おかあさんの木の作品情報・感想・評価・動画配信

「おかあさんの木」に投稿された感想・評価

cono

conoの感想・評価

3.0
泣ける度  ★★★☆☆
笑える度  ☆☆☆☆☆
スッキリ度 ☆☆☆☆☆
ずっしり度 ★★★★☆
また見たい度★☆☆☆☆

戦争による不甲斐なさ、悔しさ、悲しさ、苦しさを母親の目から通して見た感じ。
親として感情移入すると涙が止まらない。

でも映画化成功だったのかな…とちょっと疑問視してしまう…
原作で読んだらもっとメッセージ性が伝わった気がする。

時間の制約のせいなのか、カメラのアングルのせいなのか…鈴木京香さんの演技好きですが、この映画ではなんだかしっくりこなかったので残念…

またいつか違う形で映画化されると良いなと思った
良い話のハズなのに
当時を知らない脚本の
薄っぺらさで、入れず。。。
甲種合格なら通常入営。
なので臨時招集令状で
いきなり一等兵で軍服で
出征とか無い。
息子がいる私が見るのには辛すぎた映画。7人もの子供を国に差し出して。こんなの耐えれない。それが戦争。絶対してはいけない。
yumi

yumiの感想・評価

2.7
最初と最後に出てくる職員2人のぽけーっとした感じにイラッとしたけど、もしかしたら戦争を経験したことない私も彼らと同じなのかもしれない。

ミツが結婚後、鈴木京香さんに変わるのはなんとなく似ていて大丈夫だったけど、サユリが志田未来さんから奈良岡朋子さんになるのは違和感がありすぎた。
やっぱり奈良岡朋子の声はいいなぁ〜。
noa

noaの感想・評価

-
戦争物は見れやんのになぜかこれ見てすごーーーく最後の悲しみを覚えてる。ちゃんと覚えてないけどいつか子供できたらちゃんと教えてあげんとあかんことたち。
苺

苺の感想・評価

3.5
児童文学書の映画化だそうですが、ひたすら辛くて見終わったあとの苦しさ…
戦争の話だけど、息子たちの出征で帰りを待つ母がメインでした。
こういう時代だから仕方ないのかもだけど、おめでとうございますと兵隊に行かされ次々と死亡の知らせ…
こんなのショックすぎて頭おかしくなりそう。
淡々とした話だけど鈴木京香の演技が素敵でした。
子供を見送りひたすら待つ親の気持ちを考えると胸が張り裂けそう(;o;)
戦争映画のなかで一番、我が子を戦争に送る母の気持ちに共感?できた。

キツいわ。
おかあさんの木

7人の子どもたちを戦争へ送り出した母

悲しい
戦争の招いた悲劇
家族を引き裂く

送り出す母の悲しみ
止めれば非国民と言われる時代
どんなに悔しい思いをしていたか計り知れないです

そして赤紙を持ってくる役所の役人の仕事もつらい
子どもたちを戦争へ送り出す赤紙を運び、また戦死を伝えるのも仕事

人々の生活にも訪れる悲しみ
国家のために、天皇陛下のために、と軍部に利用された国民の気持ちと命
戦争をしてはならない理由である、、、

主演は鈴木京香
自分の子供がすべて戦地に取られる母親の気持ちを思うと…
愛国の母と言われるより、非国民と言われようが生きて帰ってほしい!
おかあさんの木は絶対に切ってはならない!

戦争は絶対にダメだ!
しんじ

しんじの感想・評価

3.5
一回鑑賞済みか、、??
ベタな内容なので大体の内容は想像通りだった。

でも見てて苦しくなるよね。
子供が帰って来ないのは辛すぎる。

あと、急に銃撃シーンが来るのは心臓に悪い。
>|