小さいおうちの作品情報・感想・評価・動画配信

小さいおうち2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「小さいおうち」に投稿された感想・評価

スヨ

スヨの感想・評価

4.0
タキちゃんの若いときの黒木華さんも、老年期の倍賞千恵子さんも良かった。

戦争前は、住み込みの女中さんは嫁入り前の女の子にとって、良いお仕事だったのか。

赤い屋根の小さなおうちは、タキちゃんの思い出。
カボ茶

カボ茶の感想・評価

3.0
道徳の教科書みたいな終わり方だった。「さぁ、こう終わったけどどう思う??」的な
sbchlcfltt

sbchlcflttの感想・評価

2.5
松たか子のいいとこの奥さん感が素敵。
話はジャケ通りって感じ。
全体的に狙い過ぎな配役が苦手。
Mimi

Mimiの感想・評価

3.5
ドラマチックだね。
女同士。侍従関係。家族。
人間の複雑さと、それを一生後悔する純粋さがステキ。
地味だけどいい映画だった

迫力があって悲惨な戦場のシーンがある戦争映画よりこういう実感の湧く話を見たときのほうが戦争は嫌だなって思う
タキちゃんが見つめる奥様が本当に素敵
エンドロールの絵がものすごくグッときた

松たか子きれい、輝いてる
かめ

かめの感想・評価

4.0
不本意な選択しか出来なかった時代

昔は見合い結婚が当たり前で
一度結婚したら内助の功で
夫婦円満でやっていくもんだと
思ってたけど、こーゆー事もあっただろう

もし、戦争がなかったら
もし、タキちゃんが違う選択をしてたら
色々と考えさせられた
ふくた

ふくたの感想・評価

3.6

自伝を書くことで記憶が浄化されていくのが
もうあの頃の気持ちではないのを自覚してしまうようで
罪から赦されていく自分を肯定してしまうようで
忠誠を誓ったのに、だから「長く生きすぎた」のかしら

かわいいタキちゃんの恋と罪
Reon

Reonの感想・評価

-
かなり前に観て…松たか子と黒木華の関係はしっかり残っているのだけれど…
最後、ちょっと胸に刺さるような作品だったのが気になり再度観賞

同じく最後はグッときた…
手紙を渡さなかったその時の気持ち、
ジレンマ…時が経ち、渡さなかったことのなんともし難い後悔…
死ぬまで封を開封せずに残された手紙✉️
感慨深過ぎる…🥲
激動の時代に地方から帝都東京に出てきて、女中として奉公する一人の女性。時代とは言え、現代から考えるとあまりにも逞しい。

黒木華が涙を見せる理由は映画だけではイマイチ読み取れないけれど、他のレビュー見るにどうやら原作見れば分かるのだろう。
サム

サムの感想・評価

4.0
タキちゃんも奥さまも赤い小さいおうちもみんなかわいいなぁ。ただの不倫でしかなかった物語が、タキちゃん目線で見せられると面白くてほっこりして悲しくて涙が出てしまう。
>|

あなたにおすすめの記事