パトリオット・デイのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

テロの事実もさることながら、その後の犯人逮捕劇が(犠牲者もいるので不謹慎だし、かなり語弊のある言い方だけど)もの凄くドラマティックかつエキサイティングで興奮してしまってスミマセン状態。

つべってDIYできちゃうボムの殺傷能力は勿論、「テロしてみた」的カジュアルさで凶行に及んでしまったアルカイダワナビーの存在にもゾッとする。

ラストのボストン万歳はやや余計な事しやがって感はあったけど、対テロの姿勢としてもナショナリズムに傾倒し過ぎる事なくフラットで好感度高い。ただ起きた事をそのまま記録したというか。

苦悩するベーコンもカリッとしててとっても美味しュゥございました。
2013年に起きた「ボストンマラソン爆弾テロ事件」を題材とした作品。

またウォールバーグか、って思っちゃいました。
好きな俳優ですけど、実話を基にした主人公のウォールバーグ率が自分の中ですごくて。
それだけ任されやすい俳優ってことですよね。

この事件は当時リアルタイムで動画をネットで見たのを覚えています。
こういった事件は大々的に取り上げるけど、どう終息したのかは事細かにニュースでしてくれないので、この作品はとても参考になりました。

犠牲者から犯人まで、色々なドラマが詰まった内容。
犯人側にどんな事情や信念があろうと、無差別的なテロを起こす心理は理解のしようがありませんが。
犯人に人質に取られた中国人の彼の演技が上手くて、本当に人質に取られているような気持ちでみたので緊張感が高まってストーリーに入り込むことができた。
実際のニュース映像、防犯カメラ、携帯の録画映像などを使っていてとても緊迫感があった。
実際に起こった事件にしかできない表現の良さが出ていた。

テロの怖さを改めて痛感
ポスターからダイハードみたいなアクション映画だと思ったら、シビアな実話をベースにした映画で面食らう。でも、ダイハード3には近かったかも。

テロや捜査の場面に緊張感とリアリティがあって、アクションシーンも良く出来ていて、サスペンス映画として間違いなくおもしろい。
が、タカ派的なノリがそこかしこに顔を出してくるのが非常に引っかかった。
気持ちは分からないではないが、犯人を悪魔と称してバッサリ切り捨ててしまうあたりは、ブッシュ大統領の「悪の枢軸」発言を思い起こさせる。
ジョン・グッドマンが「写真を公開しろ!」と迫り、主人公もそれに乗っかるのは結果オーライだったけど、間違ってたらどうすんのよとザワッとした。全然グッドマンじゃないよ。
(「サバイバー:宿命の大統領」はこの辺のバランスが取れていた)

最後は主人公が「悪魔に愛で勝った」ってKANみたいなこと言ってて、困難にあった時の心のありようの話をしてるんだろうけど、それにしても最後の方で犯人を追い詰める警察の物量が冗談みたいに凄くて、結局は圧倒的な武力で勝ってるよなという気にさせられる。

この手の映画によくあるやつで、エピローグに実際の人々の映像が流れるけど、これがまあ長尺で、「奇跡体験!アンビリバボー」みたいになって一気に萎えた。
DVDの特典映像とかだったら、こんな気持ちにはならなかったのに。
また、普通の映画だったら事実と違っても、映画と事実は別モノとして観れるんだけど、実際の映像が妙に長いせいで、事実と脚色の距離が気になってくる。
主人公が重要な場面に常にいてキーパーソンになっててリアリティがないとか、
中国人の重要なキャラがステレオタイプなメガネのパソコンオタクとか、
犯人の実像はよく分かってないのに、過剰にボンクラに描かれてるとか。
特に犯人の弟の方は劇中では甚だしいバカだけど、実際は医者を目指して有名大学に進学したインテリだったみたいだし。

ラストはボストン市民の団結の物語として感動的に締められるが、この事件でアメリカの保守派が増長して、トランプ大統領にも繋がったであろうことを鑑みると、とても複雑な気持ちにさせられる。

「ボーリング・フォー・コロンバイン」と「ビッグ・シック」を合わせて観ると、なんとなくバランスが取れそうな気がする。
学生の頃、現地を見に行ったことありますが、本当にどこにでもある通りの一角でした。
ここで、こんな悲惨な事件が起きたとは想像もつきません。


世界的衝撃事件になったからこそ、実際の映像を使用しながらの映像は、衝撃的な作品であると思います。
未然に防ぐことができない大事件が発生した場合に人はどう向き合い、どう立ち直り、どう歩いていくか。
この映画はその未曾有の危機からそれを表現してくれている。
主人公が自分達夫婦に子供が出来ないことを同僚に打ち明けるシーンはまさにそれを表している。
爆弾テロでなくても人は戦わなければならない時がやってくる。
主人公の夫婦は子供が出来ないことに対して、ボストンは爆弾テロに対して。
困難と戦うことで向き合い、乗り越え、体験しなければ気づけなかった未来へ進む。
最後に爆弾テロで片足を失った男性が、快復したあとに義足でまたボストンマラソンに参加し、完走して奥さんと抱き合うシーンは言葉にならない、それを乗り越えた、あるいは乗り越えようとした人にしか分からない境地だろう。
素晴らしい映画でした。
記憶にも新しい、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした作品。

その残虐さと、警察やFBIの奮闘ぶり、犯人らの蛮行が描かれている。

ただ何故だかは判然としないが、それだけの映画という印象。

驚かされる真実や、ワクワクドキドキ、感動的なドラマなど、引き込まれるような映画の醍醐味というものをあまり感じられなかった。

テロリストとの銃撃戦のシーンはかなり緊張感がある。
最後に、爆発で片脚を失った男性が義足でボストンマラソンを完走するシーンが感動的。
実話に基づいた映画。ただ犯人の動機が全く分からなかった。そういう意味ではやや不完全燃焼でスッキリしない。実話だからなのかな。
>|