パコと魔法の絵本の作品情報・感想・評価

「パコと魔法の絵本」に投稿された感想・評価

odasu

odasuの感想・評価

2.5
一人一人の個性が豊かすぎた。ストーリーのパンチ力もありすぎた。好みではない。これは、ガマ王子とオオヌキの心の変化が重なって優しさを兼ね備えた強さを見せてくれる映画ではなく、記憶が1日しか持たない少女パコに毎日初めてのふりをするという全員が全員優しい病院のみんなの毎日とちょっと特別な一日をただ描いただけの映画です。
吉岡

吉岡の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

馬鹿みたいに泣いて笑った。
幼少期にパコが可哀想で泣いた記憶があるけど、19歳児になった今は室町(妻夫木聡)で爆泣きした。

あと、記憶に残ってたエンディングと全然違ったから、幼き私は改変したらしい。
劇の翌日に全てを忘れたパコとおっさんが再び名乗り合うシーン無かったな。
なんだったんだ、あの記憶…
山盛

山盛の感想・評価

5.0
凄く好きな映画。

見るのが忙しいセットとキャストの印象的なキャラが大混雑してる。
可愛らしさ溢れるパコに心が温まる。

木村カエラさんの歌も凄くマッチしてる。
シゲオ

シゲオの感想・評価

2.0
 中島作品マラソン5本目。

 ひたすらアヤカ・ウィルソンがかわいい。彼女を愛でるための105分。
 真面目な話をすると、全てがしっちゃかめっちゃかだなと。一応はある程度の大人もターゲットにした作品だったようだが、各キャラを演じる俳優陣がとてもじゃないが演出が付いてないように感じられた。
 ディズニーの劣化版のような劇伴もヘンテコで、プロデューサーの求める要素全部入れましたよ、みたいなやっつけ仕事感が画面からにじみ出ている。

 作品には関係ないが、今まで原作ものを撮ってきた中島さんがオリジナルで、これまで出演した役者陣を使ってシャマランの『Glass』のようなやりたい放題の作品を作って欲しいと、これまで観た氏の作品を見て思った。
元々の舞台版が大好きなのだけど、お話の空気感はそのままに中島監督のカラフルでかわいいガマ王子VSザリガニ魔人を見せてもらえて最高でした。
アヤカ・ウィルソンかわいいー!
結局どれだけ画面をフィクションに仕上げても、根本的にガラパゴス邦画とやってる事はまるで変わらない。美術やらCGは嫌いじゃないんだけどキツい。
不思議な病院の中で、キャラの濃い人たちが織り成すドタバタ劇。
訳のわからない設定なのに、パコとオオヌキのやり取りは涙が出る。
みんなぶっ飛んでるのにそれぞれのエピソードはしんみり。
ガマ王子のお話は最後まで目が離せない。
話も良いが、カラフルな映像に元気が出る!
個人的には関西弁の人が好き。
パコ可愛すぎる~(*^O^*)

2013.07.15鑑賞
みる

みるの感想・評価

4.0
キャラクター、良き!!見てて創作意欲が湧くくらい濃ゆいキャラクターで映像も綺麗
これ…感動して…5回泣きます(私は)
BGM的な感じでとりあえずかけとくかと思い、見始めたが気づいたら最後まで見ていて、感動というおまけつき。アヤカウィルソン可愛い。

このレビューはネタバレを含みます

今思えば、闇のオタクの素養が高まった気がする映画。ハッピーハッピーハッピーからのウソだろやめろよやめてくれウソだろ、という展開。
ぴゅあぴゅあだった中学生の私は泣いた。めちゃ泣いた。友達が半笑いするくらいビヨビヨ泣いた展開だった。
当時あまりにも心揺さぶられすぎて、今みて感動できなかったら悲しすぎるので二度と見れない映画ですね
>|