日日是好日の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(4館)

日日是好日2018年製作の映画)

上映日:2018年10月13日

製作国:

上映時間:100分

あらすじ

「日日是好日」に投稿された感想・評価

カナコ

カナコの感想・評価

3.5
無性に樹木希林の映画が見たくなった。もはや女優というよりも本物の茶道の先生に見える。偉大な女優さんだったんだなあ。

教えることで学ぶことがあるって樹木希林が言ってるので、新卒育成がんばろ
凛とした目を持つ多部未華子
不幸の象徴である黒木華
日本の和を体現した樹木希林
この3人の組み合わせが悪いわけないよね。

武田先生(樹木希林)からお茶を習う典子(黒木華)と美智子(多部未華子)の話。2人ともはじめはそこまでお茶の作法に戸惑うばかりだったが武田先生と触れ合うことで少しずつ分からなかったものが見えてくる。
この映画は音がテーマ。雨音からお湯を入れる音、畳が擦れる音、風で葉が靡く音。すべての音に味わいがあり、季節によってその深みもちがう。日本人の根本が詰まる一品であると思う。

やはり人間国宝樹木希林に感服するんですよ。この人だけ台本白紙で渡されてそう。それくらい話す言葉がとても自然で心が柔らぐ。樹木希林映画もっと観たくなっちゃうな。
そして私の推しである黒木華。この子はやっぱり哀れな様が似合う。いい意味で。今回もその哀れぶりを遺憾なく発揮して良かった。
クロ

クロの感想・評価

3.7
お茶と出会って成長して人生の意味が分かる映画。
前半はただのHOW TO 茶道って感じの映画やと思ってずっとダラダラして終わるんやろうなと思ってたけど中盤から日本家屋と庭園、四季の風景の撮り方が絶妙に良く日本の良さが堪能出来る。
後半は人生の在り方を考えさせる言葉が色々と染み渡る!
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

3.1
「雨の日は、雨を聴く。」

茶道の作法って、日本人の気質をわかりやすく、もろに反映してるんだなぁ。と、この映画を観て初めて知った。

この作品のお陰で、これから先の毎日が好い日と思えるようになる。…かもしれない。

にしても樹木希林の先生オーラは凄まじい笑
リサ

リサの感想・評価

-
お稽古というのはいいものですね。
静かに穏やかに手を動かして教わり学ぶことで心に栄養がよく渡っていきそう。
主人公が、「お茶って素敵、かっこいいよね!」という姿勢ではないところもとても良くて、そうそう、何をやってみるか、何を続けていくのかすべてがすべて手探りだよね。それでいいのよってきっと武田先生なら言ってくださいますね。
これから先、自分が遅れをとっていると感じたり、何か足りないことに堪えられなくなることがまだまだあると思うけれど、そうなったらまたこの映画を観ようと思う。そんな御守りになってくれそうな作品。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

4.0
日本の四季って美しい
移り変わりを感じながら、日々心に余裕を持って過ごそう。と思わせてくれる素敵な映画。
souma

soumaの感想・評価

3.0
お茶なら、緑茶派。
選ばれたのは、soumaでした。
夏なら麦茶もいいよね。
ジャスミン茶とか
くせが強いやつはあまり飲まないかな。

◆レビュー
『同じことができるっていうことがほんと幸せなんだなぁって』

タイトル読めなかったのは秘密。

読めなかったせいで
もっと堅苦しい作品かと思ってたけど
日常を切り取ったような
静かでゆっくりした作品。
好きな人はめっちゃ好きそう。

テーマは茶道。

茶道は幼稚園の頃に
なぜかやった記憶ある。
お茶請けがおいしかった思い出しかないが。笑

華ちゃんの着物姿が似合うね。
主人公は華ちゃんだけど
樹木希林さんが圧倒的すぎる。

人生山あり谷ありで
うまくいかないこともあるし
同じことの繰り返しであっても
今を大切にってことかな。
なんて豊かな空気を纏った
美しい作品なのだろうか。

流れていく季節。
そして人の心もまた季節のように移ろう。

冬は必然と春となるのだ。

型破りな女優、樹木希林が
若手2人の女優に
茶道の作法を指導していく作品なのだが

何故だろう...
死期を悟った樹木希林が
人間として
俳優として
実際に2人に「型」を残そうとしている
ように見えて、グッとくるのだ。

また、樹木希林も認めた
黒木華の演技も
微妙なハニカミ方や
彼女にしか出来ないニュアンスがある。

なかなかここまで「普通」を
まるで作為がないように
演じ切れる俳優はいない。


大きな展開があるわけではないのだが
それぞれの表情にフォーカスする
シーンが多く

大御所女優と若手女優が
静かに流れていくストーリーの中でも
バチバチに凌ぎ合ってるかのようにも
見えた。

しかしやっぱり
樹木希林。

同時期に「万引き家族」や他作品にも
参加しているのだが
同じ高齢女性なのに
同じような語り口なのに
その演技の幅の広さ。

改めて、樹木希林に敬意。
穏やか
この映画を何色だったと思うかで性格が分かると思う
嫌いじゃないけどなんかちょっとちげえんだよなあ、気持ちよくない。セリフかね
葉っぱのズームのシーンとかもちげえんだよなあ

山下美月が出てるとは思わなかったのでびっくりした
かば

かばの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

茶道の世界を通して日日是好日を表現。
毎日が良い日ではなく、雨の日も、嫌なことがあった日も、誰かに振られた日も全てをありのまま受け入れる。それはそういう日。
そうすることで好日になっていく。
>|