卒業の作品情報・感想・評価・動画配信

「卒業」に投稿された感想・評価

brian

brianの感想・評価

4.0
大学は卒業したけれど将来に不安があるベン(ダスティ・ホフマン)はロビンソン夫人(アン・バンクロフト)の誘惑に負けて関係を持つ。幼馴染みのエレイン(キャサリン・ロス)をデートに誘うも失敗して嫌われてしまう。何をやっても間抜けなベン。
しかし、臆することなく前へ突き進んで行く。赤いスポーツカーの疾走がベンの気持ちを表しているようだ。

名優D・ホフマンはアメリカ人としては小柄でコミカルな雰囲気がある。この作品では熱い演技が若者の姿を表していた。

名女優A・バンクロフトは『奇跡の人』のサリバン先生で感動。それとは全く違って色気が漂う女性を演じて圧倒的な存在感だった。 

K・ロスは感情の起伏が激しい役柄を上手く演じた。お菓子を食べると気を取り直すところがおもしろくて可愛い。

サイモン&ガーファンクルの曲と映像がマッチしていて、まるでプロモーションビデオを見ているように感情移入していった。

The Sound of Silence
Scarborough Fair / Canticle
Mrs. Robinson
April Come She Will
最初は色んな意味で大人になりきれてない青年なのに卒業した途端、徐々に信念固まりましたけど何かと言わんばかりに行動に迷いがなくなっていく
どんなに社会や常識、偏見の圧をかけられようとアイビールックにアルファロメオをかっ飛ばすホフマンを誰も止められない
ホフマンの気持ち関係なしに頻繁にかかるサウンドオブサイレンスが切なくもあり、救いでもあった
最高のラストシーン!!
封切以来。感傷的にならずにホフマンとロビンソン夫人、娘K・ロスの事の成り行きを初めての映画のように見守る。A・バンクロフトがやはりいい。脚本バック・ヘンリーはルームクラーク役で出演。赤のアルファロメオを活劇のように捉える撮影はブルース・サーティース!
ガク

ガクの感想・評価

3.6
ダスティンホフマン演じる青年がかなり破滅的な性格を持っており、ハッピーエンド好きな自分としてはそんな主人公の言動に苛立ちが募った。最初の童貞過ぎる仕草とかは、近い実体験は持たないまでも、あまりにもわかってしまうので同族嫌悪になり、もうやめてくれーーと思った。さらにはそんな後に余裕でプールに浮いているサングラス面が腹立つ!笑
輝かしい学業の経歴、周囲の誰もが期待する自分の将来……。アイデンティティを見失うには十分な環境である。不自由のない暮らしをさせてくれる家に生まれ、エスカレーター式に肩書を得ていく。その構造に反抗することで、ベンは自分とは何かということを見つけようとする。

"肩書が外れたベン"は、家族を除いた全ての人間に拒絶される。超危険運転、エレインへの執着……。要するに、彼は自分が嫌いなのだ。自分の経歴が、境遇が、中身のない空疎な自分と言う名の空洞が、本当に憎くてたまらない。だから、ラストシーンの彼は無理やり笑っている。"何か自分の心を満たしてくれそうなもの"を手に入れる"という目的を達成して生きる意味を失った彼は、意図的に口角を上げている。そして、隣に座るエレインも……。結局、"彼の過去"は無駄だったのである。

この映画で最も素晴らしいショットは、エレインの部屋から閉め出されたベンに対して夫人が別れの言葉を告げる場面。夫人が言い終わると同時にカメラが徐々に引いていき、廊下の片隅にポツンと佇む夫人とベンの後ろ頭が同時に映った瞬間に画面がフェードアウトする。
二人の関係が"終わった"ことが痛いほど伝わってくる。縮まっていた距離感が元の遠さに戻っていく様をカメラワークだけで表現している名演出だ。
夫人はベンにとって、与えられるものの象徴だろう。自分の意思に反して与えられたものは、他者の評価軸に委ねられる。地位、名声、肩書。それらはアイデンティティとは何ら関係のない文字や記号、虚像に過ぎない。それに対して、自らが勝ち取ることのできる何かを探そうとしたら、自分自身(エレイン)を見つけてしまった……という物語である。
た

たの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

有名な映画ですが私は初観賞です。

カメラワークと照明がいいですね。
でも私にとってはそれだけの映画でした。
現在の倫理観ではストーカーを助長するような内容で、バカ息子のストーカーにメチャクチャにされたトンプソン一家の映画って感じです。
あんな車の運転する人間にいい男はいません!
どこが名作なのか、?だらけの映画でした
タケ

タケの感想・評価

3.2
ラストシーンと音楽で有名だけどかなり変な映画。
思てたのと違う!ってなる人多いのでは?
peche

pecheの感想・評価

3.3
サイモン&ガーファンクルが👍。

エレイン本当にこれでいいの?という感じ。
Chiho

Chihoの感想・評価

-
めっちゃ笑えた!
ストリップのシーンが最低すぎる
The sound of silence聞くたびにこの映画を思い出しそうで悩ましい
ふし

ふしの感想・評価

-
少女漫画の実写くらいしか映画を知らなかったとき、たまたまこれを観たwww
衝撃
>|

あなたにおすすめの記事