小さいおうちの作品情報・感想・評価・動画配信

小さいおうち2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:136分

3.6

あらすじ

「小さいおうち」に投稿された感想・評価

せ

せの感想・評価

3.3
邦画がみたくてみた普通かな。
同性愛ってこと?
そもそも浮気してる時子があかんのやし、タキちゃんが気にすることじゃないと思うんだが、、それ(会わせなかった)ことについてずっと悩み泣いていたのなら全く問題ないので泣かなくていいと思う、、ということではないのかもしれないけど。失恋が悲しかったのか、、結局本人が泣いていた理由は本人しかわからない。亡くなった人に関してはより一層わからない。記念館の人、普通、人の住所を教えるか?!
とか思ってしまった。みんな演技は上手。
感動させたいんだろうが泣くところが共感できなかった。雰囲気はいい。ただ、空襲のシーンが安っぽすぎる。
echo

echoの感想・評価

-
こういう人生を長く語るような
映画やドラマはあまり得意ではなく
途中で飽きてしまったりするのだけど
この作品は最後までゆったりと
鑑賞できた。

出演者がみんな素敵。
この人が!と特化して言えないくらい
みんな素敵。

今ではありえないような
上司の発言や状況も描かれていて
なんともいえない気持ちになった。
赤紙が来たら祝杯かぁー。
会社のために見合いをしろかぁー。
って。
くらも

くらもの感想・評価

3.5
黒木華と倍賞千恵子がすばらしい。
黒木華さんの唯一無二の雰囲気。
ラスト10分が微妙だったな。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

3.4
いい映画だ。山田洋次監督らしさがよく出ている。

黒木華はいい女優だね。古典的な感じの映画が良く似合う。

妻夫木聡もいい役だ。アメカジスタイルもよく似合ってた。

久石譲の音楽ももちろん文句なし。

でも、やはり戦争はおぞましいものだ。二度とあってはいけない。
K

Kの感想・評価

3.8
生涯独身で1人暮らしをしていた大叔母が残した自叙伝を読みながら、彼女が若い頃女中として働いていた昭和の激動の時代の中で「赤い屋根の小さいおうち」でひそかに起きた恋愛事件を描いた物語。

山田洋次監督らしい雰囲気がとても素敵。

いつもの山田洋次監督メンバーも相変わらず良いです。
はっぴ

はっぴの感想・評価

3.4
なんとなく音楽がジブリっぽいな〜なんて思っていたら、久石譲さんが担当されていました。納得です。

このレビューはネタバレを含みます

GYAO無料配信1.5倍速で視聴
当方貧乏暇なしなのでこういう下級視聴形態
お金持ちの方々は課金して好きな映画見たらいいでガンス

昭和の初めごろは女中がいるのが一般的だったって言われるとそうかと思う
設定的には日の名残り日本版
黒木華がかわいい
松たか子が色っぽい
脱がないのに帯ひもの結び目ひとつを見られることだけでであんなことやこんなことが…
空爆シーン特撮があえての?作り物っぽさ安っぽさ
「嫌な時代になったなぁ」の後のセリフ2020年に対する予言みある
妻夫木聡も吉岡秀隆も若くみえる
全て説明しないところが深いけど不快ではない
ラストには希望があるなんて言ったらわしゃもうじいさんじゃ
時々ニュースで見る独居死老人にもこういう過去があるっていうバファリンの半分みたいな映画で、それはいずれそうなる俺にも必要な成分
意外と絵本は関係なかった
罪深い吉岡秀隆の話。

松たか子の色っぽさといったら何なんだい…?
この時代を家の中から戦争以外に着目して書かれた珍しい作品。純文学のような構成。

女性が女性に憧れる、
男性への愛に嫉妬する。
akishimo

akishimoの感想・評価

3.7
日本の良き映画。

音楽がジブリっぽいな、と思ったら
久石譲だった。

この演技派な出演者は、、と思ったら
山田洋次ファミリーだった。

倍賞千恵子と松たか子、いい!
そして何より黒木華ちゃんが凄くいい!

妻夫木くんの大学生役には無理があるんじゃないかと思うけど(笑)
さえない風の優男、ピカイチ!
本当はめちゃめちゃカッコいいんだけど…

戦時下の生活を、戦争映画とは違った視点で見れたり勉強できたりするのはよかった。
>|