無頼の作品情報・感想・評価・動画配信

「無頼」に投稿された感想・評価

Uえい

Uえいの感想・評価

3.0
主演はEXILEの人だったんだ、こういう有名人をキャラクターに落とし込むのすごいなあ。
 論外。全然ダメ。何を描きたかったのか全く不明。金返せ!というレベルだった。
tom

tomの感想・評価

4.2
まあまあ長尺だけどハマって一気に観れました。主演の松本さん雰囲気よかった。
役所広司やら、舘ひろしやら、殿やら、なんか今年はずっとヤクザ映画が人気やねんなぁ…思っていたんやが、とりあえずマシンボーイ的には1番気になってた本作がU-NEXTに追加されたからば観てみたよ

おさるのジョージが黄色い帽子のおじさんの元から逃げ出してヤクザなったよ!って話(たぶんね)

大宮将司!
原紗央莉!
岩井堂聖子!
武田幸三!
仁科貴!
木下ほうかVS松浦祐也!
トラVSライオン!
コグマからの…オトナクマぺろ!
そして中村達也!
ほい、マシンボーイが本作観ていてキュンしたとこ全部羅列してみたぞぉ!ぺろぺろ

そうね!まずは石原貴洋監督作品で数々の凶悪で剛腕な悪党を演じてきた大宮将司やけども、本作では小木秀光さんの舎弟かなんかで、ほぼ突っ立ってるだけっつ〜ガッカリ感ね!あ……撃たれて死んだぁ

原紗央莉はともかく…岩井堂聖子さんまでろくなセリフもないチョイ役ってどういうこっちゃ!ぷんぷん、岩井堂さんまぢ名女優!岩井堂さんまぢ名女優!予測変換もいわいどう…まで打てば岩井堂聖子って出てくっし!ぷんぷん
ってか原紗央莉に気づいたマシンボーイは自分で自分を褒めてあげたい!ぺろ

武田幸三も一瞬やったが割と大きめに顔映ったからみんなも気づいたよね?武田幸三がローキックでヤクザの足をへし折りまくる映画観てぇわぁ!ぺろぺろ

仁科さんどこ出ていたっけ?めちゃ思い出そうとしているんやが「ベイビーわるきゅーれ」で泰風さんに団子の串で耳ぶっ刺されそうになってアタフタしている仁科さんしか浮かんでこねぇ

木下ほうかVS松浦祐也はまぢマシンボーイ的には結構な夢の対決よ!むしろそこをメインにもってきてもらいたいくらいやったわぁ、ぺろぺろ、記者松浦祐也のネチネチとした攻撃をのらりくらりと躱そうとするもイライラを隠せないほうかさんね!いつ爆発すっかとドキドキしていたのにぃ…

虎さんとライオンさんのバトルはね!確かにこちらも夢の対決やけども、最強クラスの虎さんと、最強クラスのライオンさんをちゃんとマッチメイクしたらば……やっぱり虎さんのが勝つんちゃうかなぁ?ぺろぺろ

めちゃチビちゃくてキュートなコグマが次に出てきた時は大きくなっていてビックリしたけども、大きくなってもやっぱり可愛かった!コロコロクマさんぺろぺろ

そして中村達也ね!名前3番目なのに出番少なくない?マシンボーイってば塚本晋也監督の映画好きやからばもちろん役者としての中村達也も好きやったんやが…
最近さ中学生ん時ぶりくらいにめちゃブランキー聴いているんよねぇ!別になんの気なしにフと部屋にあった「ロメオの心臓」聴いてみたらば、あ〜…やっぱりめちゃかっけぇわぁ、って惚れ直してここんとこ毎日のようにブランキーの色んなアルバム聴いてる
ってことで、マシンボーイのブランキーで好きな曲ベスト3発表して終わるぞ!
3位、ガソリンの揺れかた
2位、彼女は死んだ
1位、3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ
最高!みんなはどの曲が好きかぜひ教えてくれよね!



……ごみん、やっぱりマシンボーイってば「仁義なき戦い」でも武映画でも全く心動かんかったし、ヤクザのドラマとかまぢ興味無いみたいやわ、本作はお猿さんがヤクザの組長なるっつ〜ファンタジーなんやけども、それでもやっぱり全くハマらなかった
そもそも本作ってば何を言いたいんか全く話の芯が見当たらんかったんよねぇ、散々悪さしてきても、最後に慈善に目覚めたらハッピー!ってことかな?
ヤクザがヤクザ映画好き!っつ〜ギャグだけはちょい面白かったわぁ
りく

りくの感想・評価

2.5
期待してたのとちょっと違うかった。

まず昭和のヤクザ描いてんのに乳少ないねん。
もっとめちゃくちゃせんかえ。

結局なにがなにかわからんまま終わった。
マジで字幕無かったら無理やて笑

ヤクザがヤクザ映画好きなのは良かった。
tunic

tunicの感想・評価

3.5
『ヒーローショー』をみたときの印象が忘れられなくて池袋シネマロサで。場所の雰囲気でおもしろさ三割増し。井筒版アイリッシュマンといった趣のこの作品についてはいろいろ言いたいことあるけど、とりあえずEXILE松本の手下に若い清水アキラと痩せたマドンソクがいるのが気になった。

2020.12.23
本作とパッチギ然り井筒監督の映画は登場人物がしゃべりすぎてわざとらしく感じてしまう。
そんなこと会話の中で言わないやろってことばかりのいかにもセリフで、リアリティがない。

また、人間ドラマに寄りすぎてヤクザの迫力を全く感じない。
まだヒーローショーの方が迫力や怖さが描かれてた。
散々撮りつくされたヤクザ映画だけど、ヤクザとて普通に生活する人間というところを軸にした演出により、まだまだフレッシュな描写がいくつかあった。特に組長が死んだと電話で聞かされた時の正治のリアクション。とにかく正治夫婦の存在感(派手さはないが目を引いてしまう)が映画の肝。逆にその普通さを追求したため舎弟達の顔が覚えづらく初見では消化不良のところあり。ちょっと腰据えて撮りすぎて爆発力に欠けたかなあ。個々の描写はハードだったり、可笑しかったり、印象には残ったのだが。
Ayumiss7

Ayumiss7の感想・評価

3.3
何が何だか、わからなかった。
ストーリーの柱を見つけることが出来ぬまま、終わってしまった。
Seaneko

Seanekoの感想・評価

3.3
昭和を駆け足というか、ああこの年はオレ○歳だったけどこんな古くさい時代に見えるんだなとなんだかでも懐かしかったです。
ヤクザモノはもういいかなとは思っていましたが、みんな映画好きで(笑)
ただ物語としては物足りなかったかなあと思う。最後の方にでていたの鳥山昌克さんだと思うけどどうなんだろう?エンドロール見逃したかも。
網走刑務所もすばらしき世界とはまったく違いましたね。ものすごく遠い昔に宮城刑務所へお仕事で(おつとめではない)行ったことがありますが、みんな短髪にしていて後ろからみるとどんな年齢層の方々かさっぱりわかりませんでした。
>|

あなたにおすすめの記事