ディレクターズ・カット JFK/特別編集版の作品情報・感想・評価

「ディレクターズ・カット JFK/特別編集版」に投稿された感想・評価

少し予習してから見るべきだった…
人物の区別つくまで時間かかって中盤まで置いてかれ感があった。

JFK暗殺事件の陰謀の大きさに、冷戦時代のアメリカの歴史について知りたい欲が出てきた。
ケネディ暗殺に隠された、リアリティーの高い真実を追求する映画。
長いので三回に分けて観たが、面白くて観いってしまった。
激動の時代、クーデターがあってもおかしくなかったのかも知れない。。
りば

りばの感想・評価

5.0
あまりに素晴らしすぎて、また、JFK暗殺事件の陰謀が恐ろしすぎて言葉を失った、、。

自由の国、アメリカを形成する民主主義が覆る史上最も悲劇的な事件。いまだ真実は闇の中にあるこの事件の陰謀を捜査した地方検事の真実の話。
素晴らしすぎて拍手!!真実を追いかけ続けたジムギャリソンの多大なる勇気に。真実に近づいていくほど恐怖が迫ってくる、それでも諦めない不屈の精神に。そしてこの映画が、映画作品としての枠を越えて国を動かした事実に。

JFK本人と、国と国の子供たちのため。
真実を厳しく追求するギャリソンは真の愛国者です。特にラストの30分間、夢中でギャリソンの話に耳を傾けてた。涙を浮かべながらも強く訴える姿にもらい泣きでこっちは号泣ですよ、、。

3時間20分もある映画で情報量も多く、何も知らないと心が折れる可能性もあるのでこの事件について少し調べてから鑑賞するのがおすすめ。この映画は絶対に観る価値がある。
詳しく知らなかった事件の概要が把握できた、一方謎が多い事も分かった。少なからず反対する人がいる中で、真実を追い明らかにしていく情熱はすごい。
pooh

poohの感想・評価

4.2
映画採点
作品84
監督A56
主演A8
助演A8
脚本S10
衣装・映像B+1
音楽B+1
ほだ

ほだの感想・評価

4.5
非常に見応えのある作品。206分と長丁場だが引き込まれて短く感じたくらい。

ケネディ大統領暗殺事件に迫るドキュメンタリーかと思わせる作り。ケネディ大統領暗殺という事実は知っていたが、その背景には多くの国家的陰謀の上に成り立っていそうと言うことに驚き。大半のシーンは徹底した証拠集め。皆んなアメリカという国の正義を取り戻すべく必死になる。そして見所は裁判所でケビンコスナー演じる検事が陳述。30分以上のシーン、ケビンコスナーの独壇場。長回しなのかな?迫真の演技で素晴らしい。この陳述で様々な陰謀の証拠を挙げるが判決は敗訴。

国が徹底的に情報秘匿し圧力を掛ける。情報操作もするし、証人になる人物は皆んな消される。中国や北朝鮮とも思える、自由の国アメリカとは程遠い。裁判で敗訴となっているので、陰謀は陰謀のままで、この作品が訴えたことが正当かどうかが判断つかない。証拠となる機密書類は2029年まで公開されないとのことで、何ともやり切れない。エンディングで「この作品は真実を追求する若い世代に捧ぐ」とされてあり複雑な気持ちになった。闇は深い。
pokuta

pokutaの感想・評価

4.5
何十年ぶりかで再見。非常に面白かった。初めて観た時、何も解決していないじゃんと思っていたが、真相を暴くのが目的ではなく、オズワルド単独犯ではないよと確認させるためと、正義が普段からあるものではなく意識をしないと簡単になくなると言う警告の話として観た。今日、ケネディ暗殺には軍産複合体が絡んでいるということは有名な話だが、この頃はまだそこまで有名な話ではなかったような気がする。
俳優も、カツラの似合わないトミー・リー・ジョーンズやオズワルド役にゲイリー・オールドマン、その他ジャック・レモン、ウォルター・マッソーなど名優が出演していて、昔観た時は知らなかった俳優に気付くのも案外楽しい。
彫聖

彫聖の感想・評価

4.5
myコレクション
この話がフィクションじゃない事にビックリ…
もう少しで情報公開✨気になる(* ゚∀゚)
DVDでA面B面あります(笑)

このレビューはネタバレを含みます

なっがいけど観たかいはあった。
満足感が凄い。

ケネディ暗殺事件を解き明かそうとした検事の実話を元にした裁判映画

8割は検証と証言集めのシーンだけど、あまりにも粗雑な嘘で塗り固められていた事件から、おそらく真実であろう物を掘り出そうとしていく様は面白い
そして裁判で今までの証拠を踏まえ陪審員に訴えかける、かっこいい。

実際の裁判や事実を元にしてはいるが、あくまでドラマ、フィクションの分類の作品。
tmy

tmyの感想・評価

3.5
エラW・ウィルコックス、ピッグス湾、オーク・クリフ、ガルヴェストン、バイユー・ブラフ、モーガン・シティー、カルカーノ、カムラン湾、カフカ 審判
>|