世界にひとつのプレイブックの作品情報・感想・評価・動画配信

世界にひとつのプレイブック2012年製作の映画)

Silver Linings Playbook

上映日:2013年02月22日

製作国:

上映時間:122分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「世界にひとつのプレイブック」に投稿された感想・評価

ReidShiba

ReidShibaの感想・評価

3.7
躁うつ病の様子が描かれていたがそこまで重苦しくなく見やすかった

パットには支えてくれる家族や友人がいて幸せ者だと思う☺️

支え合う存在がいるからこそ問題に向き合い、現状を打破していくことが出来る❗️

デニーロはやっぱ良い演技する
不器用だけど本当は息子のことを凄く気にかけているのがよく表現されていた

それぞれのキャラがいい味を出していてストーリーに厚みを出している

自分も「より高く」現状に満足せず、無理せず頑張ってみようと思った
yyyy

yyyyの感想・評価

3.5
浮気した妻がなんで被害者面なわけ?と思ってしまった。
あんな浮気シーン目の当たりにしたら、気が狂ってしまうのはわかる気がする。(そのあとボコボコにしたのは別として)
精神が不安定な主人公と、ヒロインの言い合いや家族とのトラブルを見るのは少し疲れてしまうが最後は収まるところに収まった感じ。
2人がダンスを通して安定していく様はよかったけど共感はできないし時系列がどのくらいかわからないけど夫を亡くしてすぐ気持ちが切り替わるのかなぁと思ったり。。
あとは勝手にもう少しロマンティックなダンスかと思っていたら本番そうでもなかった(笑)
友達役のダニーが1番良い脇役だった。
少し期待値が高すぎたかもしれない、、
じょー

じょーの感想・評価

4.2
奥さんの浮気が原因で心を病んだ男と、旦那と死別した女の話。

2人を中心にパンチのある人物が多く、テンポよくいろんなことが起きる。ラストのダンス大会のくだりはティファニー側に感情移入して涙ぐんで観たのだけど、そこからのあの着地点が◎だった。快作。
tomo

tomoの感想・評価

-
途中で1回寝て、続き見た。
個人的には全然ハマれなかったなー
感情のままにわーわーなる人、苦手やな。
私にはよく理解できないキャラクターばっかりだったけど、俳優さんみんな自然に演じててすごかった

唯一共感したところは一番最後のシーンの主人公のナレーション、そこだけ
話の作りは普通の恋愛ものなのだが、主人公もヒロインも精神を病んでいるので、それ故の騒動が馴染みのない自分としては新鮮でのめり込めた。

2人でランニングしたり、ダンスの練習したり…そういうことしてる辺りにはこの2人が身近に感じられた。

あと何気に父親役のデニーロも良かった
ナツメ

ナツメの感想・評価

1.2
記録。精神異常者の人が社交ダンスで社会復帰する話。見ててしんどくなった。一度見たことがあったことに気づいた。
Yosuke

Yosukeの感想・評価

3.2
メンタルに問題を抱えている男女と、その周りの人たちの話。展開は読めるのと、あまり感情移入が出来ないのとで、ただただ観てたら終わってしまった感じ。
控えめなクリス・タッカー。
よっぴ

よっぴの感想・評価

3.9
ロバートデニーロがさすがだった。
ジェニファーローレンスがスーパーかわいい。
じろ

じろの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

備忘録

おもしろかった!!最高でした

好きな俳優2人が主演
当時20歳とかでブラッドリークーパーとかロバートデニーロと渡り合ってるジェニファーローレンス凄すぎ。そりゃ主演女優賞取りますわ。ティファニーは何歳の設定なんやろ

病気から立ち直っていく2人はクレイジーで近所におったら最悪 笑
ダンス大会で5点で会場に哀れまれて嘲笑されてる中みんなが大喜びするシーン、爆笑しながら感動した。
ランニングでずっとティファニーに追いかけられてたパットがラストで追いかけるの好き
>|

あなたにおすすめの記事