北北西に進路を取れのネタバレレビュー・内容・結末

「北北西に進路を取れ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

人違い系サスペンス映画の大傑作


翻って、アルフレッドヒッチコック特集2作目。

まさかの人違いで誘拐される羽目になった広告マンのケイリーグラントが、謎の組織やらCIAの攻防に巻き込まれていくという筋の、人違い系サスペンスアクション大作。


ボーイの声かけに反応したという一点だけで人違いをしたうえ白昼堂々と拉致していくおバカな部下たちや、終盤の監禁部屋になんで窓が開いてるんだとか、荒唐無稽な感もありつつも、話が二転三転していくスクリューボールコメディ的展開や、終盤の屋敷パート辺りのバレるのバレないのサスペンスパートはさすがヒッチコックといったところ。

よく考えたらチンピラの部下なんてその程度の方がリアルか、とも思うし、あのオカンのおかげで序盤のエレベーターのシーンは笑えた。

国連での殺人容疑の一幕も、ナイフを思わず抜き取ってから写真をすっぱ抜かれるまでのテンポ、構図ともにやっぱり素晴らしい。

そして今作の代名詞ともいえるトウモロコシ畑のシーンは、白昼堂々と何やってんのとちょっと笑ってしまうところもあるけれど、やっぱり素晴らしい。
個人的にはその前段階の、キャプラン待ちの間の取り方、引っ張り方なんかも絶妙で上手いなと感心した。

それから先も触れた屋敷パートでのサスペンスは、目線やジェスチャーの端端を拾っていく映像描写や、とにかくコントロールが悪いケイリーグラントのお陰でハラハラさせられるマッチ箱の件など、やっぱりこの辺の小技が抜群に巧い。
サスペンスの神様と呼ばれる所以か。

ラストシーンのカットもなかなか洒落てて良かったし。


てな訳で、明らかに面白い娯楽アクションサスペンスの名作でした。


余談、ラシュモア山を恥ずかしながら今作で初めて知ったので、火影岩やんけ!とびっくりした。
これからそういう世代、増えてくるんとちゃうかな。
サスペンスとラブロマンスの二刀流映画。

正直、ストーリーが結構ガバガバだなと感じた。主人公のソーンヒルが、敵のボス・バンダムにカプランという架空の人物に間違えられた理由がはっきりわからない。広告会社の重役というただの会社員が勘違いされるところに何の説明もなかった。“偶然“と言われればそれまでなのだが。また、ソーンヒルを殺そうとした時に、「酒を大量に呑ませて、車に乗せて崖から落とす」というとても面倒な方法を取ったのもよくわからない。恐らく事故に見せかけたかったのだろうが、それでも回りくどすぎ。さらに、ヒロインのケンドールも政府の内偵であれば、カプランという人物は存在せず、カプランとして狙われているソーンヒルは冤罪だということもわかっていただはずだ。ならば、ソーンヒルと二人きりになる時間がたくさんあったのだから、内偵なのだと打ち明け、協力してもらえばよかっただけなのでは。荒野でカプランが会うという敵の嘘も、そこにソーンヒルが現れなければケンドールは疑われるが、「気をつけて」の一言くらい添えられなかったのだろうか。極め付けに、バンダムが国家機密を盗んで何をしたかったのかもはっきりしない。敵国に売るのか、自身でどうにかするのか、闇オークションにでも出品するのか。いまいち、敵の”極悪さ“が湧かなかったので、感情移入もできなかった。

さらに文句をいうならば、恐らく「ケンドールって内偵だったの!?」が一番驚くシーンなのだろうが、それよりも結構序盤で「カプランは架空の人物」とわかってしまったのが残念だった。それを終盤で明かす方が、映画としてはグンと面白くなると思うのだが…。

褒める点をあげるとするならば、電車でソーンヒルとケンドールが出会い、食事をするシーンだ。あそこは、非常に男心をくすぐるやりとりだった。ケンドールが非常に艶美で、エロティックな雰囲気を醸し出し、さらに誘惑してくる。その演技も素晴らしいが、ソーンヒルのニヤつきも素晴らしい。完全に伸びそうな鼻の下を頑張って戻そうとする感じがすごくリアルで、「こんなことあったら、自分もこんな顔しそう…」と思った。

あと、追われながらにして誰かを追う、という構図は良かった。その板挟みになって、身動きが取れなくなるような状況であるのにも関わらず、随所にクスッとなる場面もあり、緩急もしっかりできていた。

あと、やはり最後。崖での危機一髪のシーンから列車内のキスにシーンが繋がり、最後トンネルに入っていく列車(女性器に入る男性器のメタファー)が映されるというおしゃれで官能的なラスト。やはり、この映画はサスペンスというよりラブロマンスとしての側面が大きい。

この映画は、後の『007シリーズ』などのスパイ映画に影響を及ぼしたようだ。確かに、スパイを送り込んだり、死を偽装したり、架空の人物を設定したり、家に忍び込んだり。現代のスパイ映画のエッセンスはここに詰まっている。そういった意味では、この映画の価値は高いだろう。
面白いにも程がある。何で今まで観てなかったのか…。

とにかく省略、省略で全く停滞しない。それでいて、飛行機が車に突っ込む直前は、たっぷり間を取る。緩急が絶妙過ぎる。

拳銃トリックも驚いてからすぐ結果が分かってスリリングだし、その後のひねりも面白い。

クライマックスの大統領モニュメントも最高だが、大ラスト危機一髪で手を差し出して引っ張り上げたら電車の中、っていう超絶省略が素晴らし過ぎた。そこでジ エンドってタイミングも完璧。超傑作。

・広告屋
・誤解から追われる身になる
・母親同伴
・乗客全員が笑うエレベーター
・ワンナイトラブ
・オークションの秩序を壊す
・ラシュモア山でのアクション
面白い!
「サイコ」に比べると全体的なテンポの良さは無いかもしれないが、最後の30分は手に汗を握ってしまった。
スパイでも抑えきれなかった恋愛感情が、最後には成就して良かった。
【ストーリー】
広告会社の営業をしている主人公。
仕事中に、突如犯罪集団に拉致されるが命かながら脱出するも、飲酒運転と殺人の容疑をかけられてしまう主人公。
自分の身の潔白と犯罪集団が何者なのかを解明し、犯人への復讐をするために、警察から逃亡しながらも独自に調査をしていく。そこで自分に手助けし、誘惑までしてくる謎の女性に出会うが、主人公は彼女が犯罪集団の一味であるとにらむ。
命の危険を感じた主人公は警察に保護されることを選ぶが、逮捕されるどころかFBIに身柄を渡され、FBIが犯罪集団に潜り込ませたスパイに勘違いされたことで拉致されたのだと告げられる。そして、謎の女性は犯罪集団に潜入捜査させているFBI側のスパイであることがわかる。
彼女を救い出そうとする主人公が動き出すが、彼女がスパイであることが犯人たちにバレる。そんな逆境の中、犯人との崖での死闘を経て彼女を救い出し、結婚する。

・とことん不条理な状況に追い詰められる主人公
→犯人に突然拉致されて、強引に酒を飲まされながら命かながら車を盗んで逃亡
→警察に捕まり、盗難と飲酒運転で逮捕される主人公
→後日、拉致された先の人物の名前を辿って本人に会いにいくも、その場で何者かに暗殺される
→殺人の容疑をかけられる主人公
→→この泣きっ面に蜂感がすごい

・主人公の動機がコロコロ変わる
→突然の極限状態から脱出したい
→身の潔白を晴らしたい、復讐したい
→命の危険から逃れたい
→彼女を救い出したい

・突然のラブシーンがエロい
→食堂車からの会話のなかでいい感じの予感を醸す
→個室車両にふたりきりになっていい感じ
→そこで警察にバレそうになる危機を乗り越える
→SEX
→→★危機をふたりで乗り越えるとその人物同士の距離は一気に縮まる

・突如現れるマイクロフィルム
→シナリオを盛り上げる後付けアイテムっぽい

・シナリオの型が組み合わさりまくってる
→「命の危険から逃げろ」「ふたりはベストパートナー」「金の羊毛」
アルフレッド・ヒッチコック監督による作品。

初ヒッチコック作品、そして面白かった!
人違いから始まる見応えのある展開が何度も何度も、そんな退屈知らずの2時間超となりましたね。

今でこそ、サスペンスあるあるなんて言われてしまうネタがぎっしり詰まった内容でしたが、ある意味それらの基盤となっているのだと思うと、一入味わい深さが増したような気がしました。
面白い。最初疑われてるところはイライラしたけど、後半から目が離せなかった。こういうクライマックスが続く系の映画は面白い。昔の映画なのにテンポも良くて話の展開も予測不可能ですごいとおもった。今んとこヒッチコックの中で一番好き
シカゴ行きの列車内の出来事、広大な畑でピンチになるシーンなど良いと思えるシーンがいくつもあるけど、話としては少し冗長というか繋ぎ方が少し雑。

無能な警察と無能な密輸組織のボス、そして少しだけ頭がキレるボスの側近にはもはや安心する。
国を守る組織にも疑念を抱かせる演出が良かった。

筆圧の残ったメモ帳を薄く鉛筆で塗ってちぎり取られたメモ紙に書かれていた文字を浮かび上がらせるという、サスペンスによくあるシーンとか、いつから始まったのか
ヒッチコックレベルの面白いスパイ映画🕵️‍♂️。

マイナス点として、
ジョークはたまにうざかった。ケーリーグラントも余り好きじゃないと分かった。
>|