パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マット・チャーマン
    エリック・ジョンソン
    ジョッシュ・ゼッツマー
    キャスト
    マーク・ウォールバーグ
    ジョン・グッドマン
    ミシェル・モナハン
    J・K・シモンズ
    ケヴィン・ベーコン
    エリカ・マクダーモット
    ヴィンセント・カラトーラ
    ジェームズ・コルビー
    メリッサ・ブノワ
    あらすじ
    2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

    「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

    2013年に起きたボストンマラソンテロ事件。当時中学生だった私はニュースで流れる実際の映像を目の当たりにし、衝撃を受けたのを今でも覚えている。世界中でテロが頻発している中、風化させないためにも観るべき映画だと言えるだろう。しかし、鑑賞してみて一つの疑問が生まれた。何故彼らは凄惨な事件を起こしたのか、何故彼らには他の選択肢がなかったのか。この映画のテーマは「愛は悪に勝つ」であるが、本当に彼らは悪であったのだろうか。

    この映画はボストン市民や警察、FBIからの視点からしか語られない。鑑賞後に「テロリズムは、テロリストは悪」と感じた人も多いだろう。しかし本質はそこではないと私は思う。テロリストを生み出してしまうこの社会に、人々に問題があり、差別や偏見、貧困からテロリストは生み出されるのだ。ボストンマラソンテロにおける犯人である兄弟を擁護するつもりは全く無いが、私たちは彼らを悪と決めつける前に何故テロが起きてしまったのかを考え、犠牲者や被害者のためにも変えていく必要があるだろう。

    「愛は悪に勝つ」というテーマはテロリズム事件を扱うには単純すぎるのではないか、美談となってはいないか。この映画でいう"善"側からだけでは人々をナショナリズムに傾倒させてしまうだろう。(題名からわかるだろ!そういうメッセージがこめられているんだ!と言われてしまえばそれまでだが)

    また本作パンフレット内のエッセイでこの件に関して解説してくださっているので、是非一読してみて欲しい。
    実話でシリアスなのはアルゴ以来。あちらは死者が出てないけど今回は死者が出てるし自分もニュースでリアルタイムで観た最近の出来事だけに非常にハラハラしたしとても悲しかった。
    序盤、爆発までの関係者が
    悲しく、辛い映画です。
    テロ、、本当に許されない行為だと思う。
    だけど、、犯人の奥さんが シリアではもっと多くの罪のない人たちが殺されている、、と言った言葉が頭から離れません。
    だからと言ってテロを起こしてはいけない、それでは同じこと。
    結局はテロを起こした根底にはアメリカを憎む戦争があるってこと。
    どうして戦争なんてするんだろう。
    人を殺せば罪に問われるのに戦争であれば合法?。
    途中から涙が止まらなかった。
    途中途中、本当の映像が入れ込んであって、その都度これは実際にあったことなんだと認識させられた。
    ボストンマラソンでのテロのことは知ってだけど犯人がどうやって捕まったのかとか知らなかった。あの銃撃戦や爆弾のとこは本当だったのかな、、?
    これがフィクションなら わーすごい!って楽観視できるけど。最後にテロで犠牲になった人たちのインタビューもみんな前向きで立派だった。
    私が同じ立場になったらそんなに強く生きていけるかな、、。

    あー、、。これだから戦争映画も嫌いなのよ💧💧

    俳優陣たちも素晴らしい演技でよかったんだけど、、。

    まだ記憶に新しいボストンマラソンでの爆弾テロ
    ニュースで映像が流れる度に見ていたのに
    いつの間にか過去の出来事として忘れかけていた
    当時の映像が織り込まれリアリティが半端ない
    自分もその場にいるかのような臨場感
    ずっと続く緊迫感で動悸が治まらなかった

    FBIと地元警察の協力
    そして市民の協力も大きな力になり
    事件発生から102時間で犯人逮捕

    事件解決の裏で起きた事も
    この映画を観なければ知らないままだった

    ケヴィン・ベーコンほんと渋かった
    もう少し出番ほしかったなぁ~
    映画を見ていてこんなに恐いと思ったのは初めてだった。

    ボストンマラソンの爆破テロについては、ニュースでチラッと見た程度にしか知らなかった。
    実際の事件の写真や映像が流れるから、リアルで自分もその空間にいるような感覚になる。
    中国人が脅されて犯人と一緒に車に乗っている間、逃げようとする瞬間の緊迫感が自分にも移って本当に恐怖だった。

    個人的にFBIの捜査に興奮した!
    FBIが倉庫を貸し切って捜査本部を作って、大規模な捜査をするシーンが今まで見たこともない規模ですごかった!
    倉庫の中に爆破現場を再現して実際に落ちていた物を並べて、それを見ながら土地勘のある地元警察が監視カメラに映った犯人がどんなルートを歩いたか推測して見つける。FBIと警察って勝手に対立してるイメージがあったけど、協力して早期解決に繋がって、警察とFBIの正義感と強さが見られた。

    最後に実際に捜査した警察と被害者の映像が流れるんだけど、片足を失った人がリハビリしてまたボストンマラソンを走るところで感動。
    人の愛と気持ちの強さを実感できる映画だった。
    2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件を題材にした作品。祝日当日、マラソンのゴール付近の警備を担当した主人公は爆発発生後、必死の救護活動を行う。やがて彼はFBIと協力して犯人と思しき2人組を特定するのだが…という話。先月観た「バーニングオーシャン」と同じ監督と主演コンビの映画。

    バーニングオーシャンと同じく事件が発生するまでの時間で登場人物と彼らの関係性をテキパキと観客に伝える流れが本当に無駄がなくて見事。そして爆発発生時の凄惨な事故現場と犠牲の大きさに愕然とする警官や家族の姿の描写がリアルで見入ってしまう。また、FBIの最先端の捜査スキルと、ベテラン警官の経験に基づくカンが合わさって犯人を特定するシーンは鳥肌が立った。
    まあ、そこまでは最高潮で引き込まれたのだが、実話ベースだけに犯人の行動が迂闊で知性のかけらも無いためそこからはお話としては盛り上がりに欠けるし、終盤は完全にアメリカさん側正義な主張になるので少し冷めてしまった。
    だが、市街地での銃撃戦は地味ながらも迫力があったし、愚直なまでに自らの責務を全うしようとする警官たちの頑張りには頭が下がる思いがした。あと、アメリカはテロリストやその家族には権利すら認めず容赦のない捜査を行うので恐怖すら覚えた。
    ラストに事件に関わった実在の人物たちの映像が流れるのだが、役者さんたちがいかに本人に容貌まで寄せて演じていたかがわかる。
    見応えたっぷり。
    あっ!という間に上映終了。
    自分の中で金曜ロードショー俳優だったケヴィン・ベーコンがあんなに渋くなっていてビックリ。結局、あんまり好きじゃないけど。主役のマーク・ウォールバーグはバーニングオーシャンに続き、また実話物。

    捜査のために事件現場を再現するのも、犯人が捕まるまでみんな自宅待機の戒厳令にもビックリ!

    衝撃だったのは、犯人が26歳と19歳の若者だったこと(年齢はネットで調べた)。巨大テロ組織の組員ではなく、狂信者だったみたいであるが、自分の中で大きな疑問も。何故、あんな壮絶な銃撃戦を繰り広げられたのか?特別な訓練を受けた訳でもなさそうな26と19の若者にそんなこと可能か?映画の脚色っしょ。とネット見てみたらあの銃撃戦も実話とあり、結局ビビる。どうやって、若者二人が狂信者になっていったのか気になる。

    テロリストの奥さんは口堅いねえ。イスラム教の妻は夫と神を愛する。天国で夫がキスをしてくれる。うーむ。

    冒頭にテロリスト弟が「俺も姦通した」と言うシーンはユーモアだと思うが兄はピシャリと「笑わせたいのか?」とキレる。弟のユーモアが死んだ。

    上映中、一番心臓がドキドキしたのはベンツを乗っ取られたアジア人が隙を観て逃げる瞬間。関係ない自分が緊張のしすぎで気を失いそうだった。
    ベンツ乗っ取られる状況を自分に置き換えて考えたけど、いきなり鉄砲突きつけられたら、やっぱり何もできないっす。

    悲劇があってみんなが不幸になって、強い団結をする。悲劇、不幸が無いとやっぱりアカンのでしょうか。

    ボストンの住民たちが自分達の住んでいる場所を誇りに思っているのは素直に羨ましかった。自分は故郷に対しても今、住んでいる場所にも誇りなんて無い。
    「愛が悪に勝った」
    名作なのも分かるし高評価なのも理解できる。
    できる……んだけど。
    やはり実話物は合わない。これはもうアレルギーに近いのかもしれない。

    ここから下は不快な思いをさせてしまうかもしれないので、この映画好きな人は読まないほうが……











    「ハドソン川の奇跡」や
    同監督の
    「ローンサバイバー」
    なんかもそうだけど、何というか【愛と感動の押し売り】感が強くて。
    いや、確かに単純な実話再現モノで終わらず【罪を憎んで人を憎まず】という作りにしているのは素晴らしい。
    綿密に調査したのだろう、市街地での銃撃戦は目を見張るものがある。

    でも…
    あのエンドロール前のご本人登場VTRに尺取りすぎじゃなかろうか。
    確かに感動することはするんだけど、何というか某奇跡体験な番組っぽく感じてしまったよ。


    あと自分が見逃してしまったのかもしれないとこが二ヶ所。
    膝の痛みが後に伏線として活きてきた?
    主人公夫婦の不妊のくだりはなにか意味があったのかな?
    不必要に思えてしまった。


    色々ディスってしまったがこれはもう完全に好みの問題。
    亡くなった子供のそばにいた警官のシーンは心打たれたし、FBIが倉庫で瞬く間にマラソン会場の再現をするあたりは唸らされた。

    やっぱり実話物は苦手だ。「ハクソーリッジ」もどうしようかな…
    防げたと思う?って聞かれた時のマークウォルバーグのセリフと当時の映像が随所に出てきたのが凄くよかった。あと野球好きだからオルティーズが出てきた瞬間最高か!ってなった。

    でも物事は色々な視点から見たい。
    LOGANに続いてエンドロールで泣きそうになった映画。
    でも涙腺めっちゃ強いから泣かんよ!
    監督ピーター・バーグ×主演マーク・ウォールバーグも早3作目。
    マーク・ウォールバーグはあんま好きじゃないけど役にあっていたと思います。
    失礼を承知で言いますが、あの微妙な容姿が歴史映画に向いてるんだと思う。
    私はバーグ×バーグ(上手いこと言ったつもりかも知れんけどウォールバーグやからな?)では断トツで「ローン・サバイバー」推しなのですが、本作もなかなか面白ごいす(甲州弁)。

    「バーニング・オーシャン」は全然乗れなかったんだけど、「パトリオット・デイ」は楽しめたごいす(言いたいだけやろ)。
    おまんこっちんこーしw(山梨県民の皆さんフォロー解除推奨します)。

    「Patriots Day」意味は愛国者の日です。
    私はタイトルがそのまま訳すのであれば「愛国者の日」でも良かったと思います。
    けど横文字の方が作品にあってるかも?
    邦題のパトリオット・デイは原題をカタカナにしただけです。うんそれでいいのよ。でもね?なんでここで出来たことがバーニング・オーシャンで出来ないのかなぁ?ねぇ、なんで?(私はSなのかもしれない)

    私って結構、歴史映画や伝記映画が好きじゃないですか?(いや知らんわ)
    頭いいからやっぱそういうのに惹かれるのよね(アクションなかったら基本睡魔と闘ってないか?)
    私この作品で歴史映画で1番の興奮をしてしまいました!
    なぜなら、遂に自分の記憶にある事件が映画化されたから!
    こんなことあったんだ〜ではなく、
    こんなことあったね!と初めてなったのです。
    皆さんくらいになると「ジュラシック・パーク」を見て白亜紀を思い出したりするのでしょうか?(んなわけあるかい)

    映画を見ていくうちにボストンマラソン爆弾テロの記憶がどんどん蘇ってきました。
    確か特集とかも組まれてた気がする。
    ストーリーやテンポの良さや緊張感、多少の不満はあれど、どれも申し分ないです。
    J・K・シモンズとケヴィン・ベーコンは演技も良かったし、シモンズはちょっとしたアクションありでキャスティングには感謝感謝。
    序盤で退屈なのはピーター・バーグのお約束ですね。ですが、事が起こってからの目の離せない展開や高まる緊張など、止まらない加速っぷりも健在なのでご安心を。

    アクションパートはカメラワークの躍動感、そして銃の命中率の悪さ、リアリティがこれでもかと演出されていて常に緊張感を持ってみることができます。
    リアリティというと序盤のドア蹴破ろうとして膝痛めたのがなんかリアル(よくいろんなとこぶつける私は即感情移入)。
    この辺はピーター・バーグの十八番ですかね。
    何処と無くアクション映画への憧れを感じる...
    昔コケたからね。
    今だったら面白いもの創ってくれそうな気もするけど歴史映画創るしかもう道はないよ^ ^(いやSじゃないと思うんやけどね)

    伝記映画や歴史映画に本人の写真や映像なんかはお約束ですよね。そこで泣きそうになってね。今までは俳優と結構似てるやんくらいにしか思わんかったけど(脳みそツルツルアピールやめんかい)今回は感動も勿論あったけど、悲しみもあって思わず泣きそうに...,..←実は1個コンマ(しょうもなっ!)
    事件の被害者である女性が、言い方はおかしいかもしれないけどこの事件で人の優しさに気づく事ができたなんて言っててウルってきました。大きな被害を受けたのに、彼女からすれば憎むべき事件のはずなのに、人の優しさやボストン市民の団結力に気づけたことに感謝しているんですよね。被害にあっているからこそこの言葉には部外者には出せない重みを感じました。
    もし私自身がテロに巻き込まれ、足を失った時にこんなことはとても言えないだろうな。
    義足の男性のボストンマラソン完走も感動しましたね。ボストンマラソンで足を失った彼がボストンマラソンを完走することで今回のテロに"ボストン"が完全勝利したと言えるでしょう(ゲシュタルト崩壊しそうな文章でごめんね)。
    自然災害は防ぐ事が出来ないし、予期せぬテロだって防ぐ事は出来ない。
    これから先に何かしらの災害や事件が日本でもきっと起こると思うけど、私はボストン市民のように前を向きたい。災害や事件をただ憎むのではなく、そこから得たものに感謝したい。
    そして最後にこのテロによって亡くなった警官を含む4人の写真が...
    4人目の男の子ですごく胸を締めつけられましてね。だって彼が生きたのは2004-2013というあまりに短い期間ですよ?まだ社会も知らない私より若く、幼き命がこのテロによって失われた事を考えると目に涙が浮かびます。

    多くの人が見るべき映画です。
    まだ記憶に新しい事件だけど、私たちの殆どが起承転結の起と結しか知らないだろうし、裏側では何がきっかけとなりわずか102時間で犯人を捕らえることができたのかなんて知る由もないことでしょう。
    ボストンマラソンでの悲劇が生んだ奇跡を是非ご覧なってください。

    靴紐ポスターも映画の後だと感動ですね。
    これからのピーター・バーグ監督に大いに期待してしまいます。
    私は待ってるよ(バーグ)²コンビを!(呼び方特殊すぎるわ)。

    Boston Strong!
    >|