パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

ヤマト

ヤマトの感想・評価

4.3
7月1日より勝手にマーク・ウォルバーグ出演作品鑑賞会を開始。
1本目はこちらの作品。
ノンフィクションが好きなので、ドンピシャの作品でした。
題材は 2013年4月15日に実際に起きたボストンマラソン爆発事件。
マーク・ウォルバーグ演じる殺人課の刑事トミーはボストンマラソンの警備に駆り出されていて、現場の悲惨な状況に遭遇する。
ニュースだけでは伝わらない現場のリアルが考えさせられる映画でした。
スタートから色んな視点でボストンマラソンの事件の日の日常が映し出されますが、それが全て伏線となり、実際に事件に関わった人々の運命が伝わってくる作品だったので、最後には思わず涙が流れました。
ボストン市民の絆。
市民が警察に犯人逮捕してからの拍手を送るシーンとかホント市民が一丸になってこの残酷な事件に立ち向かったんだなと伝わってきます。
マーク・ウォルバーグ演じるトミーは架空の人物との事ですが、トミーを中心にこの事件の全貌が見えてくるのでホント面白いなと思いました。
TOM

TOMの感想・評価

-

実際の映像も織り交ぜながらフィクション映画さながらのスピード感スリル感。

そしてエンディングでボロ泣き。

日本だとどこか縁遠い感じしてしまうけど、知らなきゃいけない事実だよね。
Chisaki

Chisakiの感想・評価

3.3
善悪をはっきり分けて描いたアメリカらしい映画。実際の事件概要をより詳しく知られて良かった。
壮絶な逮捕までの道のり…当時あんなリアルタイムに報道されてたのか…銃社会についても考えさせられる。
犯人側の動機背景がもっと詳しく描写されてたらもっと面白かったかも?
ただキャスティングは良い!ケビンベーコンしっぶい。
犯人ほんとに腹立つし、最後あっけないけど、
警官の人たちはほんとに勇敢ですごくて、改めて感謝しなきゃなんだなぁとなったし、
被害者の方々の心が強くて感動とゆうか、尊敬した
実話だなんてこわいなぁ
アル

アルの感想・評価

3.7
前半の事件が起こった所から一気に引き込まれます。

自分がニュース報道で見て覚えているのは、事件当日の映像レベルでしたが、実際にはこんな展開だったのかと驚きました。

実話系はやっぱりラストのご本人インタビューの所とか個人的に弱いのでグッときました。
Inori

Inoriの感想・評価

3.3
今観ると、なんだこの警察プロモーション映画は、と思うけど、なかなかアメリカも大変な国だなぁと思う。ボストンマラソン爆破事件の映画そしては『ボストン・ストロング』を最初に観たので、同じ事件を描いていても、誰に視点を置くかでこんなにも違う映画になるものだと感心した。この映画も悪いものではないのだが、いかにもハリウッド的な「いい人が悪い人を追い詰めてなんか綺麗に収まりました」的ニオイが鼻につく。なんか画面がとにかく綺麗でメロドラマ。本当の問題は何かのか、なぜこういうことが起きるのか、実際に被害にあった人にはどういう苦しみがあるのか、そういうややこしいことはまるで大したことでもないように、「あー、いつものアレね」みたいなノリで、なんか感動した気になって気持ちいいんだけど何も残らない(むしろ片方の視点から見たものなので偏見や思想の歪みさえ生まれる危険性がある)。そのうちこういう映画は強く批判されるようになる日がくるかもしれない。
アメリカらしい映画でした。実話もそうだし映画もそう。日本で同様の事件が起こっても、それを映画にしてもこのようには行かない。ましてやこのタイトルにはならない。ひねくれ過ぎ?
sin

sinの感想・評価

3.0
すごくリアルで恐怖だった。
外出自粛要請をして犯人を探すシーンは団結の力はすごいなと感じた。。。。
テロリストとコロナ、、、
やっぱり人の心理的にはテロリストの方が怖いのだろう。。
Polonaise

Polonaiseの感想・評価

3.6
我々にとっては外国で起きるテロ行為はどうしても遠い出来事に感じると思う。
実感しがたいし、どうしてもどこかひと事で終わる。でもたぶんそれではいけない。
テロはひと事ではなく、いつどこで巻き込まれるかわからない自分のことであることを感じさせてくれる物語。

この映画では、テロに対比させた普段の日常の美しさを描くことに成功していて、何気ない日々がいかにありがたいかを改めて痛感させてくれる。

最も素晴らしいのは、実在の被害者が語ったその内容で、テロがなんの意味も持たないこと、世界を変えられるのは愛と希望なのだということを教えてくれる。物事を変えることにおいて暴力は意味をなさないことを力強く表してくれる。
前半のテンポがちょっと悪い。テンポが悪くなってきて、ダレてきたタイミングで事件が起きるシステムになってる。
もうちょっと見た目がまともなアジア人を使ってくれと思ってたら、実際の人物に準拠した見た目だった。
>|