さな牧場で生まれたサラブレッドのオラシオン。牧場主親子、馬主の親子には、病に侵された弟がいた。
ダービを目指し、成長していくオラシオンの姿。
馬はかわいいなぁー
走る馬は美しいなぁー

俳優陣が熱演でした
緒方親子共演もよかった
(特にごはん中のケンカシーン)

録音技術のせいか、調整のせいか
音声が聞き取りづらかった
neo1018

neo1018の感想・評価

3.0

あまり人物描写をせずに淡々と、半ば強引に話が進んで行くのは「昔の映画」を感じる。奥深さを感じないが説明臭くないのが良いと言えば良い。物事の結末が、予想に反するのはいいが「何で?」というシコリは残る。…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事