レヴェナント:蘇えりし者の作品情報・感想・評価

レヴェナント:蘇えりし者2015年製作の映画)

The Revenant

上映日:2016年04月22日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

仲間の裏切りで最愛の息子の命を奪われた男、ヒュー・グラス。激しい怒りを力に変え、奇跡的に死の淵から蘇える。復讐の執念のみを武器に、300キロに及ぶ容赦ないサバイルバルの旅が始まる。

「レヴェナント:蘇えりし者」に投稿された感想・評価

寒そうな景色と燃え盛る復讐心とサバイバルが印象的

インディアンと、アメリカ人と、毛皮会社などの相関関係がわかりにくい
daichi

daichiの感想・評価

4.6
この映画は迫力ある場面がとても多く映画の中にのめり込んでしまいました。冬の雪化粧をした山々といった自然の映像美も魅力的でした。個人的に一番お気に入りのシーンは熊との戦闘でした。熊の恐ろしさを描ききり、あれが演技だとはとても思えませんでした。
飛行機の中で見た。ディカプリオの身体張り具合が凄い。復讐。赦すって本当難しい感情。
映画の内容を一言で言ってしまえば復讐劇だが、ディカプリオはほとんどセリフがなく、表情とジェスチャーだけで鬼気迫る演技をしていたと思うと、アカデミー賞ものだと思った。
shigege

shigegeの感想・評価

3.0
映画としてはそんなに評価しない。
ただ、この作品は、クマ!クマ怖い…それだけ。
映像は良い。
snoopan

snoopanの感想・評価

3.7
熊との死闘はとにかくすごい。
現実は当然知りませんが、
リアルと本能的に感じました。

復讐の道中は
人間ってここまでタフなのか?と疑問を抱きながらも、
復讐心がそれだけチカラを与えるものなのかと考えながら見れました。

見応えがある映画でした。
On3104

On3104の感想・評価

4.3
生存本能と人種問題と親子愛がメインテーマ

アメリカ西部開拓時代の歴史について鑑賞後に少し調べると、アメリカがフランスからルイジアナ州を買収した後の話で、ヒューグラスはミズーリ川沿いのノースダコタ州、サウスダコタ州辺りを開拓した探検家だそう。

この監督の映画は本当に綺麗で、独特な映像だから凄く惹かれる。
セリフがほぼ無く、終始静かな雰囲気、雪や川、動物の鳴き声の自然の音に囲まれて進行するストーリーがとても綺麗に感じた。

自分が一番グッときたシーンは、息子に寄り添いにいくディカプリオのところ。吐息でカメラが曇る映像が、何故かすごく心に残った。

少し長いけどオススメ作品です。
りゅう

りゅうの感想・評価

3.3
自分には向かない映画だったなー(笑)

ふつーのテレビのDVDだったのもある。

確かに素晴らしい映画で評価が高いのも理解できるけど大画面だからこその魅力(笑)

とてつもなく長く感じた。

ただ、熊とのシーンや最後の戦いのシーンは緊迫感があって良かった。

ディカプリオがただただ凄い。

洋画の素晴らしさと邦画では絶対にできない魅力が詰まっている映画。

でもテンポ良く観てて楽しい映画が好きな自分には少し大人過ぎる映画だった(笑)
見やすいわけではないですが、ディカプリオの演技力の高さ、ストーリー、歴史性などの点で非常に面白い映画でした。
TJ

TJの感想・評価

3.0
レオナルドディカプリオ迫真の演技。
テーマは生と復讐。物語的には…
>|