パトリオット・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Ar1Sa

Ar1Saの感想・評価

4.5
33

悪に屈しない人間の強さと愛の強さ。序盤で若い夫婦が朝起きてベッドで足を絡めているシーン、後から思い出して号泣したよね…
LACO

LACOの感想・評価

3.8
事件後の対策会議や住宅街での銃撃戦は緊迫感がこちらにも伝わるほどだった。
anna

annaの感想・評価

3.6
マーク・ウォールバーグの流れで見てしまった。主人公が車の後ろで同僚と話すシーンがすごい印象的でした。こうゆうの観ると外国のこうゆうちょっと恥ずかしいことをしっかり言葉にできる文化いいなと思う。あと街に対する住人の愛着すごいなと思った
緊迫シーンが多くて長く、臨場感がすごいからとても疲れた笑 マラソン大会で爆発テロがあったことしか知らなかったので、犯人逮捕するまでに起きていたことに驚いた。普通の町中で起こるなんて怖すぎる。
サブキャラのメインシーンがちょこちょこ出てくるのも良かった。
犯人逮捕の瞬間、緊迫感がめっちゃある。
ラストのインタビューめっちゃ良かった。
mike

mikeの感想・評価

4.0
犯人逮捕の緊迫した状況が伝わってきました。
住宅地の銃撃戦は特に迫力満点。犯人と打ち合ったJ.K.シモンズ、無事で良かった…

犯人がなぜもっと殺傷能力高い爆弾つかわないの?とか、なぜ事件後逃げずに自宅待機してたの?とか、口喧嘩の腹いせに兄を轢いたように描いてるの?とか、疑問はありますが、ノンフィクションだから映画のように都合良くいかないということなのでしょう。

全体ではこの事件に関わった人達の人間ドラマや、ボストン市民の団結など、とても感動しました!
柚餅子

柚餅子の感想・評価

5.0
平成の出来事っていうテレビ番組で紹介されてて、気になったので鑑賞。

初めはいろんな視点がありすぎて混乱しそうだったけど、
全部がうまく繋がって後半はすっきり見れた。

テンポも良くて、2時間くらいある割には中だるみもせず観れた感じ。

最後の本人達が登場してるところは結構胸熱で、簡潔にまとまってるところが良かった。

迫力もあるし、衝撃的なシーンもあるけど、当時の映像とかも使われてたりするから真剣に見れる。
あの事件の裏側にこんな壮絶なリアルがあったとは。
再現とは言えないぐらい身に染みる映画でした。
#2019 #09
緊迫感はかなり伝わる。
ケビン・ベーコンは適役!相変わらずのいい感じ。 J・K・シモンズは…、俳優を観察してしまった。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.2
ボストンマラソンの事件って自作自演テロ説があまりにも濃厚で、犯人逮捕までにここまでの混乱とドラマティックな逃走劇があったとは知らなかった。
なのに全く明るみになっていなかったのは、ますます怪しく感じてしまったな…。
ボーダーライン見た後だからよりそう思うのかもしれないけど、当たり前のようにハメるという事をしてきている政府にとっては、この若者達は格好の餌食だったのではないかなという気になってしまった。

とにかく、本来なら、テロ組織との関わりを特定できなかった事件なだけに、特定が難しいであろう事件なのに、情報提供という名のもと、携帯取り上げたりとか(都合の悪い証拠は隠滅可能)、動機がハッキリしない中での特定の仕方とか、隠すところと出すところが極端すぎて、あまりにも都合よく進みすぎていて、証拠を消しに動いていたかのようにも見える。

誰に向けた映画かっていうのが明らかで、加害者が何故そうなっていったのかの動機とかが全く見えない時点で、伝えたい事が何かという事はよくわかった。
被害者の方が沢山いらっしゃるからこそ、その方達の不幸を利用すべきではないと思うから、凄く切なくなった…。
>|