ザ・ゴールドフィンチの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ゴールドフィンチ」に投稿された感想・評価

一つの絵をテーマに人生を描いた作品
子供時代から丁寧に描き色々と繋がるストーリーは良かった
ただこのラストにするなら尺が長いかな
丁寧なドラマが一気にB級映画の様になってしまって残念
女性って万国共通で我儘よね
映画の主人公と同じ場面で苦笑してしまう自分がいた
ええ最後の急展開理解できなーい。
そこまでは詩的で、不幸な境遇と幸せな出会いの連続が丁寧に描かれててすごく良かったのに。
ゆっくり死んでく僕らが少しだけ早くする呼吸のよう。だからこそ光を壊さないように慎重に丁寧に吐き出さないといけない。生きていくって本来とても大変なことなのだから。絵画がちゃんと物語に溶かし込んであって、その絵画であることに意味やその絵画でなければならない理由が明確なのも良かった。
80点
23

鑑賞後静かに拍手。全体的な流れや構成や雰囲気が好みに合ってた。長さも全く気にならない。良作。
K

Kの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ずっと支えにしてたものが崩れさる絶望感
みたいな
絵がすり替えられてた場面が印象的

ストレージャーシングスの子
今回はあの時よりワルなんだな
大人になったこの子の役の人は
左からの横顔がflumpool

婚約者は平野ノラだった

最後は
お母さんと夢の中で会えたってこと?
お母さんは右からの横顔が永島優美アナ
あとヤクルトの女優さん

鳥の絵は
お母さんも一番好きな絵だったんだね

中身のない感想の通り
つまりはあんまりよく分かんなかった
メッセージ性はなんか感じる
ツナ缶

ツナ缶の感想・評価

3.5
美術館のテロで母親を亡くし名画を持ち出してしまい、その後ずっと名画と共に生きる。
名画が、母の様な存在になっていたのかなと思った。
不飽和

不飽和の感想・評価

4.3
あと30分長くても良かったくらい
引き込まれるって程じゃないけどずっと見てられる

厭なものがないからかな
違うか、なんでなんだろう
とても良かった。
繊細なストーリーと美しい映像、キャストも魅力的。無駄な部分がなく、長めの映画にも関わらず全く飽きずに観続けられた。最後のまとめがやや一気に片付けた印象があり、なんならもっと長くしていいからじっくり描いて欲しかった。

Filmarks での評価はあまり高くなく、興行成績も悪かったと聞くが、それは売れ筋の万人向けの映画ではないというだけで、好きな人はめちゃくちゃ好きな映画だと思う。
kanko

kankoの感想・評価

4.0
WOWWOW鑑賞

批評家さんたちの間で評価が芳しくなかったそうで興行的に大コケしたという作品。
私は凄い好きだった。ちょっとわかりにくい部分もあるので録画したのをもう一回観てしまいました。そしてやっぱり好きだなと思った。

母親への愛情、失った事の悲しみ、彼の心の拠り所であったゴールドフィンチの絵画。
幼き恋、友情、彼を取り巻く人々、家具を撫でる指先。

子供時代の方が印象に残ったし、すごく良かった。父親に引き取られラスベガスに移ってからテオがボリスと出会ってからのシーンの数々が特に美しくて好き。レディオヘッドの曲がかかる場面。この間バニラスカイでもしょっぱな使われていました。

成長して2人が出会ってからのシーンがもうちょっと深く描いて欲しかったかな。

それにしても幼き日のボリスを演じたフィン・ウルフハードの美少年ぶりと来たら。

映画がとても良かったので原作も読んでみたい。どっぷり物語の中に浸ってみたいと思いました。




あの犬その後どうなったんだろう。(見落としてます?)
なんか最後の方急に安っぽくなったな。こんかラストで良いなら少なくとも尺を2時間に編集できると思う。
>|

あなたにおすすめの記事