レヴェナント:蘇えりし者の作品情報・感想・評価

レヴェナント:蘇えりし者2015年製作の映画)

The Revenant

上映日:2016年04月22日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

「レヴェナント:蘇えりし者」に投稿された感想・評価

tsuyo

tsuyoの感想・評価

3.8
おもろかった。
色々なシーンがリアルに見える。
どうやって撮影したんやろ?
CG?
とにかく良かった。
ずっと観ていられる。馬や鹿の死体で暖を取るというのは、いつから極限あるあるになったのか?ベアグリルスは偉大。
復讐という行為は人が社会性を得る以前の太古から存在する概念なのか。

人が他者に生きる意味を託すのは本能に忠実なだけ、自然界にそういった営みはあるだろう。しかし復讐心はどうなのだろう。

グラスの復讐心にはすこしの迷もがなく、結果としては生まれた時から復讐を果たすための運命を背負っているかのようにすら思える。

人が生きることの意味が愛する家族との生活、ひいては子孫の繁栄ということならそれが失われた途端に、カードは裏返され復讐ということ一点に向かうのか。

最後の結末は、ある意味世界全体に答えを委ねているところがあり映画そのものが壮大なだけに結論としてはうまい落とし所だと思った。

最後に。全編にわたって環境音が素晴らしかった。音一つ一つを大事にしている。また、坂本龍一とアルヴァ・ノトの番劇も素晴らしい。
天才なのに苦労人なイメージのレオナルド・ディカプリオがようやくアカデミー主演男優賞を獲ったということで、僕の中ではおめでたい作品。

内容はおめでたさとは、かけ離れてるけど。熊に襲われるシーンはエグかった。死んでもあんな目にあいたくない。

馬で暖まるシーンは実際に馬で暖まっているらしいが、よくやるな、と、色々貴重なシーンだと思った。
アイスランドの「馬馬と人間たち」という映画でも同じようなシーンがあった気がする。

部屋で熱燗でも呑みながら、ぬくぬくと見れば、ディカプリオたちの苦労が偲ばれ、より味わい深い鑑賞になると思います。
ミドル

ミドルの感想・評価

3.0
映像もリアルだし、演技もすごい。
生への執念を感じさせるが、特に最初の方は誰が何を言っているのか分かりづらく、のめり込むほどではなかった。
自分にはテーマが重すぎた…
oーzi

oーziの感想・評価

-
描写が本当にすごい。
一気に惹きつけられる。
正直レオナルド・ディカプリオの見方が変わったしトム・ハーディマジで役にハマりすぎでしょ。
siyi

siyiの感想・評価

-
2018/11/16 息が続く限り戦うのだ
グリズリーのところで度肝をぬかれたけど、それがスタートだった。伝説。
トム・ハーディってクレジット出たけど、信じない。
壮大、壮絶、迫力がすごすぎて、圧倒される。熊に襲われるシーンが、本当に起きたことを撮影したかのよう。
np

npの感想・評価

2.0
ただ男の人の復習の話なのに、なんでアカデミー賞なのかわからない、、、
そこそこ映画観て来たけど今まで見た映画の中でダントツ1位で熊と人間のバトルが迫力がある。熊と人間のバトルが描かれた映画初めて見たわけなんですけどもね。
>|