パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

実際に起きた事件の再現なの、事件に巻き込まれて亡くなった方々もおり感慨深いです。
がみ

がみの感想・評価

3.5
いろんな愛の形がありました。
宗教問題は人類の永遠の課題なのではないでしょうか。
humm

hummの感想・評価

3.5
そういえば、昔ニュースで見たなぁ‥くらいだったので
事件のことを知りたくなって鑑賞

ワールド・トレード・センター(2006)観た時も思ったけど
こういう事件てやっぱり知っておくべきだなと‥

映画だし誇張とかもあるかも知れないけど、映像で観ると事件の悲惨さがより伝わってくる
冒頭で事件前の日常を見せるから
なおのこと心にクるものがあるよね‥
ニュースで見た時だけじゃ分からない。

見て良かったと思う映画
何気ない平和な日常を、爆弾が破壊する。無差別爆弾テロ…。朝から重苦しい気分だ……午前8時の自宅映画祭、たまにはね…観なきゃこういう作品も…。

実際にあったお話。26人の犠牲者の出た銃乱射事件の黙祷からスタートするボストンマラソン大会。前もってどんな映画かは知ってたけど、爆発の後の人命救助や病院でのシーン、胸が痛くなります。そういう描写が苦手な人は観ない方がいいですね。

イスラム教ってなんなの?みんながみんなそうじゃないって分かろうとするけど、やっぱり中東系はそういう目で見られるよね…。強すぎる思想、主義は危険ではないのですか?正義はどこにある?人それぞれです、国それぞれです。悲しい現実。 わしは、映画観て、酒飲んで、旨いもの食って、で十分幸せだけどね~……あ、あとソウルメイトがいればオールオッケー(笑)

すでに犯人がもろばれの映画です。まぁ、実話ベースだからしょうがないけど、それでも凄かった!

すごい大掛かりな捜査本部。登場!ベーコン兄貴!今回はビシッとスーツをきめて超カッコいいぞ!マークはそうでもなかった(笑)

麗しの~ミシェルモナハーーーン!激熱だぜー!

余談

何回でも千ベロオッケー店、昨日行きました!かなりお得でおでんも旨いし、店のねーちゃんブスだけどユーモアあってかわいいし、おおー最高じゃ~ん!というのもつかの間、『すみませーん、閉店ですね~♪』って23時…。はやくね?はやくね?閉店はやくね?(笑) おかげで残ってるビール3杯一気呑み、おでんかけ込み、夜の街に消えていくわしなのでした…。はやくね?はやくね?はやくね?不完全燃焼だよ!(笑)
taketen

taketenの感想・評価

4.0
これが本当にあったと思うとゾッとする。途中で流される実際の写真等が緊張感を煽っていて言葉が出なかった。犯人たちの考えていることは独りよがりもいいところだし、本当に理解しがたい。こんなことはもうこれ以上起こらないことを願います!
RF5

RF5の感想・評価

4.0
緊迫感があっていい
あきない

満点4
おすすめ 4
泣ける&感動 3.5
スリリング 4
テンポの良さ 3.8
効果音 3 映画館で鑑賞
エロさ 0
MININI

MININIの感想・評価

4.0
やっと観た Patriots Day◎
実際に2013年、あの場所でマラソンを見ていました。

”愛に勝るものはない”
悲劇に負けず、ひとつになって立ち上がっていくBostonにいて感じたこと。それが映画の中でリアルに描かれていてじーーん。レース中のわくわく、爆発が起きてからの恐怖、悲しみ、怒り、事件に負けない街の強さと愛、そして今生きている奇跡。実際に感じたひとつひとつの感情がそれぞれの場面で込み上げてきた。自分が体感して学んだ大切なことを思い出させてくれる特別な映画になりました。
Bostonは愛に溢れた強い街 ♥️
またいつか、絶対にいく!✈️
Watson

Watsonの感想・評価

3.8
実話であるボストンマラソンで起こった爆発事件を原作にした映画。この事件についてニュースでしか知らなかったが、まさかの展開でした。この事を忘れてはいけないし、悪は必ずしも善には勝てないということですね。事件後の国民の生活を見て、困難な状況でもそれを乗り越える姿に感動しました。
apple

appleの感想・評価

3.6
「街」が主人公の映画です。
二人の卑怯な爆弾魔と彼らと対峙した人々の姿に感動です。
「最後には愛が勝つ」なんて、ありきたりな話のはずなのに、この作品は多少強引であるけれど、素晴らしくそれを描いてました。
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

4.0
マーク・ウォルバーグの、絶対に犯人をつかまえるんだという気迫がにじみでた表情は演技とは思えないほど真に迫っていた。
子どもの遺体のそばに立ち続ける警官の表情も忘れられない。遺体が運ばれていくときに敬礼する姿にも心打たれた。

悪は、愛を奪えない。
>|