レヴェナント:蘇えりし者の作品情報・感想・評価・動画配信

レヴェナント:蘇えりし者2015年製作の映画)

The Revenant

上映日:2016年04月22日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

「レヴェナント:蘇えりし者」に投稿された感想・評価

レオナルド・狩りプリオしてたらレオナルド・熊プリオになり、レオナルド・死にプリオになったもののレオナルド・生きプリオして、一旦レオナルド・川プリオで流れて、レオナルド・蒸しプリオされて、レオナルド・馬プリオになり、レオナルド・ディカプリオになります。

壮大なスケール、俳優陣の演技力は圧巻です。
◎大自然の中を満身創痍でサバイバルしながら息子を殺害した男を追跡・復讐する話。主人公ディカプリオの生命力や治癒力が異様に高いので「ありえない…」となるが、それを差し引いても面白かった。画面の中で起きていることから目が離せない。

◎森のくまさんシーンは24インチモニタでなければもっと迫力があったはずだ。劇場で観なかったことが悔やまれる。動物繋がりで言えば馬の寝袋も相当なインパクトがある。

◎瀕死のディカプリオが這い回る姿に抱いた既視感はウルフ・オブ・ウォールストリートの薬物"レモン714"のせいだと気づき、極めて深刻な場面なのにそれを思い出して笑う。
猫背

猫背の感想・評価

3.5
こんなシンプルなストーリーで160分近くやるとは。寒いだとか痛いだとか、彼の生きている感覚を味わうには没入感が必要で、これは家の小さな画面でなく劇場で観たほうがよかった…。
ほんとに同じ地球かってくらい壮観で美しい。

2時間30分が一瞬で終わるくらい引き込まれた。やっぱ長回しいわいいね。目が離せなくなるし、美しい景色を写すのにも最高やと思う。

何よりもディカプリオが凄かった。序盤のセリフなしで表情と動きで魅せる演技には鳥肌がたった。

因果応報な世界観で、動物も含め命の大切さを考えさせられる。
ooO

ooOの感想・評価

4.0
強烈な物語と演技

復讐の場面が痛々しく、画面の外から左手を刺されるシーンでは、同時に自分の心臓が貫かれた

雪に覆われた景色が赤黒い血を強調すると同時に、その凍える空気は血腥さをかき消す効果をもたらしている(舞台がジャングルだったら凄く気持ち悪くなるだろうな)と感じた

要所で聳え立つ木々が映され、大自然の"生"と、その中では小さな存在でありながらも、力強い人間の"生"が描写され、ぼやけた我々の目を覚まさせてくれるようであった
m

mの感想・評価

3.0
景色がほぼ変わらないから、人間の中身と外見が浮き彫りになった。

頑張る人がバカを見る世の中だけど、それを超越した存在はちゃんとこちらを見てる。

強さってなんだろう?守るものがないこと?敵がいないこと?死を恐れないこと?
恐怖を知らないこと?
復讐心に燃えると無双モードになりがちだよね。ジョン・ウィックしかり。

白に赤が映えて良かったな。
nononoa

nononoaの感想・評価

3.2
主演男優賞納得の演技力。
ストーリー自体は好みではないけどとにかく迫力が凄かった。
撮影技術っていよいよこのレベルまで来たのかと思って観てたけどもう4年も前なんだな

温暖化と原住民と貧困に触れたディカプリオの受賞スピーチは有名だが、
この作品で受賞し、この作品の受賞スピーチで話したのかと思うとやはり凄い
aqmamo

aqmamoの感想・評価

3.2
冬の実景は美しいと思った。
自分はワイドの歪みが好きではないので多用していたサイジングはイマイチ…
演者の息で曇るのもそのままっていうのが新鮮だった。
Keisuke

Keisukeの感想・評価

3.5
クオリティは高いし、音楽も映像も見事だった。

実話ってことには驚くけども、西部開拓と冬景色がどうも一致しなくて、入り込めなかったかな。

なんか最近ディカプリオばっか観てるし、いつも病んでる演技してるけど大丈夫かな。
>|