パトリオット・デイのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

この事件すごい覚えてる。
リアルな映像も流れてるから緊迫感とパニック感が伝わってきてハラハラした。
2時間あっという間。

当時ニュースで見た記憶はゴール地点で爆発があったっていうとこだけだったけど、犯人と銃撃戦になったことまで知らなかったから衝撃でしかなかった。

あの中国人男性逃げたの本当すごい。
彼が逃げ出してなかったらもっと被害が増えてたかも知れないし。
憎悪がテロっていう発想になっちゃうことが理解できなすぎて車で逃走中の兄弟にまじイライラした。

お年を召した警察官、終始冷静で犯人と揉み合って目グリグリやられたとき心の中でやめて〜やめてーと叫んでいた。
死傷者がいっぱいでた悲しい実話だけど最後はボストンの団結力を感じれた作品だった。
2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件を描いた作品とは知らずに視聴。

最後まで見て、タイトルの「パトリオット・デイ」(愛国者の日)の意味を理解し、実際にあった事件なのだと知りました。

多くの人を巻き込み、多くの人の人生を変えてしまう事件でしたが、「ボストンよ、強くあれ」の言葉に象徴されるように、たとえ傷ついてもそこから立ち上がれたその強さこそが愛の力なのだと思いました。

終盤のセリフ、とても素晴らしかったです!

「悪魔が襲ってきたら反撃する武器は1つしかない。愛です。悪魔に愛は奪えない。」

「愛の力で戦うんです。そうしたら悪に負けたりしない。」
2021.5.15メ~テレシネマ。2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の事件発生からわずか102時間で犯人逮捕に至った顛末を描いた映画。事件のニュースを全然知らずにいた。タイトルの「パトリオット・デイ」(愛国者の日)とは、アメリカ合衆国のマサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州の3州において4月の第3月曜日に制定されている祝日で、毎年ボストンマラソンが開催される日とのこと。ラストの被害者のひとりのパトリック・ダウンズさんの「被害者ではなく平和の大使と考えることだ」という言葉や義足でマラソンに参加しゴールした姿が心に残った。
2013年のボストンマラソン中のテロ事件をもとに描かれた実話。

なんとなく見始めたけど
最後まで目が離せない展開だった。
実話だけに凄く考えさせられた。

途中本当の映像も使ったりしてて
リアルに事件が伝わってきた。

犯人捕まえたときの警察、FBI、ボストン市民の気持ちは壮大だろうな。

憎悪を愛で制す。

感動した。
2013年ボストンマラソンで起きたテロ事件、の犯人逮捕までの4日間を描いた作品。テロが起きたときのニュース映像なども挿入されて、臨場感あふれる場面が多数。
それにしても、逮捕までの経過を知らなかったので、こんな銃撃戦が起きていたのね…!!と。良くも悪くもアメリカ!アメリカ万歳!な映画でした。
こうやって共通の敵を持たないと団結できないのか、アメリカよ…!!二度とこんな辛い思いをする人たちが現れないよう、平和な生活が送れるよう願うばかり。
ボストンマラソンテロのお話……エンドロールのご本人のお話や映像でグッときたし人間の強さを感じたがやっぱり亡くなった4人のお写真が流れた時にはもう本当に…8歳の男の子はしんどい……彼の写真出た瞬間涙止まらなかった8歳って……。死体を動かしちゃいけないからずっと側にいた警察官の方も…絶対許されない。お偉いさん役のベーコンもとても良かったし、監視カメラの映像で犯人探すシーン凄く見応えがあったし、所々実際の音声を使ったりしていたのかな、アジア人の青年がコンビニに逃げ込んで「警察に電話して!」って言ってるシーンが本人の声なのかな!?と思ったけど気のせいかな。ラナコンドルちゃんがいらっしゃった〜〜〜♡
テレビの予約欄で目に入り、前情報なしで吹き替えの録画鑑賞。

世界で最も長く続く大会であるボストンマラソンで2013年に実際に起きた爆弾テロの映画。

それぞれの日常とボストンマラソンが行われるシーンから始まる。
マラソンの途中で起きた爆発で負傷する人々。
実際に起きたテロによる映像も時折挟まれて傷口や状況が生々しく当時の人々の悲しさが伝わる。

その中でもお互いに下肢切断を余儀なくされたカップルがとても印象的だった。

〝君たちを忘れない〟
〝この国は決して光を失わない〟
〝どっちが先に走れるかね〟

ラストに語られる本人たちの当時と今の言葉はとても重みがあって理不尽に奪われた自由をどう捉えるのか当時の事件とともに考えることができました。
途中途中に実際の映像挟んでくるから映画なのにこっちの衝撃半端ない!

てか、警察のおじいちゃん最強過ぎだろ笑
捕まえた後のタバコやめなきゃも最高。
そこが、一番好き。

実際に起こってる話だから被害者の方には余計に感情移入するし、犯人そんなやべーやつだったのかと改めて再認識。

いやー、テロって酷すぎるわー
実話系は淡々と観る時もあるんだけど、これはずっとハラハラしながら観てた。
後半の主人公の語りのとこで、離れ離れになった色んな家族がやっとの思いで再開するシーンを併せてきたのは、とても良き演出だと思いました。
あと少年の遺体がある現場に何時間も居て現場保持してくれた警官が印象に残ってる。
あのテロ事件の犯人逮捕の裏側が、こんな事になってるとは知りませんでした。まさしく映画みたいな実話です。

伝えたいのは、「ボストンよ 強くあれ」なんですね。逮捕劇にも、市民の行動を描き、全員が一丸になって感を出してました。

最後の実際の被害者始め、ボストン市民を写したシーン、特に義足でマラソンをゴールした所は泣けました。
>|