小さいおうちの作品情報・感想・評価

小さいおうち2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:136分

3.6

あらすじ

「小さいおうち」に投稿された感想・評価

面白かった。
昭和戦後までのある小さいおうちで起こった出来事を、女中の目線から語られる人間ドラマ。
静かに情熱的に流れる恋愛模様が心地よい感じ。
温八

温八の感想・評価

4.5
密かでささやかな同性愛感情。
タキは奥様を愛し、ご家族を愛し、皆が暮らす家の全てを愛していた。
奥様に足を揉まれてタキが戸惑うシーンが印象に残る。
Pupille

Pupilleの感想・評価

5.0
戦時中の戦争のない家族の物語。
そこに罪はあったのかな、、優しい人の話だったな〜
scope

scopeの感想・評価

3.5
松たか子がこの映画に合っている。
時代背景も、役柄も全体の雰囲気も。
退屈で眠い。でも、丁寧な映画。
5nd

5ndの感想・評価

4.0
家の外観含む外がいかにも作り物だったのが思い出の中っぽくてかわいかった
2014年 山田洋次監督作品。
「小さなおうち」を愛した女中オタキ役の
黒木華の 目元が印象的。
戦時中をさりげなく生きた人々を
うまく描いている。
時子役を 松たか子、板倉役を
吉岡秀隆だが、この組み合わせも
珍しい気がする。
原作を読んでから見ました。
本自体に情景描写が多い分、思っていた通りのシーンが多かった気がします。
一人一人のキャストの演技に惹き込まれる作品でした。
『2019年!一発目作品!』

みなさん!明けましておめでとうございます!!

本年もさまざまな映画を通じてスクリーンの世界へと味わう一年にしたいと思っています。
今年も何卒よろしくお願いいたします!


ということで、2019年、映画鑑賞作品一本目は、
山田洋次監督の「小さいおうち」をチョイスしました。

山田洋次監督の作品って笑えちゃうシーンが多い印象が個人的には強いのですが、
この作品は、人間の内面の葛藤だったり、複雑性を感じることがあります。

三角関係。
人が人を想うということ。

恋心に王手をかける言葉よりも、仕草や表情がいじらしく物語の展開として流れていく。

三角関係を感じたとき、夏目漱石が真っ先に脳裏によぎる。

人間の内面世界はコントロールが難しいですよね。
立場は一応あるとして、
でも、ジワジワとトキメイテしまう人間のココロというもの。
目に見えない。物質的ではない。

その世界観を山田洋次監督が腕を振るった作品だと思う。
黒木華以外の俳優の没個性感が凄い。それ以上に山田洋次の力技演出が凄い。いわゆる平成の最後にこの映画を見といて良かった。次の時代、元号はまだ分からないけど、なお一層戦争が遠くなるんだろうな。
ついぞ70年前、こんな時代だったんだな…。お正月にしみじみ、今という時代に感謝。そして、今を生き切ろう!
指の動きひとつでじれったさを表現する松たか子がエロすぎた。
胸が心地よく締め付けられる作品。
>|