キッズ・アー・オールライトの作品情報・感想・評価

「キッズ・アー・オールライト」に投稿された感想・評価

もう最近だと途中すっ飛ばして部分しか見てなかったthe whoのこいつを最初からマルっと全部見直してみた。初めてみたのはもう30年以上前か。よしおくん(弟)とあれこれ言いながら見たっけな。〝これフーのライブ動画とインタビュー切り貼り集めただけなのになんかストーリーになってるよね〟とか〝won't get fooled againの途中でピートがどりゃーーーって言ってるよ〟とかわいわい言ってたのが懐かしい。おれクレヨンしんちゃんオトナ帝国のノスタルジックスメルにやられてしまったのか。
やっぱかっこいいなーーー。オープニングのコメディショーから始まって心臓部付近と前頭部付近と指先付近に血液が集中して熱くなる瞬間がいくつもある。すっとぼけた司会のおじさんと画面から飛び出る映画タイトルのとこ好きだなぁ。そーいえば社会人1年目だっけな。事務で採用された専門学校の授業後の教室後片付けしてて誰もいないから、ロジャーの真似してマイクのコード持って振り回して見たらマイク本体すっぽ抜けてぶっ飛んで壊しちゃったことあったなあ。あれでロジャーがなぜマイクをビニテでぐるぐる巻きにしてるのかがわかった。キースの変態ぶり久々に堪能できた。リンゴスターと仲いいのも微笑ましい。トミーの監督ケンラッセルは何度見ても変なオヤジだ。
スクールオブロックの最後のステージでwon't get fooled againのレーザービーム明けのオマージュやってたな。
ストーンズのロックンロールサーカスでのライブa quick oneの演奏とラストシーンのファンクラブスペシャルライブのwon't get fooled again→エンドロールのlong live rockはサイのコーの極限なのではなかろーかと言いたい。long live rockのエンドロールの時のカット集もサイコーじゃんか!
オトナになってピートのどりゃーーーはdo yaって言ってるらしいことがわかってしまったのがちょっと悲しい。じいさんになってもkids are alrightがかっこいいって思える感性をずっと保ちたい。
かっちょいい2曲YouTube貼っとこ。

https://youtu.be/RJv2-_--EY4
https://youtu.be/ODKZGBrAtxY
おなかいっぱい。お前らがクソかっこいいってことはもう十分わかったよ!って。
ロックンロールサーカスがもし予定どおりに放送されていたら、その後のロックの歴史はすこし違ったものになっていたんじゃないかって。ちょっとだけ本気でそう思う。
深緑

深緑の感想・評価

5.0
The Whoの誉れ高い音楽ドキュメンタリー。

バンドマジック出まくりの至高の100分。
控えめに言っても最高。

ビートルズ的アイドル性やストーンズ的不良性とは違う変態性と高揚感があります。

「会社で電卓なんて叩いてる場合じゃねぇ!」といった妙なテンションに陥ります。
山前暁

山前暁の感想・評価

5.0
最高のRock'n Rollドキュメンタリー!!
伝説のRock'n Rollバンド=The Whoの最も本質を突いた映像作品。
海外の音楽(主に英語圏)に触発されてしまったミュージック・ラヴァーは是非この作品にアクセスして頂きたいです。
出来れば、『Live at the Isle of Wight Festival 1970』を何も知らずに観て頂きたいところです。それは1970年のワイト島フェスティヴァルでのThe Whoのステージを収めたフィルム。
そして次にマストなのが本作だ。
1971年の大傑作アルバム『Who's Next』はむしろその後で大丈夫。

本作の中心にあるのが、1971年のThe Who、特に「Baba O'Riley」と「Won't Get Fooled Again」という2つの大名曲だとすると、初期シングルの「My Generation」のとある歌詞が、Pete Townshend(ギタリスト)のなかでどう変化し、引用されているのか、つまり1971年のThe Whoの心境、それ以上に、Rock'n Rollの真実が、「10代」の真実が、明らかになると確信するからです。
私が何を言いたいのかさっぱりだと思います。
でもひとまずはこれでいいんです。

「10代」を歌ったバンド=The Who(Keith Moon(ドラマー)はバンド加入時、17歳(!))が、6〜7年もの歳月を「10代」について歌って、ついに分かった「10代」の謎。
それを徹底的に叩きつけたのに、我々は一体どれだけ前に進めたんだろう。別にどーでもいいけど。

10代ってのはな、潰し合うだけの季節なんだよ。Mods?Woodstock?ユートピアじゃないんだよ。ここはな、なんにも咲かねぇんだよ。
たかが10代の荒野じゃないか。
正しさを証明するために戦う必要も
許してもらう必要もないし、
いいんだよどーでも。
Teenage Wasteland
They're all wasted!!!
全て荒れ果ててしまった!
全てゴミなんだよ!
全部無駄だったんだ!!!

信じるものも瓦解した
どん底の絶望のなかで、
それでも息をする意地みたいなもの。

ちなみに、
「「最高の映画」と言ったら『2001: A Space Odyssey』である!」と答えますね。

全部無駄だったんだ!!!!!!!!!
nknd

nkndの感想・評価

4.0
演奏シーンはどれも最高。
特に好きなのはロックンロールサーカスの時のQuick One。
ムーニーがフロアタムをタカタカ叩いて、そのパートが終わったら後ろにぶん投げるのが最高。
あとはメンバーの調子が悪かったらしいけど、このために撮られたライブシーン。
ムーニー最後のライブらしいですね。
ヘッドフォンをテープでグルグル巻きにしてる気狂いっぷりが良いです。
yuyu

yuyuの感想・評価

4.0
キースは私が最も好きなドラマーです。
この映画を観て確信しました。
そして、ミック・ジャガー後の例のアレはヤバイです。
キース・ムーン
一番好きなドラマーかも!
ドラミングもさることながらキャラが凄すぎる!

ボーカル、リズムギター🎸、リードベース🎸、リードドラム🥁
四人組で、こんなバンド編成も無いでしょう笑

必殺円月奏法!&ドラム破壊!
60年代で既にパンクでした!
キック

キックの感想・評価

4.3
無邪気なキースムーンの様子がいい。やはり天才的やな

やっぱ4人の個性が良い
Pam

Pamの感想・評価

-
I just love these guys so very much.
KayaNanba

KayaNanbaの感想・評価

2.5
当時のインタビューが多いかと思ったらそうでもなくて残念だった、ファンの人は最高なんだろうな
>|

似ている作品