レヴェナント:蘇えりし者の作品情報・感想・評価

レヴェナント:蘇えりし者2015年製作の映画)

The Revenant

上映日:2016年04月22日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

仲間の裏切りで最愛の息子の命を奪われた男、ヒュー・グラス。激しい怒りを力に変え、奇跡的に死の淵から蘇える。復讐の執念のみを武器に、300キロに及ぶ容赦ないサバイルバルの旅が始まる。

「レヴェナント:蘇えりし者」に投稿された感想・評価

Mebaie

Mebaieの感想・評価

4.0
ちょっと長くてダレたけど、部屋暗くして見たら雰囲気出てとても良かった
聞いてはいたけど銃弾1発なんて熊にはなんてことないのね、恐ろしいわぁ
えーと、でも熊の床ドンは死ぬからな?!?!?!
友だちが「レヴェナント?ああ、その映画、僕がパペッターしてて馬の死体担当したから見てみて!」って教えてくれて、ええっすっごいな!って
主人公の生命力というか執念が凄まじかった。極寒の地でのサバイバルは本当に寒そうだったし細かいところまで表現されててリアリティがあった。クマと戦うところは迫力が凄かった。実話が元になってると知って驚いた。
楓

楓の感想・評価

-

広大な雪原にポツンと、痛みを覆ったヒト一人。なんか変な感じになった

サントラはもう、、、
月猫

月猫の感想・評価

3.9
難しい!けどいい作品!

ディカプリオ相変わらずいい役やるなぁ。。
トム・ハーディの汚い役が似合う似合う!!
Riku

Rikuの感想・評価

4.0
レオ様とトムハの演技に惹き込まれる
ほとんどセリフがないのに退屈しないって意味わかんない...
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.6
熊怖い、、、ほんとにゾッてしたし痛々しくて怖かった。自然も敵に見えるし味方が全然いないような状況。そこまで生きたいのかって思ったくらい生きることへの執着がすごい。セリフが少ないこの作品、表情とかで演技をするレオナルド・ディカプリオ凄すぎる。トム・ハーディもすごい良かった。最後の対決シーン好き。
この映画をみたら
人間の怖さ、自然の怖さを
ひしひしと感じる。(;-;)
1番すごいって思ったのは
馬で暖まるシーン。
出てくる時もすごいって思えた…
ディカプリオさんてやっぱりすごい。

このレビューはネタバレを含みます

撮影がすごすぎる。ずーっと綺麗な自然の映像がつづくから、ずっと観てられる。でも、ちょっと長いかも。2時間切るくらいの映画だったとしても、それはそれで良いんじゃないかな?とか思ったり。

レオナルド・デカプリオの身体の張り方がすごい。真冬に川に飛び込んだり、土に入れられたり、草食ったり、馬の体内で寝たり、デカプリオvs熊をやったり。特に、デカプリオvs熊はなかなか見応え。パンダやプーさん、パディントンとかで、「クマ=可愛い」っていうイメージが出来上がっているけれど、熊は熊だぞ、って改めて認識する映像だったな。

ウィル・ポールターが良い。『デトロイト』で無垢という悪を持った警官演じてて、役柄とか飛び越えて嫌いになった覚えがあるんだけど、上手な役者さんだなあ、と思った。
SHO

SHOの感想・評価

3.5
映画は観るものの原体験を喚起させる。そして未知の体験を想像させるカケラとなる。寒さ、肌をかすれる痛み、自分だけが生き残る心の痛み。五感にもろに訴えかける映画だった。
ディカプリオという俳優の集大成であり分岐点みたいな作品。
ディカプリオって若い頃は容姿端麗のジャンダーレスな美男子って感じな配役が多かったけど、歳がとるにつれて箔がついて配役もかなりバリエーションが増して言ってますよね。 そんな中で今作ののレオ様は文句の付け所がない演技でした。 もはや憑依しすぎてレオ様じゃなかった。

映画のカメラワークも独特で最期の戦いのシーンなんかすごい躍動感があって素晴らしいと思った。 内容に関しては、レオ様の復讐劇なんだけど単調なテーマだと思わせつつ、“ネイティブ”の少数民族が入り混じった事で深みがまし、レオ様の地の底に落ちた(死)からの生還をとげて、復讐の鬼になってゆく様は迫力がすごい。
>|