パトリオット・デイのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

あ、マーク・ウォールバーグだ。観よ。
くらいで鑑賞。

実話でしたねこれ。
2013年に起こったボストンマラソンのテロのお話。

日本でこの事件が報道された時って、その後どうなったかまで報道されてなかった気がするけど(自分がニュースをちゃんと観てなかっただけかも)、
この映画では、どれだけの被害があったか、どれだけの人が関わったか、また犯人逮捕に至るまでが描かれてました。

「こういう事件がありました。○○人の人が亡くなりました。」
という表面上の乾いた情報だけじゃなく、
不運にもそこに居合わせてしまった人達の、それぞれの人生などもストーリーの展開に合わせて描写されているので、
より重く、深く、内容が突き刺さってきました。
被害者が仮に一人だったとしても、その一人に関わる色んな人がいて、
またその人達にもそれぞれの人生があって、
たったひとつの事で、それらが大きく変わってしまうという、そんな事に気付かされました。
関わった全ての人が被害者なんだなと。もちろん犯人は除いて。
逆にこういう情報がないと、そこまで想像できない自分の想像力の乏しさに気づいたりもしました。

ラストのシーン。
ボストンの人たちの「ボストンよ強くあれ」、
感動しました。

この監督さん、「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」でもマーク・ウォールバーグと組んでるんだね。
この事件がこんな事件だと知らなかったし知ることができてよかった。映画途中の時間経過を意識させられるたびハラハラする。個人的に子供が生まれない過去話と「僕が君をあそこに呼んだんだ」のシーンが好き。
爆発直後の描写がすごくリアル
実際に被害に遭われた方々の話も描かれていて最後にインタビューもあったのはとても良かったと思う
あまり前情報はいれずに鑑賞。
登場人物たちがいつ、だれと、どんなかたちで、絡んでくるのかドキドキしました。

警察との銃撃戦での爆弾の多さに腹が立ったなぁー

ドキュメンタリーっぽい映像に感じて、緊張感あってよかったなと思います。

どんなときも愛の力で‼
テロに屈さず戦う前向きな姿勢、街全体が一体となる感じ、アメリカっぽいなあと。
なぜ若者2人がテロ行為に及んだのか、その偏った思考に至るまでのことや社会的背景には何があったのか。
アメリカの強みの部分にフォーカスしている映画だが、逆にアメリカ社会の影の部分が気になってしまった。
ボストンマラソンで起こった事件を、当時の映像を、使いながら再現している。
「実際に起こった」ということだけに終盤まで緊張感MAXのまま進行していく。
自分の街は自分で守る…やはり強い国だと改めて感じる。

観る前まではFBIと地元警察が対立しながらも協力していくのかと思っていたが、実際そこまで絡んでいなかった第3作め。
序盤の街を再現した捜査のあたりが最高に面白かった。
最後の本人登場は仕方ないのかな。
ボストンマラソン爆破テロの話。
2時間10分弱の映画だけどテンポよく進み実際よりもかなり早くかんじた。
実際に起こったテロの話ってこともあり社会性も含むので強く感想を言えないけど、自分がこのテロについて知っていること以上のことを知れたし、アメリカについての勉強にもなった。

トランスフォーマーや、テッドでおなじみのマーク・ウォールバーグの素晴らしい演技もよかった。テッドの時と全然違ったり、他の役者もそうだけど全然違う役を上手くこなせちゃうっていうのが凄いと思う。日本にはあんまいないかな……
マーク・ウォルバーグ演じる警備員が、ボストンマラソン大会でのテロに巻き込まれ、犯人を追い続けるノンフィクション映画。
市長、警察官、FBIの他にも、事件の被害者に焦点を当て、ニュースや報道番組では伝えられてこなかった事実や、心情が見られた。犯人も人間味や心情、兄弟同士の関係性などもよく描写されていた。
実際の映像、本人が出演するなど様々なノンフィクションならではの、作法が使われていて、とてもわかりやすく、面白かった。とてもこれがノンフィクションとは思えない、壮絶な裏話もあり感情移入してしまう映画だった。
当時のことはニュースで
取り上げられたが、
興味がなかったのか分からないが
犯人逮捕のことは記憶にない。
まして逮捕まで
地元警察の貢献は半端ない。
こういう映画は
観ておくべきだと思った。
>|