パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

実話を元にした映画として、非常にリアルに描かれていたと思う。
ボストンマラソンの爆発事件。またテロが起こったなあという温度でしか感じていなかったが、犯人逮捕までにこんな凄まじい攻防戦が繰り広げられていたことに驚きであった。
ただこの手の話は非常に難しい。もちろん人の命を奪う行為は絶対に許されることではない。しかしテロを起こすのも人間であるのと同時に、その憎悪を生み出しているのも人間なのである。「9.11はアメリカ政府が起こしたもの」や「シリアなどの国ではもっと多くの罪のない人が死んでいる」と言ったセリフも、同じように重く受け止めるべきである。

憎悪に勝てるのは愛であるというこの映画のメッセージは素晴らしかった。最後のシーンは涙が出てくるほど。
同じ事件を扱った「ボストン ストロング」も早く観たい。
lilly

lillyの感想・評価

4.5
主演のマークウォールバーグ大好きだったので視聴。


実際にあった事件を一つ一つ細やかに撮っているから、緊張感漂う作品だった。


ただ、血は勘弁、
ShunAkaza

ShunAkazaの感想・評価

3.6
"悪魔が襲って来たら反撃する武器は1つしかない。愛です。悪魔に愛は奪えない。
互いに抱き合って愛の力で戦うんです。
そうすれば悪に負けたりしない。"

"ボストンよ 強くあれ"
サケ

サケの感想・評価

4.0
ニュースでも観た話なので、ずっと気になっていた。
映画の中で頻繁に使われる防犯カメラの実際の映像がとても良かった。
エンディングで、テロの被害にあったランナーがマラソンに再出場するシーンは涙が出る。
ひで

ひでの感想・評価

4.6
あなたは"テロ"を遠い国の事だと聞き流していませんか?いつか日本でも起こるであろうテロを他人事と思っていませんか?それはとても愚かな事で、3.11の津波と同じことだと言えます。いま現場でなにが起こっているのか、この映画で少しでも学ぶべきです。事件に忠実かつ、スリリングな内容は映画としてもトップクラスでした。
当時、ニュースでボストンマラソン会場での爆発の映像を見ましたが、テロの恐怖をまざまざと見せつけられました…

テロというのは無差別に命を奪う卑劣な行為ですけど、テロを起こした人間からすれば正しい行いなんだよな… そんな人が世界にいると思うと本当怖いです。

テロ犯2人組の往生際の悪さも凄まじく、警官とも彼処まで銃撃戦を繰り広げていたのですね。

時折、当時の映像も使われており生々しさも感じられましたね。

マーク・ウォールバーグ主演作品はどうも苦手なのですが… 今作は良かったです(^^)
アノン

アノンの感想・評価

4.1
まじで恥ずかしくて死にたいんだけど、このテロのことを全く覚えてない。
さすがに当時は中2だったからニュースもちゃんと見てたはずなんだけど…
ただただ恥なんでこれについては黙ります。

これは2013年4月のボストンマラソンで実際に起こった爆破テロについて描いた作品。

怖い怖すぎる。
私もマラソンを沿道で見たことあるけど、あんなにたくさんの人に混じって爆弾を持った犯人がいたとしても全く気付けないし、気付いたとしても爆発して被害者が出た後。

この映画は主演のマーク・ウォールバーグだけじゃなくて、様々な人の目線で物語が進むから分かりやすい。
警官や被害者、犯人。

犯人の逃亡劇が大胆でハラハラした。
誰も乗ってない車盗むのは分かるけど、わざわざ人が乗ってる車に相乗りしちゃうんだね。しかも運転手まで拉致して。
あの中国人男性の勇気、計り知れない。

しかもあの白帽子の弟が19歳だったことにめちゃくちゃ驚きだった。同い年でテロか…

最後のエンドロール直前の実際に被害にあった人たちのインタビューがこの映画の全てを語っている。

全ては愛。
サスペンスとしてはまあまあの出来。
ラストの実際の被害者たちにインタビューしてる映像が良い
ついこの間起きたと思ったテロ事件があっという間に映画化、しかも劇映画である。つくづくハリウッドのスピード感には驚かされる。脚色はされてるんだろうけど、犯人逮捕に至るまでにここまで壮絶な大銃撃戦があったとは知らなかった。

犯人2人の、粗暴な邪悪さと幼児的無垢が同居したような、なんともいえない佇まいが実にリアルだった。ケビン・ベーコンのシャープでクレバーな感じとか、J.K.シモンズのアメリカン老人感とかもよかった。犯人妻の尋問に来た、なんだかよくわからないムスリム女性の""本物""感が凄かった。

事件の歴史的背景(いわゆるホームグロウン型ではあるけど)とかを考えると、ラストはちょっとキレイにまとめすぎな気もするが、国家としてのアメリカではなく、あくまでボストンという街を主役にした映画なので、こうせざるを得ないのはわかる。

カージャックで撃たれた警官が、自宅でFPSやりながらジェイソン・アルディーンの歌を熱唱しているシーンがあったが、2017年のラスベガス乱射事件はまさにジェイソン・アルディーンのコンサート中に起きたのだった。もちろん本作のあと。
Rika

Rikaの感想・評価

3.1
実話だからね。
ただただこの事件の細かい部分まで知れて良かったです。
>|