黒いスーツを着た男の作品情報・感想・評価

「黒いスーツを着た男」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

修理工からスタートしたアル。
苦労に苦労を重ねてトップセールスマンに。
そして社長令嬢との結婚も決定し有頂天になっていた。

古くからの仕事仲間と遊んだ帰路、人をはねてしまう。
一度は車を止め、被害者に近づくが仲間に促されその場から逃げてしまう。

その一部始終を向かいのアパートから目撃したのがジュリエット。
すぐさま現場へ行き救急車を要請する。
心配なジュリエットは翌日、病院へ。
そこで被害者の妻ヴェラと会う。

事故が気になるアル。
被害者が気になり病院へ。
アルとすれ違ったジュリエット、彼が犯人だと確信するが・・・・・・


交差する三者のストーリー
苦労の末、手に入れた幸福を失いたくはないアル。
根は純粋で誠実。

そんなアルの人柄を理解したジュリエット。
パートナーとの関係がぎくしゃくしていることもあって、めんどくさい行動を起こしてしまう。

被害者と妻ヴェラはヨーロッパ最貧国モルドヴァからの移民。
移民といっても正規ではないから不法就労。
警察に行けない。当然告訴出来ない。病院の支払いも無理。
泣き寝入りするしか・・・・・・

事件の当事者でないジュリエットが事件を勝手に複雑にして、勝手に困ってるだけの物語。
結局アルは自滅して、ヴェラはいくらか救われて終わるけど消化不良なままで終わってしまった。
土曜サスペンスでも無いわー、という脚本。

まぁ、アラン・ドロンの再来と云われるラファエル・ベルソナーズで一本作りたかったんだろうと。
アラン・ドロンの再来って、何人もいますよね。
クロティルド・エスムの方が良かったけどね。
貧ぬーで(笑)。
タイトルにひねりを入れて興味を持たせるのには成功している。
一方で内容は一点集中すぎて他に何も起こらない
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
目撃者との関係が男女の情愛中心に展開していくと思っていたら、周囲の人間描写もたっぷり…。轢き逃げ犯の真っ当な変容が心に沁みるほど描かれていて良かった。ただね、美形ラファエル・ペルソナスあっての話とは思う。
lalaco

lalacoの感想・評価

3.3
ひき逃げの目撃者とひき逃げ犯。ああなるかなあ。顔がいいとああいうことになるのかなあ。
チョッとみんなの気持ちが理解できなかった。
Cattleya

Cattleyaの感想・評価

3.0
複雑~
アランたちの行動でもっと複雑に……

途中から社長がズートピアのナマケモノにしか見えなくなってしまった😅
月

月の感想・評価

1.6
水曜日の夜10時、ベッドに寝そべって鑑賞。

社長令嬢との結婚を目前に控えたアルは、深夜、男性をひき逃げしてしまう。その一部始終を見ていたジュリエットは病院で昏睡状態になった男の妻・ヴェラに出会う。一方、病院を訪れたアルの後ろ姿を見たジュリエットは、彼が犯人だと確信し……。
「アラン・ドロンの再来」と称されるラファエル・ペルソナーズ主演のサスペンス・ドラマ。

ふつーにふつーだった
終始何も起こらない。人間の弱さを描いたリアルな描写としては興味深いかもしれない……のだけれど、なんだこいつ!の連続で感情移入できなかった……ショートフィルムにありそうな雰囲気。ただ何がすごいってラファエル・ペルソナーズくんの顔が本当に良いので、眺めているだけで100分頑張れる。まああとは遺族の掘り下げ少なくない?唯一感情移入すべきとこなのにむちゃくちゃふわっとしてるせいでこれまた全く……🤮🤮🤮

おフランスだな〜笑笑ちょっと感覚ズレてるけどまああんだけ顔が良かったら仕方ないか!惚れちゃうよな!いてくれって言われたらいちゃう!カーセックスもしちゃう!!ひき逃げ犯だけど関係ないよな😉!なわけあるか

いや〜、人助けだと思ってるかもしれないけれど誰の気持ちも考えられてないぞ……驚くほど嫌いなタイプの偽善者だったな……

8000ユーロ

2万ユーロ

「誰も人には代われない
死は他人には代われない」
scheelite

scheeliteの感想・評価

4.5
"Mourir, c'est ce que je suis seul à pouvoir faire pour moi, que je (ne) peux échanger avec personne. C'est ma solitude, à finitude."
.
.
.
「死は唯一、誰に代わることもできない」というハイデガーの言葉が印象に残る。

とってつけたような邦題がただただ残念。
ひき逃げ事故を目撃したジュリエット。
何故かこの事件に引き寄せられて、犯人と接触し関係をもつのですが…

ジュリエットの彼氏の言う通りなんですが、勝手に首を突っ込んで傷くジュリエットの行動が謎。ひき逃げをしたアルも救いようがない。

終始重たい雰囲気で抑揚がないのはフランス映画っぽい。
運転には気を付けます。
ひかる

ひかるの感想・評価

2.3
設定はリアリティがあってよかった。
展開がエェ?すぎてエェ????
ラファエル・ペルソナの顔面が良いから疲れた時にそっと眺めたい。
anguish

anguishの感想・評価

1.4
☆自動車ディーラーのアル(アラン)は玉の輿で10日後に結婚を控えていた矢先、同僚2人と浮かれて運転中に男性を轢き逃げする、ジュリエットはその光景を目撃した…

コンセプトはよく最初こそ「リアリティが凄い!」「お勧めされていただけある!」と…ないわ~ないわ~ないわ~の連続で後半グダグダ主要人物ほぼクズ!主人公であり加害者アルの最初の行動がないわ~からの目撃者のジュリエットが最初は親切な人ぐらいだったがガンガン首を突っ込で自らも傷つき有り得ない行動の連続。運転する人は観て欲しいって言いたかったのに…

「事故は全てを狂わし不幸にする」を表現出来ていない不幸な作品、ある意味観て欲しい。

20201004
>|

あなたにおすすめの記事