パトリオット・デイのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

実録にしか出せない異様な雰囲気を体験できる映画だった。
「バーニング・オーシャン」のときもそうだったが、まるで自分がその場にいるような感覚になる。
中国人青年が犯人らに捕まって逃げるまでの展開がとくに緊張した。
いきなり始まる爆発ありの派手な銃撃戦も圧巻。
犯人そっくり。現実の防犯カメラと撮影シーンを切り替えててわかりやすいしツァルナエフ兄弟が逃走してるところはリアリティがどんどん身に迫る感覚になる。
なによりアクションシーン、銃撃戦が最高。何が起こってるかを夜のシーンでもわかりやすく見せて弟が兄を轢くところとか、目的のために何でもする猟奇性も垣間見える。
ただただ悲劇を伝える感動押し売り作品ではない名作だと思う。
ピーター・バーグ監督作ということで鑑賞して参りました。

「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」に続くマーク・ウォールバーグと組んだ実際の事件を題材にした映画の3作目で、今作も犠牲者に哀悼の意を込めながら、目の前のやるべき事を誠実にこなしていく事のヒーロー性を描いていて良かったです。

ピーター・バーグ監督の作品は
① 平穏で幸せな日常
② 突如としてその日常が歪められる惨劇
③ 惨劇にうろたえながらも〈対応〉していく仕事人のヒーロー性
という3幕の強固な型で構成されていると思うんですが、これって普通に生きている人間に根差した勇気を鼓舞する力強さがあるんですよね。

特に大事だと思うのは〈対応〉という部分で、例えば戦争映画とかアメコミヒーロー映画という映画の登場人物たちは、事が起きる前に敵と戦う覚悟というものがありますが、普通の人々はそんな覚悟しておらず、大半の人間は起こった事件や事故に対してすぐに戦う気にはならず、狼狽し茫然としてしまう人ばかりだと思います。

しかし覚悟をする余裕のない我々はそこから奮起し、自分のできる精一杯の事を探して一度揺るがされた日常を取り戻すために〈対応〉していく強さあるし、その強さこそ誰もが持ち得るヒーロー性なんだとピーター・バーグ監督は描こうとしていて、とても熱いんですよね。

今作も爆弾テロが起きるまでのそれまでの日常描写の積み重ねと爆発による人々の反応で恐ろしさをより生々しく伝え、そこに〈対応〉していく人々の強さや我々一般の人々にも根差しているのではないかと感じるものがあり、胸が熱くなりました。

終盤のトミーと同僚の会話で「未然に防げたと思うか?」という同僚の問いに対するトミーの答えは、同じような事件・事故に巻き込まれるかもしれない我々に対するピーター・バーグ監督のエールであり、今作のみならず彼の監督作全てに共通するメッセージだと思いました。

爆弾テロが起きた時にどういう捜査行われるのかというハウツーものとしても面白く、倉庫のようなだだっ広いところに犯行現場を丸ごと再現し、記憶と監視カメラ映像を頼りに犯人を追っていくというのは「結構アナログだな!」と驚きましたねw

役者陣も全員素晴らしかったんですが、特にケヴィン・ベーコンが良かったです。
テロ認定を初めは渋っていたのに子供の亡骸を見た途端すぐにテロ認定するシーンは、即座に〈対応する〉カッコ良さを感じられるシーンだったし、犯人が危険人物リストに載っていたのに見逃していたことを後悔するシーンも、今作のテーマと合致する〈未然に防げなかったのか?〉という葛藤を短く示していて素晴らしかったです。

実際のアーカイブ映像を違和感なく挿入したドキュメンタリックな映像の見せ方も好みで、「本当にあったんだ」と思わせるような工夫が随所に見られました。

あえて言うなら犯人の描写が終盤に行くにつれて陳腐化してしまうということでしょうか。

群像劇の一部に犯人も描写するというのはとても良いところで誠実だと思うし、序盤の彼ら兄弟の貧しい生活描写は何か肩入れすべき点があるのかと思わせるんですよ。

でも結局後半では彼らは幼稚で浅はかなイスラム過激派という描き方しかされず、なぜこういったテロが起きたのかというところには肉薄できていない。そこまで教えろというのは図々しく本当にわからないんだからしょうがないのかもしれませんが、我々の彼らに対する無知はテロの火種かもしれないので何か監督なりに解釈を付け加えても良いのかなと思いました。

全然上手く書けなかったですが、〈対応〉のエンターテイメントの勇であるピーター・バーグの集大成の作品だと思いました。
次作も大いに期待したいと思います。
国としての団結力がすごいなと。
映画の中の俳優と最後映像で出てきた被害にあった方や警察官など全員すごく似てた。
かなりリアル!生々しい…。
知らない人に窓をコンコンされても絶対に開けちゃいけないんだなってことを学んだ。

ただ終わりに近づくと愛は勝つ的なとこが強調されてきて、私個人的には愛を語るには犠牲が大きすぎるんじゃないかって感じて少しシラけてしまった。
この事件かなりニュースで
やっていたので
覚えてはいたけど
裏では凄い捜査が行われていて
短時間で2人の容疑者割り出して
本当に凄いと感心していたら
いざ銃撃戦では警官みんなで
ただバカみたいに真正面から
撃ち合ってさ〜
ターミネーターじゃあるまいし

しかも警官何十人もいるのに
アッサリ車で
正面突破されて
逃げられて!

おいおい、あんたら
マジかよって思ったしまった‼︎

もうちょっと頭使って
二手に分かれて回り込んで
挟み撃ちにするとか
パトカー何台も来てるんだから
逃げられないように
先に車でバリケード作っとくとか
しない訳かな 普通
あの最初の凄い捜査は何だったの⁇
って思うぐらい
頭使う方向がちょとズレてる

こんなんじゃ
テロは無くなりません

そこが1番重要と思うけど
俺の心が狭いのかアメリカ人の
心が寛大なのかワイルドなのか
そこはドンマイ的にシレッと
無かったかのような流れで

犯人は逃げて隠れていた所を
最終的に民間人の通報で見つけ
犯人隠れてるのに
平気でサイレン鳴らしながら
パトカー来ちゃうし
やっとこさ
逮捕したかと思えば何かアメリカの
警官?FBI?
凄いみたいな賛美!

日本で同じ事したら
かなり叩かれてます

みんなで協力し戦えば
テロにも屈しないと
伝えたかったのかもだけど
ちょっとアメリカの警察が
余りにも
お粗末すぎて共感できないわぁ

逃がした間にもし民間人が
殺されてたらどう責任取って
くれるのでしょうか?

申し訳ないがマークウォールバーグ
まで残念な痛い人に見えてしまった

実話だからか尚更
かなりイラっとした映画
何ともアメリカンな思考の作品。

正義と愛の名の下に、市民をコントロールする監視ツールを駆使し、19歳の少年相手に街全体へ外出禁止令が出て、捕まれば勝利したと狂喜乱舞の大団円。
『愛』よりも、アメリカ社会が感じている『恐れ』を浮き彫りにしているようで気持ちが悪かった。
目先の脅威を取り除いて何となくのハッピーエンドだったが、本作には差別や貧困等テロの原因となる根本的な問題に言及する提言がない。

この映画で語ってる『悪』って一体なに?
事件は凄惨で、犯人が行なったことは最悪だけれど、彼らもまたボストン市民でありアメリカ国民の若者。
そんな人間を一方方向から『悪』だ、『敵』だと見做し、全力で叩き罰しておきながら、唐突に愛の勝利だと叫んでも、説得力に欠くし本質を見誤る。

まぁハラハラドキドキできて、2時間超えなのに見易いのは確か。そこはノリノリピーターバーグの見せ方の上手さか。
ニュースで見かけた割と最近の出来事だけに事件がとても近い感じがしたし、非常にハラハラして、そして悲しかった。
序盤、事件当日の被害者の足取りのシーンを見ているだけでああこの人はもしかして…この人も…と不安になりながら観ていた。
爆発が起こった段階で既に泣きそうになり、最終的に被害にあったみんなが前向きに生活している姿を観てまた泣けた。
誰もが恨みを抱きそうな事件だし描かれていないところで大変なことや悲しんでいる人たちもいるだろうに、最後まで希望を描いてくれたのは本当に良かった。
犯人を追い詰めるシーンも住宅街での戦闘シーンや拉致された中国人の決死の通報も、ボストン市民が協力して外出を控える場面もみんなを応援したし胸が熱くなった。どっぷり感情移入してたな。
あまりなんども観たくなる映画ではないけどとてもいい映画だった。
最後は事件で犠牲になった人たちの実際の写真が連続で映し出されて終わり。
悲しく、辛い映画です。
テロ、、本当に許されない行為だと思う。
だけど、、犯人の奥さんが シリアではもっと多くの罪のない人たちが殺されている、、と言った言葉が頭から離れません。
だからと言ってテロを起こしてはいけない、それでは同じこと。
結局はテロを起こした根底にはアメリカを憎む戦争があるってこと。
どうして戦争なんてするんだろう。
人を殺せば罪に問われるのに戦争であれば合法?。
途中から涙が止まらなかった。
途中途中、本当の映像が入れ込んであって、その都度これは実際にあったことなんだと認識させられた。
ボストンマラソンでのテロのことは知ってだけど犯人がどうやって捕まったのかとか知らなかった。あの銃撃戦や爆弾のとこは本当だったのかな、、?
これがフィクションなら わーすごい!って楽観視できるけど。最後にテロで犠牲になった人たちのインタビューもみんな前向きで立派だった。
私が同じ立場になったらそんなに強く生きていけるかな、、。

あー、、。これだから戦争映画も嫌いなのよ💧💧

俳優陣たちも素晴らしい演技でよかったんだけど、、。

まだ記憶に新しいボストンマラソンでの爆弾テロ
ニュースで映像が流れる度に見ていたのに
いつの間にか過去の出来事として忘れかけていた
当時の映像が織り込まれリアリティが半端ない
自分もその場にいるかのような臨場感
ずっと続く緊迫感で動悸が治まらなかった

FBIと地元警察の協力
そして市民の協力も大きな力になり
事件発生から102時間で犯人逮捕

事件解決の裏で起きた事も
この映画を観なければ知らないままだった

ケヴィン・ベーコンほんと渋かった
もう少し出番ほしかったなぁ~
>|