パトリオット・デイのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

実在の事件を題材に監視カメラの映像などは実際の映像を使っていて臨場感がある。数年前にあった出来事でフィクションではないことがひしひしと伝わる。スピーディな展開なのに犯人逮捕までの話が丁寧なのがいい。そしてなによりエンドロールに実際の人物、映像を用いて尺を取ってるのがとっっても良かった!脚を失った夫婦のマラソンゴールシーンはずるい。誰でも泣いてしまう。マークウォルバーグとピーターバーグのコンビはローンサバイバーでも泣かされてるから2度目。Mile22も観たい。
2013年4月15日。毎年4月の第3月曜日「パトリオット・デイ」(愛国者の日)に開催されるボストンマラソンの最中に、爆弾テロ事件が発生する。会場の警備にあたっていたボストン市警察殺人課刑事のトミー・サンダースは、爆発の直後から必死に警察無線で状況を報告しながら、仲間と共に救護活動を行う。
やがて、FBIの指揮で捜査が始まり、FBI特別捜査官のリック・デローリエは事件をテロと断定。ボストン警察との合同捜査の末、監視カメラに映っていた「黒い帽子」と「白い帽子」の2人の男が容疑者として浮かび上がる。犯人に対し激しい怒りを抱えるトミーは、すぐに2人の顔写真を公表すべきと主張するが、決定的な証拠を得られないことからリックは公表を許可せず、市民からの情報を募る。
ところが、民間の調査機関や報道機関などが全くの別人を犯人とした情報を流し始め、混乱が拡大したことから、リックは「黒い帽子」と「白い帽子」ことタメルラン・ツァルナエフとジョハル・ツァルナエフの顔写真を公開する。テレビで自分たちの情報が報道されていると知ったタメルランは、ジョハルを連れて自宅を去り、さらなるテロを行うためニューヨークへ向かおうとする。
タメルランは「自分も銃が欲しい」とぼやくジョハルに「自分で奪え」と命じ、マサチューセッツ工科大学の警備に当たっていた警察官ショーン・コリアー巡査を射殺するが、ホルスターから拳銃を抜けず手惑っているところで通行人に見つかったため逃走。さらに、足がつかないよう車を交換することを考えたツァルナエフ兄弟は、路上駐車していたメルセデス・ベンツのSUVに目をつけ、所有者の中国人ダン・マンを脅して車を乗っ取り、彼を人質にする。途中、ATMでダンの口座から現金を下ろし、ガソリンスタンドに立ち寄るも、その際ダンは勇気を振り絞り、一瞬の隙を突いて脱出する。ガソリンスタンドの店内へ駆け込んだダンは、店員に事情を話し警察へ通報する。
ダンからの通報を得た警察は、盗まれた車の捜索を開始する。ウォータータウンにて、停車中の不審なSUVを見つけた1台のパトカーが確認のため近づくと、拳銃を手に車外へ出てきたタメルランがいきなり発砲。続々と応援のパトカーが駆け付け、住宅街で銃撃戦が始まる。警官達は拳銃やアサルトライフル等を使い応戦するものの、ジョハルも兄に続き手作りの手榴弾を投げて抵抗、多くの警察官が負傷する。ベテラン警官のジェフによる咄嗟の機転で足を撃たれたタメルランは、警官たちとの取っ組み合いの末、近隣住民から提供された斧で殴られ捕獲される。だが、兄からニューヨークへ向かうよう指示を受けたジョハルは、盗んだSUVに乗り警官隊の弾幕を突っ切って逃走する。トミーら警官隊が追いついた時には、既にSUVは乗り捨てられており、ジョハルは徒歩で逃げ果せた後だった。
翌日、ボストン広域に戒厳令に近い外出禁止令が出され、周辺地域の警察・FBI・SWATなどが出動し、各家庭を1軒ずつ虱潰しに捜索するローラー作戦を展開。すると、ある家の主人がシートで覆った庭のボートの異変に気付き、「容疑者が隠れているかもしれない」と警察へ通報。すぐに大勢の武装した警察官が駆け付け、ボートは包囲される。スタングレネードを用いて威嚇を行い投降を促すと、ボートの中からジョハルが現れた。容疑者逮捕のニュースが流れると、大勢の市民が街道へ繰り出し、警察車両の列を称え歓喜する。
事件後、ボストン市民とアメリカ国民は「ボストン・ストロング(Boston Strong)」を合言葉に団結し、テロに屈しない姿勢を表明。エンドロールの前には、事件当時の負傷者や警察ら関係者のインタビューが、事件に関する実際の写真や映像を交えつつ流れる。その中には、2016年に開催された第120回ボストンマラソンで、3年前の事件で失った左脚に義足を装着して参加したパトリック・ダウネスがゴールする実際の映像もあった。同じく両足に義足を装着して待っていた妻ジェシカ・ケンスキーの元に辿り着き、熱い抱擁を交わすシーンはテレビ中継され、会場では大きな拍手と歓声が起こる。
一連の事件における被害者側の死亡者4名への追悼文が表示され、エンドロール。
あんまり主人公っぽい人もいなくて、いろんな人の目線からテロの事件の様子を見ることができた。
実話を元にしてるっていうのもあるけど、主人公がいないから余計にドキュメンタリー感があった。

日本に住んでてテロなんて正直フィクションの世界のものだし、実際どんなことが起こってるのかあんま想像も出来なかったからそう思うと犯人とFBI、警察の追走劇は面白くて勉強になった。また、前半で一般の人々の生活の様子とかも見れたからより現実味を感じた。

映画のラストに実際に事件に関わった人達のコメントがあったのがちょっと生々しくぞくっとした。

でもやっぱ入り込みづらくて、客観的に観てしまっていた感はあったかも、。
ボストンマラソン爆発テロ事件。
パッケージを見て鑑賞しました。
まさかあの事件を題材にした作品
とは知らずにレンタルしました。
冒頭からすぐに『ん?もしかして』
と思いました。
ブラウン管越しでの大きなニュース
でしたが、多少の脚色はあるとは
思いますが、事件の裏側でこんなにも
勇敢に立ち向かい闘い続けた
ニュースでは知り得れなかった
事実に驚愕しました。
普通のアクションと違うのは、
事実であるからこそ上手くいかずに
奮闘する正義を持つ人達は勇者
そのものだと思いました。
多くの犠牲の下に闘い続けた多くの
人々を忘れない為に・・・。
この作品は素晴らしいと思います。
『ボストンよ強くあれ』
ラストの本人映像に涙でした。
冒頭のシーンから登場人物出る度に時間が表示されてたから、
テロとか事件系映画なんだろうなぁ…。と思っていたけれど。

もっと早くに逮捕出来なかったのかなぁとか。
ベンツが丈夫だなぁとか。

人の思いを加速させるのは悪意だけど、悪意は人を強くしたりもする。
実話ベース。映像も話もどこまでが本当かわからないけど、緊迫感のある映画だった。そしてアメリカらしい映画。
一人ひとりのエピソードが簡潔にだけど入っているので、序盤はちょっと長く感じた。
あれだけの人数の中で、犯人の断定があんなに早くできるなんてすごい。
追跡劇としては、犯人がバカすぎてあっけない終わり方だった。ちょっと尻すぼみ。
亡くなった子供の遺体のそばで立っていた警察官の敬礼が一番泣けてきた。
2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロを題材にした作品。

地元警察とFBIとの捜査の指揮権の奪い合い。
捜査視点と犯人視点、そして被害者視点と色々な角度から各人の動きを追う。

テロシーンのカメラワークはバンテージ・ポイントを思い浮かべた。

ノンフィクションではあるが、但し今回ウォール・バーグ演じるトミーは架空の人物である。

最後までテンポ良く進むが個人的にはそれで終わってほしかった。
実際の人物が出てくるパターンには食傷気味の最近のノンフィクション映画である。
今まで感情移入していたのに、一気に冷める。

実際のところはどうだったのか解らないが、アメリカ捜査当局はこんなにすごいんだぜぇと伝えてほしいとでも依頼があったのだろうか・・・。

人はいつ亡くなるかわからない。
今そこにいた人が存在しなくなる。
だから一瞬、この一瞬を大切に生きなければいけない。
爆破犯との銃撃戦は凄かった。
組織的なテロではなかったのね。
実際の話なので、途中もその時の映像が度々流れていた。
今日はマラソン頑張るぞって、マラソン応援しようって、普通の日にみんななると思っていたのに。
本当に爆発が起こるまですごい悪い意味でドキドキしてしまって、爆発があってからはずっと心臓がぎゅっとなるかんじ。
被害者やその現場にいた人の事を思うと、映画中苦しかった。
マーク・ウォールバーグの現場を思い出して泣くシーンは、こっちも泣いてしまうほど伝わってきた。
犯人が特定されるまでとか、本当に警察やFBIってすごいなと…なんだか24を思い出した。
ちょこちょこ出てくる中国人や、若めの恋する警察官はなんなんやろって思っていたらまさかの事件に巻き込まれるという。
警察官にいたっては殺されてしまった…まじか…。
中国人が逃げ出せたのは本当にすごい。
早く逃げろ逃げろ!って呪文のように唱えてしまった。
警察と犯人達の銃撃戦はリアルで、爆弾に気をつけてくれと願いながら見てた。
おじいちゃんの目が潰されなくて良かった。
犯人が捕まって、野球場での実際の映像がすごい心に残っている。
オルティーズ選手の「ここは我々の街だ。誰にも邪魔させない。」っていうスピーチがとても印象的。
最後は実際の被害者の人達や、警察官、FBIの人達の映像。
夫婦で片足ずつ失い、2人でボストンのマラソンを完走してゴールした後2人で抱き合うシーンは本当に感動的で涙がとまらなかった。
この辛い事件現場でどんな気持ちで走ってたかと思うと、2人の強さに泣かずにはいられなかったなー。
いつもヒーローものが好きでよく見ているけど、現実ではヒーローがかけつけて助けてくれるわけでもないしテロはいきなり起こると思うと怖い。
スーパーパワーを持つヒーローはいないけど、ボストンの人達の強さがしっかり描かれているこの映画は見るべきものだと思う。
そして、ケヴィン・ベーコン大好きなうちはさらに見てよかったと思った。
FBIのベーコン様は渋くて素敵でした。
こういうある1つの事件に焦点を当てて登場人物の視点が変わる作品好き
マラソン大会が一気にテロの現場へと変わるシーンは身が凍った
住宅地での銃撃戦も、外出禁止も映画の話ではなくて現実であった事なんだと自覚するのに時間がかかった
登場人物は皆勇敢で、素晴らしい人たちだと思った
テロがこれ以上起こることがない事を願う
>|