青春の門の作品情報・感想・評価

「青春の門」に投稿された感想・評価

カリー

カリーの感想・評価

3.8
昔ながらの人との繋がり、人情、恩義、そういう生き方っていいなー。そして女も骨の髄まで抜かれるほど惚れた男のことを想いながら生きていくのってかっこいいし幸せだなーと思わされる。
女性陣の演技が素晴らしい!
文さん、若山富三郎、鶴田浩二、渡瀬恒彦はいつも通りな感じ。
Qoo

Qooの感想・評価

4.0
今はすっかりお母さん役イメージの松坂慶子さんの、色気と凛々しさに愕然。美しい!
菅原文太、若山富三郎がカッコイイ!
パワーに溢れた映画。
ほとばしる野太い生命力。現在に、この空気は微塵もない。何に突き動かされてるのかもわからないけど、戦後のものすごい流れが呼吸をするように、作品に映し出される。明らかに観てきたものが違いすぎて、相手にならない感じで、それでもって、親父の説教よりもはるかによしな感じ。
pier

pierの感想・評価

3.5
佐藤浩市の映画デビュー作。
周りの人の演技が光ってて、ちょっと浮いてた感じ。
抜群に綺麗な松坂慶子。泣きそうな顔してバス待つ杉田かおるも可愛い。音楽がダサかったなぁ
『パパと呼ばないで』を夕方の再放送で見てた世代として、チーボーの成長をこの目で確認せんとあかんかったんや。
佐藤浩市の演技がどうしようもない。『魚影の群れ』のときもそうだったけど。こりゃ、親の七光りかな。
それと、若き石田純一の役どころが適役だけど、その演技も顔もいけすかない。ごめん。

たった一ついいのは、松坂慶子の健康的な妖艷さかな。決して健康ではないんだけど、力強かったので。

鶴田浩二、菅原文太、若山富三郎、渡瀬恒彦らはいつも通りの存在感。

そうそう、忘れていた。『パパと呼ばないで』の杉田かおるは、金髪先生の流れなのか、汚れ役を歴任していた。

昭和の貧乏長屋の雰囲気は最高にジーンときた。

ストーリー展開が短絡的すぎて、失笑するしかなく、原作読んでないからわからないが、こんなもんなんだろうか?

吉永小百合バージョンもみて、原作も読んでからでないと、きちんと評価はできないかな。
菅原文太、渋っ。
佐藤浩市、はやっ。
松坂慶子、やばっ。
桃井かおり、こわっ。

って何言ってるかわからんな。

もうちょっと短くてもいいかな。

脚本 3
演出 3
映像 2
俳優 3
印象 3
Masato

Masatoの感想・評価

3.6
いわしげ孝さんの漫画で知った「青春の門」
漫画だけじゃなく幾度も映像化されてるみたいで、それだけ魅力あるストーリーです

この映画はやや詰め込んだ感あるかな

佐藤浩市さんのガツガツした童貞っぷりが。。デビュー作だけに若いなぁ

そして松坂慶子さんも杉田かおるさん、ただ脱ぐだけでなく艶っぽい演技がイイなぁ
ルチア

ルチアの感想・評価

2.5
いつものロイヤル劇場さんの昭和名作シネマ上映会にて鑑賞。
公開当時も確か柳ケ瀬の映画館で観た覚えがあります。

錚々たる大物俳優さんたちがいっぱい出てきて、それだけでも楽しめますが。
やっぱり、なんたって、杉田かおるさんでしょう。
子役の頃から可愛い方で、現在のあのキャラになっても可愛い人だと思います。
そんな彼女が輝くほどに可愛い頃に、なんとヌードシーンを演じたってんで、当時の私は鼻息荒く映画館へ行ったものです。
あれから30年以上が経ちましたが、こうして久し振りにスクリーンで観る彼女は、やっぱり可愛かった!
もうそれだけでいい映画です。

ですが、今回、30年以上を経て「大人」になったw私は、松阪さんの方にも目移りしてしまって、いやはや、ストーリーなんてどうでも良かったw
>|