パトリオット・デイのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

初めはグッドマンが痩せてることに驚いたが、すぐにそれどころではなくなった。

テロ発生や圧力鍋はニュースで見たけど
その後の顛末は全く知らなかったので
とても驚いた。

プロパガンダも含むだろうし、
どこまで真実かわからないが
市井の人々が紹介され始めると
この人たちがまさか…とはやくもハラハラするし、
爆破や拉致や銃撃戦のリアル感
緊迫感は怖かったし、
少年のそばに立ち続ける警官のエピソードを挟みながら描かれる犯人像が
なにより恐ろしすぎる。

ただ、ウォールバーグを架空の人物にしたのはなぜだろう。
そこでもびっくりしてしまった。
防犯カメラでサクッと突き止めるためかな。
あと、これはどうでもいいのだけど、署長だけすごく違って少しびっくり。
ほかの人物は寄せに行ってるのに…
心労で痩せられたのだろうか。
防犯カメラとかって結構重要なんだな~
見張られてる感じがして嫌だとか言う人もいるかもしれないけど、犯罪の予防にも役立ってるしもっと多く設置しても全然いいな。
しかし防犯カメラも役立ってるけど主人公の記憶に頼り解決した部分もあるので、機械と人間どちらかに偏らず両方の協力が重要だなって感じた。

このテロ事件の事は、この作品を観て少し思い出したけど、この映画を観ないと分からないような事が一杯あって、実際に起きていたと思うとかなり驚いた。
宗教とかの為に人を何人も殺すなんてとても考えられないし、そんな事をさせてしまう宗教なら神なんて信じない方がいいと思った。
事件を解決するために命を張る警察官達や、人質にとられて絶体絶命な状況でも勇気を振り絞った人などは本当に尊敬する。

リアルな話。前向きな映画になっていてとても良かった。
ボストン素晴らしい。
知るべき実話映画!
ラストの銃撃戦はマジで凄い!

https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com/2017/12/05/patriots-day/
ラストのドキュメンタリーのための序章=映画部分。臨場感があってあっという間に終わった印象です。面白かった。
ピーター・バーグの映画やっぱり好きだ。
 超ハードな状況を真面目に描写してるのに、時折挟まれるシュールなシーンで草の過剰生産が止まらない!
 序盤、爆発が起こって警官が超集結してる状況で、絶対に走るのを止めないランナーの鑑ド畜生が警官と衝突して大迷惑とか、深刻な状況での不謹慎ガンギマリでほぼ逝きかけました
 また、主人公と犯人が住宅街で銃撃戦になった際、錯乱した住民が「これを使え!」と小さなハンマーを投げてきたり(とんち?)、犯人弟が倒れたアッニの上を車で通過して文字通り屍を越えて行ってたり(ていうかむしろトドメ刺して屍にした説)、主人公が犯人カーと間違われて車を蜂の巣にされたりと、この監督さん笑いのセンスマジパネェ、さすがバトルシップを作った人と唸らざるを得ないのでした
テロリストは本当に最悪です。
そこで生まれる感動する話もありますが、やはり平和でいることが一番望ましい。
人が他人の人生を破壊することは決して許されない。

東京オリンピックを控えている日本は、少々浮かれ気味にも見えますが開催と同時に危険要素だらけということをもう一度、知るべき知らせるべきだと思いました。

そしてダンの記憶力にビビった。
マーキー・マーク&ザ・ファンキー・ポリスのボストンマラソン爆弾テロ群像サスペンス。

事実に基づくストーリーでは珍しく警察のお手柄案件。

ラストは都市の宣伝で幕を閉じるところもそつがない。

さぁ、みんなもボストンへ行こう!!
あまりにも暴力的な傑作。犯人を悪魔のような(理解不能な)悪ガキとして平気で描き、被害者の生々しい死や痛みさえもエンターテイメント(『24』ばりに)として映してしまう、近々の悲劇を映像化するにはだいぶ問題がありそうな作りだが、映画が掲げたプロパガンダぎりぎりのアメリカへの「愛国心」やニンゲンの「愛」がその辺りの俗化した(下世話な)動機を強引に押しきっていて、つまりこの映画の異常な迫力とは不道徳なアプローチをふてぶてしいまでに道徳的な「正義」でねじ伏せてしまうヤバさにこそある。終盤の本人登場の展開も、そうなると私たちが今まで見てきた「映画」そのすべてが再現ドラマ(『世界まる見え!テレビ特捜部』レベルの)ではないかと不安にもなる凄まじさ。ブルドーザー並の鈍感さで我が道を突き進むピーター・バーグ(『ハンコック』は最高)はやっぱり信用できる。
実際に2013年に起きたボストンマラソン爆破テロ事件。
勿論脚色はされつつだけど後半、地元警察達が不慣れの中必死に抗い続ける銃撃戦が地味が故にリアルでグッとくる。
クライマックス主人公がボソリとこう語る。
悪魔に対抗できるのは、この世で唯一「愛」だけだよと。
>|