小さいおうちの作品情報・感想・評価

小さいおうち2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:136分

3.6

「小さいおうち」に投稿された感想・評価

monster

monsterの感想・評価

3.8
松たか子が妖艶!
最初の橋爪功さんの話がなければこの結末にならなかったかも知れない🤔
粉雪

粉雪の感想・評価

3.3
見ました。忘れてたけど、思い出しました。
松たか子が色っぽかった。特に帯の結び方のくだりとか、着物っていいな、と思いました。
どれだけ年月が経っても戦争の傷は癒えない。
良い映画でした。
カレン

カレンの感想・評価

3.0
当時、結構話題になっていましたね。
気になってはいましたが、なかなか観る機会がなくて先日やっと視聴。

戦争の足音がそこまで聞こえて来ているのに、一般庶民のなんとのどかなこと。
まあそんなものかもしれません。

ひとつ分からなたかったことがあります。
お手伝いさんのあの行動は、奥様を好きだったから?それともあの絵描きさんを好きだったからなの?
理解力のなさ、恥ずかしいです😣
小さいおうち、というかわいい題
そしてかわいい建物ビジュアル

そんなことで優しく終わるわけは決してなくて、戦前から戦中の嫌な部分をひとつの裕福な家庭にフォーカスして語られる。青春も恋愛も家庭も自由には出来ない。

全般通して倍賞千恵子がナレーションなんで、涙は出る。
「もし僕が死ぬとしたら
タキちゃんと奥さんを守るためだからね」

時代に翻弄されたロマンスを思い出し語り継ぐストーリーが素敵だった。
全体的に絵画的にカラフルな感じがあって、昔の話でありながらおとぎ話を読んでるようだった☺️🏡

最後の手紙が告げる全ての真実。
思わず声が出て驚きました。

松たか子さんの澄んだ声と怪しげな色っぽさが素敵。あの時代のお着物の感じとか、言葉遣いを真似したくなった。

けど全体的に泣き声が多くて、現実に引き戻される感じがあったかも。。
作品の雰囲気が好きだった。昭和レトロな感じ。黒木華、かわいいなあ〜。
期待を持たせた割には少し拍子抜けするラストだと思った。かし、当事者になればひきずるものなのかもしれない。
Y

Yの感想・評価

3.7
小さい頃よく読んだ絵本だったので、
「お。」と思って鑑賞。

時代はまさに戦争中だけれど、素敵なお話でした。おばあちゃんの昔の話、もっと聞いてみたいと思った。

このレビューはネタバレを含みます

語り手として、倍賞千恵子さんの声って本当に素敵です。そして涙を誘います。

私が鈍感過ぎたのですが、まさかタキの好きな人が奥様だったなんて。

松たか子さんの帯を締める姿なんかもお綺麗で素敵だったけど。それは、いそいそと不倫しに行く姿なんですよね。

激動の戦時中を経た、寂しく切ないお話でした。
まさば

まさばの感想・評価

4.0
丁寧な日常、良いものを少しづつ、な感じがたまらなかった。
タキさんの自叙伝は、記憶の美化が入ってるんだろうな〜と思ったけど、何度も繰り返し思い起こす、大切な思い出なんだなって思った。いいと思う〜
小さな罪を忘れられず、捨てられずにずっと手元に置いておいてるのがいじらしい
言葉遣いも、生活も、服装もどれもきゅんときたし、素敵で見習いたい。晩年のタキさんのお部屋も素敵。
赤い屋根の油絵を(板倉さんが描いたのかな〜て思ってる)、遺族が破棄してください、て言ってるのが切なかった。思い出も道具の価値も、分からないとゴミなのか〜

月光荘のスケッチブック使いたくなった
saki

sakiの感想・評価

3.5
恋愛感情だけではない、その人のことがとても好きで大切な気持ち。

全体的に品がある。
松たか子が素晴らしかった。色っぽい。妖艶。
>|