フラッシュバックの作品情報・感想・評価

『フラッシュバック』に投稿された感想・評価

JACKMAN

JACKMANの感想・評価

4.0
配役が良かった。
観てると、青年時代と同一人物に見えてきた。
yuki

yukiの感想・評価

3.5
自堕落な生活を送る落ち目のハリウッド・スターがかつての親友の死をきっかけに故郷に帰り、25年前の事件と向き合うお話。
今観るとキャストがなかなか揃っている。ロキシー・ミュージックで踊るフェリシティ・ジョーンズがかわいい。

どちらかというと若かりし頃のシーンに時間が割かれるためダニエル・クレイグの出番はそこまで多くない。ただオープニングでは素敵なお尻が。あと瞳の青さが際立ってる。

心情に寄り添えるようなタイプというよりは、過去が淡々と描かれ隣の人妻とのエピソードがメイン。サブエピソードほしい。あの日の一件のあとがもう少し丁寧に描かれてるとよかったかも。

この監督、ダニエル・クレイグのドキュメンタリー撮った人だったのか。なんだか納得。
nekoneko

nekonekoの感想・評価

3.8
冒頭からダニエル・クレイグの🌹セクシーな全裸をご覧いただけます✨(すっかり風貌も体型もジェームズ・ボンド!)
役柄は🇬🇧イギリス人のハリウッドスター!?(まんまですね)
日本未公開作品?ちょっと勿体ないなぁ…

ジャケ写から想像していたサスペンスとはほど遠い内容でした😅

自堕落な日々をおくっていた主人公ジョー(ダニエル・クレイグ)が親友の死をきっかけに帰郷しますが…彼には誰にも言えない25年前の過去が…💦

女優陣が美人揃い✨✨🌹
中でも彼女役のクレア・フォーラニとフェリシティ・ジョーンズがお美しい…

👦回想シーンが中心軸でジョーの少年時代を演じていたのはハリー・イーデンですが…
「青春映画」の🍋✨甘酸っぱさと苦さがシュワシュワ胸に湧き上がって来るのは私だけではないはず?…(男女共「やんちゃ」してた人なら尚更でしょうか??)

終盤からラストの展開も素敵な作品でした…💧✨
のんchan

のんchanの感想・評価

4.1
ダニエル・クレイグ製作総指揮・主演のサスペンス映画(日本劇場未公開)
全然期待しないで観たけど、ダニエル・ボンドがそこに居た😁✨
スコアがまた低いけど、私は面白くて集中出来た。なぜ日本未公開だったのか不思議🤔『007 慰めの報酬』と同年に🇬🇧だけでの公開って勿体ない😒

監督・脚本が、『ジェームズ・ボンドとして』(ボンド役から退くダニエル・クレイグの15年間の軌跡を振り返ったドキュメンタリー)の監督をしたベイリー・ウォルシュ‼️
なるほど、ダニエルをよ〜く知っている、ダニエルが信頼してお任せ出来る方なんだと納得の作品でした💫


ハリウッドスターのジョー・スコット(ダニエル)は、海辺の豪邸で付き人にまで呆れ返られるほどに堕落した生活を送っていた。酒、薬、女...そして仕事も年齢的なものがあり人気も落ち、何もかも上手く回らないでいた。そこへ故郷イギリスの母親から1本の電話が...10代で無二の親友だったブーツが急死したことを知る。ショックを受けたジョーは、25年前、自分の人生を変えた故郷でのある事件を思い出す。

アメリカの現在→25年前のイギリス→現在のイギリス→アメリカへ帰国。というそれぞれの時間軸をたっぷりと丁寧に作られていて入り込める。
ジョーの10代を演じるのは、ロマン・ポランスキー版『オリバー・ツイスト』のハリー・イーデン、イケメンですね💫
母親役オリヴィア・ウィリアムズ
伯母役ヘレン・マックロリー
ブーツの妻ルース役(ジョーの愛する人)クレア・フォーラニ

これはも〜う、ダニエルファンなら必見物ですよ❣️
冒頭、ダニエルと女2人での3Pから始まるのには度肝を抜かれますが😲
ダニエルの肉体美が美しい🥺ヌード、私の大好物の美尻を拝めます🙏
すっかり落ちぶれた元スター俳優が
故郷を出たきり会っていなかった
少年時代の親友の
訃報を受ける・・・


こういう人の死によって
トリガーされる記憶、
みたいなストーリーって
好きなんだけどなあ・・・。
コレは現在のジョーと
過去のジョーとが
完全に断絶的に描写されていて
好設定が生かされてない
ように思えるし、
回想パート🤔もブーツと
全然関係無い部分が多くて、
だらだらとした印象を
受けてしまいました・・・

エンドロールで
"South Africa unit"
と出ていたけど、
どれが南アだったんだろう!?
ダニエル・クレイグが
土左衛門のように
ぷかぷか海に浮かんでた
シーンとか?
あれは迫力のある光景だったな...。

2021.9.20
睡魔子

睡魔子の感想・評価

3.5
途中から主演のダニエル・クレイグが全然出なくなって、ウガ~ッてなっちゃう。
おぐり

おぐりの感想・評価

3.6
2021-06-16 ぽすれん
結果的には なかなか沁みる映画だった
英国こ海岸で育った男がハリウッドでスターになり…いまは落ちぶれている と
小僧時代のカノジョがフェリシティー・ジョーンズで、25年後はクレア・フォーラーニ。
オリビア、ウィリアムズが母か姉か、オレの英語力ではワカらん。
ダニエルの製作&主演作品だから見ました。DVDが出た当時に見てはいましたが、もう12年位前の映画なんですね。内容は好きです。こういう感じ好きです。ダニエル演じる、イギリス人のハリウッドスター、ジョースコットは私生活は色々乱れ、エージェントからも見放されるという自堕落なセレブ。セクシー通り越して、エロい演技は彼のファンとしては嬉しい限りですが、彼の出番はストーリーの前半と後半になっていて、真ん中は別の役者さんが若い頃を演じています。ダニエルがガッツリ出てない事に、最初見た時がっかりしたのを覚えています😅
でもダニエルを愛でる事はちゃんと出来ます。
浜辺で思いつめた顔でいる時の、ブルーの瞳が何とも言えない切なさを見せます。表情の演技が
本当に素晴らしい。
親友のマークストロングとの共演も見れて嬉しい。
くにお

くにおの感想・評価

3.5
ハリウッドスターになったがドラックに溺れる孤独なジョーと、皆に愛され、早すぎる死を迎えたブーツのそれぞれの人生が対象的でした。
Grace

Graceの感想・評価

3.0
ダニエル・クレイグ目当てで観た作品。
ダニエル・クレイグは、主人公のジョー・スコットが大人になってからの役を演じたが、ダニエル・クレイグよりも青年時代のジョー・スコット役を演じたハリー・イーデンの方が出演時間が長く出演回数も多かったように感じた。でも、最初とラストの方でダニエル・クレイグが出演していたのを観れたのが良かった。

青年時代の過去を回想し、懐かしい音楽が流れダンスしているシーンが1970年代漂う時代背景を感じ、1970年代に10代・20代の年齢だった人は懐かしさを感じると思う。このダンスしているシーンが1番好きなお気に入りのシーン。

『007』シリーズの紳士で凛々しいジェームズ・ボンド役を演じるダニエル・クレイグと違う、堕落した生活を送る俳優役を演じるダニエル・クレイグを観れるのは貴重。

海辺の豪邸で堕落した生活を送っているハリウッド・スターが、故郷のイギリスに暮らす母親から、かつての親友が急死したことを電話で聞き、封印していた故郷での過去の事件や青年時代のことを思い出していく物語なので、悲しみと切なさを感じた作品だった。
>|

あなたにおすすめの記事