パトリオット・デイのネタバレレビュー・内容・結末

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

弟の前でかっこ悪かったからって
人のせいにするお兄ちゃんよくないぞ!
ピーターバーグ監督。
実話ドラマ。
ボストンマラソン、次々と走者がゴールする時に大爆発が、刑事トミーらボストン警察は必死の救護活動に。
FBI捜査官リックは現場を観察しテロ犯罪と断言しFBIに管轄が移る。
監視カメラに映る不審な男二人が容疑者として浮上する。
爆発から犯人逮捕まで全編でリアル、よく出来てます。
爆発など実映像も重ねながらで、映像にはオバマもレッドソックスも出る。
主役の刑事トミー、マークウォルバーグは足引きずりながら現場の刑事らしい緊張感あり。
FBI捜査官リック、ケヴィンベーコンは人間味も出てた。
犯人を追い詰めていく過程も見せ、銃撃戦は迫力あり、お爺ちゃん刑事シモンズさんかな、活躍しました。
住民が手助けのつもりでハンマーね。
犯人側の描写はこれだけのテロを起こすだけの重さがなかった。
テロ犯側のなにがしかも見せたら高評価としたいので、実際はわからないけどそこは少し残念。
「悪魔に愛は奪えない」信じたい。
実話だからこそ、ラスト現実は厳しい。
ストロンガーより、こっちの方が好きだった。あんな逃亡劇繰り広げられていたことは知らなかったな、忘れてしまってのか

終始どきどきの展開で、1日で見てしまった。勉強があああ

ハイジャックされた人が逃げ出してなければニューヨークまで行けたのかと思うとほんとギリギリの攻防だったんだな

ジェフ出てくるのかと思ってたけどここにはいないんだ
この手のドキュメンタリータッチの映画は確かに考えさせらるし意義はあるんだけど、最後の本人の方々のインタビューはいささか俳優との相違などばかりに目がいってしまい、最終的には残念な気持ちになってしまう。。
2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を、マーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督のタッグで映画化した本作。

印象としては、冒頭から描かれる登場人物らの何てない日常が、ほんのわずかな時間で悲劇へと化す様は映画とは言え心がとても痛みましたし、全体的に派手さはないが、その分、様々なアングルから映し出される爆弾テロ事件の悲惨な光景はより一層リアルに感じましたね。犯人との銃撃戦も見応えは十分といったところで、それらの映像に複雑な表情を加える音楽もまたとても良く、穏やかであるが不気味さもあり、悲しみや恐怖、狂気すらも感じられ、音楽の調子によっていとも簡単に気持ちを左右させられた印象を強く受けました。

あと、トミー・サンダースを演じた主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、リチャード・デローリエを演じたケヴィン・ベーコンやジェフ・ピュジリーズを演じたJ・K・シモンズといった名俳優陣が顔を揃えているだけでも観る価値はありますし、脚本や演出、構成も良く、本作はオススメしたい一作ですね。ラストに映し出される片足を失ったパトリック・ダウンズのドラマには心を大きく揺さぶられました。

2013年っていうと自分が15歳のときかな、当時ニュースで見た記憶がある。

当時は海外で起きたテロとしか認識してなくて怖いなーくらいにしか思ってなかったと思う。

でもこの映画で昔の自分がテレビで見たニュースと全く同じ当時の映像が使われてた瞬間怖くて鳥肌がたった。

どうやって犯人が捕まったのかとかそれまでの経緯とかも知らなかったからこの映画を見てよかった。

生き残った人たちが愛を信じてまた一歩ずつ前進してく姿とか、正義のために警察が市民が街が国が結束していく様子とか、どれも素晴らしいことだと思ったけど何よりも元からある平穏な毎日を一瞬で崩壊させてしまうテロが無くなれば良いのになと安直に思いました。

あともう少し世界のニュースにも深く目を向けようと思いました。
・おそらく3回目の視聴
・マークウォルバーグはやはりこの手の映画に似合う
・最初に日常が描かれるのが、その後の悲劇と対比されている。日常を奪われたことが強調されている。
・リアル。実際の映像が差し込まれている
・4時間亡くなった子供の隣に立っていた警察官が敬礼した時に泣いた
・イスラムへの偏見を産んではいけないと画像公開を躊躇うシーン、捜査側の苦悩が窺える
・ちゃんと銃撃戦がリアル。
・素手でやりあうおじいちゃん巡査部長カッコいい。
・尋問官めっちゃ怖い
・最後に本人出るの最高です。カッコいい。
ボストンマラソン爆破事件。実話
警察、FBI 総力で犯人を数日で見つけ出せたのは素晴らしい!
あの日あの時にあの場所にいたために巻き込まれるなんて。やるせない。
事件は覚えていたけど
捕まえるまでの激闘までは知らなかった。
ラストのボストン中の一体感には感動する。
途中、現場を再現する下りはスケールがデカくて面白い
記録。
記憶に新しい実話を基にした映画。
明確な敵、困難に直面した時の人々の団結感は素晴らしいと思える。
悪魔と戦う為の武器は愛。。。

最後の当事者達のコメントに、人類の強さを感じられる。

デイビッド・オルティスがカッコいい(笑)
>|