パコと魔法の絵本の作品情報・感想・評価

「パコと魔法の絵本」に投稿された感想・評価

久し振りに再観賞しましたが、かわいらしい作品です。
個人的にこういったキラキラした作品は好きです。
下妻物語が好きだったので、上映当時映画館で観賞しました。
みんな濃く面白いですが、特に阿部サダヲのキャラクターが大好きでした。
パコ役の子役もかわいいです!
わた

わたの感想・評価

3.6
おもちゃ箱をひっくり返したように色彩豊かな世界で繰り広げられるのは、豪華キャストによる本気の学芸会。
序盤は独特のノリに置いていかれ気味だったけど、気付けばすっかりその世界観の虜になっていました。ラストは自分でもびっくりするくらいに泣いてしまった。
Eiley

Eileyの感想・評価

3.0
その名の通り、魔法の絵本みたいな世界観。役者が豪華だし、色彩もポップでかわいい!綺麗なごちゃごちゃ感が素敵。
いい話。
コイケ

コイケの感想・評価

4.0
とにかく色鮮やか。キラキラ派手で明るいけど、思いのほか最後はしんみりだったな。絵本の中に飛び込んだようなワクワク感を映画全体から感じられて楽しかった。
つよ

つよの感想・評価

3.0
ポップな映像で楽しめる。

色んなキャラが集まる病院での話。
ファンタジーすぎる。ファンタジーの中のファンタジー。最初は寒いなぁと思ってたけど最後は温かくなった。子供と一緒に観たい。絵本ってすばらしい。そしてここまで演出できるのもすごい。
苺猫

苺猫の感想・評価

3.5
アヤカウィルソンがとっても無邪気で可愛い。小道具も衣装もとても可愛い世界観。
小池栄子すごいんだわさ。好きだなー
ザン

ザンの感想・評価

3.3
原色。歌と踊りの中島ワールドを楽しむ。アヤカ・ウィルソンが名優たちと対等にわたりあってる様子が心地良し。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.8
my映画館2008#76> ストーリーはまんま愛と勇気と感動の、極めて絵本的なノリで・・・抑え気味に始まる前半はいわゆる掴みだよなぁと勝手に解釈してたら、実は巧みな前振りで、中盤からはハリウッドに負けず劣らずの、和の"だぁーく・ふぁんたじー"へと誘う。

特に終盤のアニメとの融合は、実に緻密に豪快に作られ・・・単純に面白く、かつ、いい感じにウェットもしました。

まぁ、確かにウザいギャグもあったし、個人的には最後の捻りは気に入らなかったけれども・・・中島監督の突き抜けた旺盛なサービス精神を提供する潔さに、恐れ入りました。

キャストでは、まずはアヤカ・ウィルソン・・・その愛らしい輝きが見事にハマり、大抜擢に納得。
役所広司もツボを押さえた大味な演技は流石で・・・小池栄子に國村隼に上川隆也のハジけっぷりにニヤリ。
m

mの感想・評価

4.5
絵本を読んでいるかのような感覚で観られるので、小さいときに観てから何度も見返しています。お気に入りの作品。
当時パコちゃんと同い年くらいだったので、より楽しめたのかも。今見ても勿論素敵だけれど、あの頃感じた魔法のなかにいるような臨場感のあるわくわくした気持ち、パコになりきったかのような感覚が懐かしい…。物語も観賞後に感じた想いも宝箱にそっとしまって大切にしたくなりました。子どもができたら観せたいな。
主題歌のmemoriesの歌詞も好き。🕊

追記:
下妻物語の監督さんが作られているのですね!おどろき… 邦画はあまり観ない中で、どちらもお気に入りの作品なので、知らないあいだに惹かれていたみたいです。
>|