ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」に投稿された感想・評価

miki

mikiの感想・評価

3.5
CGの映像美が神秘的で素晴らしい。
そして、単に虎と漂流する話だと思っていたけどラストでビックリ…。  
見方によってはホラーになる。
内容さることながら映像美。
主人公の回顧録の流れは、まるで自分たちも聞き語りされてるような感覚になって作品により入り込めるので個人的には好き。
ブルーレイで見ること推奨。
mine

mineの感想・評価

4.0
めっちゃ好きこれ
DVDで見た方がいい映画とBlu-rayで見た方が映画とあるけど、これは言うまでもなく後者や
メッセージ性とか、大きな感動とかは特に感じなかったけど、それでもやっぱりいいね👍

個人的に1番好きなのは、鯨が飛ぶシーン
夜の海って怖いし、海のど真ん中ってどんだけの恐怖なんって思うけど、その恐怖と相まって美しさが強調されてて、目に焼き付いてる

正直虎とかどうでもいいくらい綺麗で好き
おれたちみんな冒険物語が大好き。イスラム、ヒンドゥー、キリスト教の宗教の信仰を背景に自己とどう向き合っていくかというテーマをもち、すべての要素が意味をもってテーマに向かっていく。物語を映画にするのがとてもうまい。3Dでラッセン的な映像観たかったな。アン・リーはいったいどこへ行く?
邦題はそのままカタカナでわかりにくいし副題で説明しんとちゃんとタイトルつける努力をしよう。
もじゃ

もじゃの感想・評価

5.0
パイの名前の由来からすでに面白い。映像もキレイだし、ストーリーも面白い。トラと同じ船で漂流するんですよ。恐ろしすぎる話なのに、最後はそのストーリーすら納得させられます。
Chad

Chadの感想・評価

3.8
映像が美しいですね。想像とは違ったけど良作です。

A級(ランク詳細はプロフィールにあります)
これはアカデミー監督賞。
うみねこのなく頃に近しいものを感じた。
ロビン

ロビンの感想・評価

3.7
プラネタリウムのような、ラッセンの絵画のような圧倒的な映像美。
幻想的な海と空がひたすら美しい。
特に夜のクラゲ&クジラのシーンの映像が素晴らしかった。
映画館で観てみたかった思わせる作品!

虎のリチャード・パーカーと漂流するまでがちょっと長かったかな。
心の中で「はよ漂流せえ!」とノブ風に突っ込んでいた。

鑑賞前は虎と意思疎通できた奇跡の少年が、海の上で仲良く波に揺られて生還した映画なのかと思ったらまったく違っていた。
宗教観が描かれる中で何を信じるのか、自分の信念を問われることもある、考えさせられる作品だった。

【ネタバレ】
   ↓




最後、そっけない態度のリチャード・パーカーがカッコいい。。

後にパイが語るもう1つの話で、あぁそういうことかとハッとしたと同時にゾッとした。
パイの話す2つのストーリー、観る側にも「あなたはどちらを選ぶ?」と問いかけてくるのも作品としてはなかなか面白い。
ただあの一緒に乗ってた動物たちが「実は人間だった」方のストーリーだと一気にホラー感が増す。。
maki

makiの感想・評価

3.4
想像していた話と違って、神秘的で映像美を堪能する作品だった。

信仰心の話でもあったし、魚取る話だけで泣きそうになったな

虎とは友情ともなんとも言えない関係で
結局は人間とは違う生き物だから
分かり合えているようで、最後の別離も切ないな…

結構ファンタジー寄りと言うか、最後の島の話とか畳み掛けて、色々起こり過ぎて静かなんだけど、語られることが多くて
ストーリーよりも映像の美しさを味わう映画でしたね。
せの

せのの感想・評価

3.6
ネタバレを避けて多くは語れない映画。
とにかく映像が綺麗で、CGで描くことに強いこだわりが見られるのもなるほどなぁという展開。邦題もダサいと思いつつ、これまた巧妙なミスリードだったりして…
解説なんかも読むと二重にも三重にも仕掛けがあってこれまた面白かったりします
>|