ガンジーの作品情報・感想・評価

「ガンジー」に投稿された感想・評価

非暴力・不服従を唱えたガンジーを描いた作品
第55回アカデミー賞作品賞を受賞した作品です。

当時イギリスに支配されていたインドで戦わずして平和を勝ち取ったガンジー。

この映画の撮影には約30万人のエキストラが参加したというのは凄いです。
また、オープニングでイギリスとインドの共同制作というのを教えてくれますが、それもまた感慨深いです。

人種、階層、宗教などで分かれてしまった人々の心を糸車を回しすかのように紡いでいくガンジーの功績は素晴らしいです。
上映時間は188分と長めです…
mare

mareの感想・評価

4.0
史実に基づき、長い時間を費やして丁寧に人物像が描かれていて非常に勉強になりました。
aiko

aikoの感想・評価

4.2
この映画をみるまでは
ガンジーのことを教科書でしか知らなかったし、「非暴力不服従」「塩の行進」といったキーワードだけで、
その裏にあった思いなど考えたこともなかった。

彼はなぜ非暴力にこだわったのか、
彼の人生、信条を3時間につめこんだ作品。
May

Mayの感想・評価

5.0
めちゃくちゃ本人に似ててびっくりしたの覚えてる
小学4年?かな?にみてすごい衝撃的だったなぁ、本では読んだことあったけど実際映像で見てみるとなかなかショックなとこもあった
インドに住んでたこともあって色々ガンジーの歴史に触れる機会が多かったからすごい勉強になったし実際にガンジーの家に行った時も映画の中で出てきてすごいいい経験になったの覚えてる
ブッチ

ブッチの感想・評価

4.0
昔封切で見たのを再鑑賞。
物語が進むにつれベンキングズレーが歴史の教科書に載ってたガンジーになっていく様は圧巻。
主役級の役者が何人も出て脇に徹しているのもすごい。
久しぶりにずっしりと真っ直ぐな映画を見た。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.3
インド独立の父と呼ばれるマハトマ・ガンジー。若き弁護士時代からインドが独立国家となるまでのガンジーの生涯を描いた作品。
この時代に非暴力を貫くことがどんなに大変だったか、インドの人々の信心深さと忍耐力、強い信念に感動した。人々を導き、その精神を浸透させたガンジーの手腕におどろく。優しいだけのイエスマンではなく自由を勝ち取るために敵の意をつく作戦を挑戦的に打ち出して行く様に、当時の英国人が頭を抱える様子が目に浮かんできておもしろかった。何度も逮捕、投獄された末に掴みとった自由の先にまたまた起こる争い…あぁ人間って愚かな生き物、とつくづく思う。
争いごとは繰り返すけれどそれでもガンジーの非暴力の精神は尊く、今でもこうして語り継がれる。
ガンジーの精神や人生について学ぶにはとても良い映画だと思う。ベン・キングズレーが驚くほどガンジーでびっくりした。
Dスケ

Dスケの感想・評価

3.7


歴史でしか知らなかった
ガンジーの人生の映画。

ひとりの人間として、どう歴史、社会そして人と向き合っていくのかを考え、体現した人。

結果、偉大と称えられ
今も語り継がれる伝説の人。

そんな人の人生を垣間見れる映画でした。
ガンジーは善人だというイメージだったが、どちらかというとキリスト教ベースの国家に対して弱点を突き、戦略的に反逆したという事が分かり感動した。
shunie

shunieの感想・評価

4.0
長い映画ということで中々手を出せなかったがやっとこさ鑑賞。

インド独立の父、ガンジーの生涯。
ガンジーのことをよく知らない方もこの映画でどんな人だったか学べる、至極の1本。

本人たちとよく似せた俳優たちの容姿や演技にも眼を見張るものがあった。
まる

まるの感想・評価

4.0
名前だけは知っているけれど、
この人が具体的にどのような人生を送ったのかは知らない。

そんな人のことを知るのに、
映画を活用できるというのはとてもありがたい。
偉人伝です。
>|