ダンボドロップ大作戦の作品情報・感想・評価・動画配信

「ダンボドロップ大作戦」に投稿された感想・評価

Rinko

Rinkoの感想・評価

3.7
笑えるシーンがたくさんあるし、感動するシーンもあったので楽しめた。

ボータットえらい🐘

最後にダンボの曲が挿入されたのがなんかグッときた
犬

犬の感想・評価

2.9
パラシュート

山奥の守り神である象が殺されてしまう
その村の協力を得るため、新しい象を送る約束をした米兵たちだったが……

実話に基づく話

いろんな方法で運搬
アクションもあり

笑えてホッコリした

ストーリーは特になく、正直つまらなかったです
並

並の感想・評価

2.2
歴史の授業で見たやつ。まさかディズニーだったとは。

ほっこりする話なんだろうけど、象を飛行機で運ぶとか頭悪すぎだろとか考え出すと楽しめない映画😇
ワン

ワンの感想・評価

4.0
🐘ゾウが空を飛ぶ話。

ベトナム戦争時の実話を元にした作品。着任したばかりのドイル大尉(レイ・リオッタ)のミスで村に一頭しかいなかったゾウを北ベトナム軍見つかり殺されてしまう。

そこで村に必要なゾウを連れて来るため輸送機、トラック、船と数百キロの輸送作戦を開始する。

最初は任務に対してしぶしぶだったドイルが苦難を経て最後には笑顔に。サム大尉(ダニー・グローヴァー)ら5人の輸送チームのメンバーの掛け合いも面白かったし戦争で親を亡くしたベトナム人の少年との友情も良かったです。
Shoty

Shotyの感想・評価

3.7
ディズニーの実写映画 ベトナム戦争時 アメリカ軍に実在した作戦のお話。
とは言っても薬ぶち巻いて森を更地にするようなんじゃなく象さんを空に飛ばす ふわっふわな作戦。ベトナム戦争にこんな面もあったんだねぇ
ディズニーらしい小ボケもたくさんあって お子さまと一緒におすすめ
てるる

てるるの感想・評価

4.5
事実は小説より奇なりとはこのこと。

ベトナム戦争の最中に、村人のために神聖なゾウをなんとかして運ぼうとする軍人達の実話を基にしたストーリー。
あんな戦争の陰でこんな作戦を思い付いて実行するあたりアメリカの懐の深さを感じる。

ベトナム戦争の映画といえば「地獄の黙示録」「プラトーン」「フルメタルジャケット」など悲惨なものがほとんどだけど、これはディズニー製作なだけに子供でも安心して観れるくらいほっこりする映画。
コメディ映画ではないけど象のために必死になる隊員達の掛け合いが微笑ましい。いつもはコワモテ悪役面のレイ・リオッタも良い笑顔!これまた悪役面のチェッキー・カリョもちょい役で出演。
そして最後には感動も待ってる。
個人的にはベスト10に入るかもってくらい好きな作品。
でもあまりにもマイナー過ぎて誰も観てない…邦題で損してるのかと思いきや、原題まんまなので仕方ない。
nana

nanaの感想・評価

4.0
ディズニーが描くベトナム戦争映画なので、どこか笑えてほっこりする、心温まる作品。
ベトナム戦争を描き、尚且つ笑顔にさせてくれる作品は『グッドモーニングベトナム』以来かなと。
実話に基づくストーリーはとにかくハートウォーミングというか、生と死が紙一重に存在する戦地で描かれたとは思えない程ファンタジック。
戦争という無慈悲なものに動物と子供という無邪気で純粋無垢なものを組み合わせることによって、良い塩梅に戦争の惨さを描きながら、人と人との心の通い合いも描くのは実に見事。
ラストのまさにダンボなシーンもまさに映画的で面白い。
レイリオッタの冷酷な顔立ちからは想像もつかない程、自然となぜかベトナム戦争モノなのに笑顔になれる、不思議な作品。
時はベトナム戦争。
アメリカ軍は北ベトナム軍の軍事物資輸送路を偵察するために小さな山村を拠点としていた。その村に新たに着任したドイル大尉が村を訪れる所から物語は始まる。

前任のサム大尉はすっかり村の風習に溶け込んでいたが、ドイル大尉は理解できなかった。

それから間もなく、村に北ベトナム軍が来る。そしてこの村がアメリカ軍に協力していることを知り、村人が親しみを込めているゾウを殺してしまう。

偵察から帰ってきたドイル大尉とサム大尉は村人から責められる。そして新しい象を連れてくることを約束する。
本部に戻ったドイル大尉とサム大尉は大佐に掛け合うも人数はかけられないとの事・・・・。

そして何とか任務に連れて行ける若い兵士2人とサム大尉に弱みを握られている調達屋の兵士を従え、象を探しに行くのであった。

果たして彼らは無事に象を村へ届けることが出来るのか!?

・・・・的な作品。

ようやく観れた作品。⇒意外とディズニーそして実話ww

さらにダニー・グローバー、レイ・リオッタと豪華な役者もさることながら、人間の優しさが描かれたストーリーは凄く好みだった。ラスト前の飛行機からのシーンは良かった!
パッケージみんな良い顔してます。
めっちゃ爽やかに笑っとるな。

ベトナム戦時下
米軍が拠点とする村は
象を神と崇めている。
そんな象がベトコンとの戦闘で死んでしまった。
地元文化を尊重するチームは
新たな象を運ぶ為、村民の希望を運ぶ為、
オペレーションダンボドロップを
発動させるんだゾウ!

象が暴れて空輸不可!
戦地の道なき道をを象がうんこ漏らしながら突き進む!
タイムリミットは村祭りまでの
7日間!
どうする?どうなる!?

ダニーグローヴァー
レイリオッタ
デニスリアリー
チェッキーカリョ
顔面凶器犯罪映画みたいなキャスティングだが実話ベースのディズニー産ノーバイオレント
ほっこりファミリームービー。

村民との調和を優先する上官と
象の為に命を危険にさらす事に抵抗を示す豪速球投げそうなリオッタさんと対立。
戦争で両親を失った象使い少年との交流。
その他ポンコツ兵隊の成長など

90年代ファミリー向けの為
わかりやすく戦争が描かれておる。
悪くない!

だけどぼくのぞうさんが反応する
場面はない。

おしまい。