悪女の作品情報・感想・評価・動画配信

『悪女』に投稿された感想・評価

ロバート・パティンソン目当て。
といってもDVDの特典映像でカットされた出演シーンのみ。
主人公の息子役でした。
結末を二つ用意して採用されなかった方。
こっちのラストの方が好みだけど、ありきたりだ…

>>続きを読む
Saki

Sakiの感想・評価

2.8

原作を読むにあたって見てみたけどちょっとこれはいけてない笑。。リースは頑張ってて好感持てるけど、演出や脚本、衣装などなど全て残念ながら茶番にしか見えない。やっぱり当時のイギリスならではの世界観はイギ…

>>続きを読む
qwerty6

qwerty6の感想・評価

4.0

based on the novel
《Vanity Fair》(1848)
by Thackeray(1811-63)
music by Mychael Danna(b.1958)
London,…

>>続きを読む
み

みの感想・評価

3.8
賢くて強かな女性が身を立てていく映画。階級社会の中、孤児院出身でありながら這い上がっていく主人公の知恵と処世術に惹き付けられる。悪女というよりも、世渡り上手・要領の良い人という印象。

昔が舞台の映画ってどこまでが本当かわからないから、服も文化も想像しながら観るし深くて広くて好き。

アミリアとドビンの関係はわかりすぎて気に留まった。

ベッキーの才覚と積極性はすごい。世渡り上手す…

>>続きを読む

んー、思ってたのと違った。
もっと悪女で、もっと容赦がなくて、駆け上がってくタイプなのかなと思ってたので。
レベッカもアミーリアも「そこに収まるのねー」と思いつつ、とはいえドビンはわりと自業自得な節…

>>続きを読む

文芸小説「虚栄の市」の映画化だそうだ。ロバート・パティンソンがちょい役で出演していたけどカットされちゃったらしい。だけどそのおかげて「トワイライト」主演に至ったんだね。

ジョナサン・リース・マイヤ…

>>続きを読む

強かな女の人ってやっぱりいい!!

孤児だってベッキーが血筋や身分のしがらみを切り抜けながら家庭教師として生きていく話。
バリバリの身分制、男尊女卑社会、さらには自身の不遇な境遇という三重苦。そのな…

>>続きを読む
Beuter

Beuterの感想・評価

-

学校の課題で👀
“Vanity Fair” は「虚栄の市」とされるけど、どうして邦題は「悪女」になったのかなぁ〜
ベッキー・シャープに悪いところがあったからそれらを含めてこの邦題なのか🤔
まず悪の定…

>>続きを読む
壱

壱の感想・評価

3.4
原作本の実写化だからか所々ハブられている所があり、ただ見ているだけでは流れがよくわからないところが多々あった。
>|

あなたにおすすめの記事