パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

ボストンマラソンのテロ事件の発生から収束までを警察側の視点を中心に追っていくストーリー

途中で被害者や犯人の視点を挟むことで、平和な日常が崩れる瞬間や、あまりにも短絡的な発想からくる動機とその残忍性を感じることができるため、飽きることがなく常に緊張感のあるドラマに仕上がっていた

テロに屈しないボストン市民や、ラストのインタビューに登場した警察官や被害者の前向きな姿勢に思わず勇気をもらえる良い映画でした
マーク・ウォルバーグの映画だと思ったら違った。

もっと多くの人の群像劇であり、亡くなった4人の被害者(うち1名は射殺された警官)の物語であり、ボストン市民の映画だった。

2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件における爆破から犯人逮捕までの102時間を描く。会場の警護にあたっていたボストン市警のトミー(マーク・ウォルバーグ)は爆発現場で必死の救護活動を行い、亡くなった被害者の為に犯人逮捕を誓う。

監視カメラや上空ヘリからの空撮などが多用される事で増すリアリティ。緊迫感は一度も途切れず、事件発生直後はもちろん、市街地で起きた犯人との銃撃戦も恐ろしい程にスリリング。

マーク・ウォルバーグはヒーローを演じるのではなく、土地勘のある地元の警察官、一市民を演じている。ジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン、実力派俳優陣の演技が俊逸。特に市街地での銃撃戦は、J・K・シモンズが主役と言っても過言ではない活躍ぶり。

犯人は26歳と19歳の兄弟で、映画での描写はないが、爆弾はアルカイダが発行するオンラインマガジンから学んで作ったとされている。圧力鍋が使用されており、殺傷能力を高めるためにボールベアリングや釘などの金属片が含まれていたとされる爆弾。足元に置かれたバックパックの中で爆発した為、脚を失った人が多かったのだろう。何と卑劣…。

率直に申し上げて、泣けた。

「悪に対抗するのは愛」

そんな言葉を平常時に聞いたところで、何人の心に届くだろう。この爆弾テロ事件の渦中でトミーが語る事で、この言葉は何倍にも膨れ上がり、人々の心に届く。

その為、この映画を斜に構えて観るのは良くない。

犯人逮捕までは事件を同じ緊迫感で追っていき、トミーの言葉に胸を掴まれ、ボストン市民の結束力に驚かされる。物語が終盤、さり気なく愛の物語へと流れる様に変容する。

最後に映し出される亡くなった8歳の少年…。
大号泣しました。
ピーターバーグ×マークウォールバーグの実際にあった話シリーズの最新作にして最高傑作だった。
ボストンマラソン事件を舞台に犯人VSボストン市民の戦い。最後に勝ったのは『愛』だった…。警察を英雄的に描きすぎてる感もあったが、映画としては良いと思う。キャストも割と豪華。
mai

maiの感想・評価

3.8
こんなに大変だったんだ。
リアリティがあり、ハラハラしながらずーっと飽きずに見れました
KAN9RO

KAN9ROの感想・評価

4.2
臨場感がとてもある作品。様々な部署の利害関係があるが、目的のために協力していく過程が良かった。
予想以上に面白かった。ロンドンで実際に起こった爆破テロ事件から解決までを描く。エンディングで流れる、実際の被害者のインタビューシーンで泣ける。
2013年、大勢の観客が見守るボストンマラソンの中、発生した爆弾テロ事件。記憶に新しい実話を元にした映画で、発生から犯人逮捕までを追っていくドキュメンタリー風の作品。
FBIと地元警察ががっちりとタッグを組んでテロリストを追い詰めていく。携帯や監視カメラの解析や警備していた警察官の意見、ボストン市民の協力も得る総力戦の感じで、テロにみんなが立ち向かう姿が良かったです。
主演のマーク・ウォールバーグもヒーローではなく、ひとりの警察官、人間の弱さも感じさせる人物を上手く演じていました。
ケヴィン・ベーコンのFBI責任者としてのリーダーシップや苦悩を感じさせる演技も良かったです。テロ事件が人々に与える影響とか、人種差別に繋がりかねない問題だけに、慎重な判断も必要なんですね。
逃げるテロリストが容赦なく爆弾で攻撃したりしてくるシーン、迫力ありましたが、実話だと思うと恐ろし過ぎます。
いまやどこで起きても不思議ではないテロ。戦ってくれている人たちの苦労も分かり、市民としても考えた行動が求められ、身近な問題になってしまったと感じました。
うらの

うらのの感想・評価

4.3
映画なのにドキュメンタリー番組のようで
爆発のシーンは本当に怖くて息が詰まる…

すごい映画だった、、
Rin

Rinの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーな感じで進んで行くので、かなり緊迫感があり一気に見れました!
爆発後の描写はなかなかリアルやし、その後の捜査の進め具合も現代の捜査がこんなにすごいというところを見せつけられた気がする^_^
そして、ラストの銃撃戦はなかなか迫力があった!

初めの方にいろんな人々のドラマシーンがあったが、日常を写してるだけと思ったらラストに本人がインタビュー出てる(゚o゚;;
そこを流し見してたのがちょっと失敗でした(^^;;
Dedicated to all injured, to the first responders and medical professionals, and to all the members of law enforcement who demonstrated courage, compassion and dedication throughout the tragic events of April 2013.
>|