Mr.BOO!ミスター・ブーの作品情報・感想・評価

「Mr.BOO!ミスター・ブー」に投稿された感想・評価

そ

その感想・評価

-
ギャグがキレッキレで本当に好き。厨房でのシーンや鳥料理をつくろうとしてエクササイズを始めるシーンは笑い倒した。
初ホイ三兄弟。くだらないと言ったら思うツボ
主人公がカッコよさもなければ強そうでもないし賢そうでもない
アクションも中国らしくキレッキレの格闘をしそうなのにまったくマジメにやりあう気がないかのようなおふざけの殺陣

日本のコントかのようなお約束

とB級な要素がたっぷりなのに
勢いだけで面白い
短編集のように話がひと段落ごとにおちるので全編ずっと集中してみれるものではないが
集中してみるよりは肩の力を抜いてみる映画だと思う
シスコ

シスコの感想・評価

3.0
1979年1月
ヤクルトホ-ルにて試写会鑑賞。

ホイ三兄弟の衝撃的な笑劇!
小、中の頃TV放映された次の日これ観てなかったりするとまず休み時間一人ボッチになる確率異常に高かったです。それくらい香港映画の中でもダントツの人気コンテンツでしたね。シリーズの中で『インベーダー作戦』(2作目?)は友人らと劇場で観たのですが字幕だったのでちっとも面白さが伝わって来ず血の気の多いダチは館内で隣町の学校のワルと喧嘩をおっ始める始末で、それでも落ち着き払ってコーラなんか飲んでそのまま鑑賞している私に「お前は王さんかよ!」って分かる人には分かるツッコミ入れられたりしたのを思い出します。

これは日本語吹替版を観るに限りますね。さすがになかなか探しても無いです。マイケル・ホイの絶妙トーク、広川太一郎が恋しい。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.0
2008/8/31鑑賞(鑑賞メーターより転載)
子供の頃に何度もテレビでやっていて毎回大爆笑した記憶があったので、20年ぶりくらいに再鑑賞。今見るとB級映画らしい無理矢理さや詰めの甘さが随所にあるが、今の時代が忘れてしまったような勢いと面白さがあるのは確か。マジメにバカを演じる役者陣も素晴らしい。あと、やはり欠かせないのが広川太一郎氏の吹替。その良さを確かめるために字幕版も観てしまった...
探偵事務所を舞台にいくつかの小事件をまとめた香港製ドタバタアクションコメディ。『フライングハイ』に続き金城一紀の小説『映画篇』の中で出てくる映画ということで鑑賞。

俺たちは貧しい労働者~
働きづめでクタクタだ~
給料はスズメの涙 本当ににつらいよ~♬

…という当時の香港を皮肉ったようなまるでパンクな歌詞の主題歌が冒頭から流れる、ここからして愉快痛快(^^♪
ブルース・リーvsジョーズやルパン三世的カーアクション、吉本新喜劇の池野めだかの如くちっさいおっさんギャグ…と見どころ盛りだくさん!!

コメディをしっかり見た、という満腹感というか幸福感でお腹いっぱい幸せいっぱい(^v^)
ちなみに車のナンバーが"AF"…芸が細かい(笑)
Insop

Insopの感想・評価

3.0
字幕版よりも吹き替え版(広川太一郎、ツービート)の方がはるかに面白い。

実は超豪華キャストで、香港の歌神サミュエル・ホイが助演+主題歌、「燃えよ!ドラゴン」の敵ボス役シー・キエンがボス役出てる。

そしてこの映画をステップとして、
リッキー・ホイが「霊幻道士」に、
リチャード・ンが「五福星」他様々な映画で出演するようになり、
同時代の名脇役に。

ま、でも、好き嫌い分かれるかな。

私はもちろん大好きです(笑)。
ワン

ワンの感想・評価

3.0
マイケル、サミュエル、リッキーの3兄弟が探偵となって活躍するシリーズ1作目。

マイケル・ホイ扮する探偵所長の待ち受ける災難とくだらないギャグのつるべ打ち。広川太一郎の吹替効果もあり薄~く笑えます。
ゲン太

ゲン太の感想・評価

3.5
☆8
こちらは初見だが、昔の香港映画のノリはくだらなくて懐かしくてホッコリさせられる。
内容も90分と短くまとまってるので、気軽に観れてそれなりに楽しめる。
でもこのシリーズを追って観るほどにハマりはしなかった。
>|