あ・うんの作品情報・感想・評価・動画配信

「あ・うん」に投稿された感想・評価

mn

mnの感想・評価

4.0
プラトニックラブとは何たるかがほんの少し垣間見えるような作品。
個人的には、「ヤクザもの期」を過ぎて「優しいおじさん期」に入った健さんの中で1番好きな作品。
門倉が水田家にやってくる冒頭のシーンとか本当に好きだなー。

たみがなんともかわいらしくて。
奥方がいるのに、実らないとわかっているのにどんどんたみに心惹かれてしまう門倉の気持ちがとても自然に伝わるし、汚らわしさが全くない。水田なんかと別れて門倉と一緒になればいいのにってちょっと思いつつ、たみが水田と結婚したのもなんかわかるな〜と納得させられちゃう。

雪降る夜に、門倉が「行きなさいさとこちゃん。今日はもう帰ってこなくても良いよ、おじさんが責任取る」と赤いエリマキかけてあげて恋人を追いかけさせるシーンは何度見ても格好良い。こんなおじさん知り合いに欲しいし色々相談聞いてほしいわ。
富司純子演ずるたみがお茶目でかわいい。
眠っている二人に豆(?)を飛ばすシーン好き。

しっかし高倉健と坂東英二だったら断然高倉健でしょう…
どう見たって五分ではない…
そらあ富田靖子も高倉健に相談するわ。
mia

miaの感想・評価

3.9
言わぬが花。
この絶妙な距離感、空気。
それで良い、それが良い。
親、子、男、女の想い、もの凄く渋い物語だった…
大人の修学旅行楽しそう。
MaricoAbe

MaricoAbeの感想・評価

3.8
原作とちょいちょい違えど、これもまた良い。
原作で想像してた登場人物よりも、みんな少しずつひょうきんだったけど、テレビドラマっぽくてこれまた良い。

でもやっぱり、おでんのシーンは水田でやって欲しかったな...
五分五分だなって、水田に言ってほしかったな。

みんながみんな本当は分かってて、でも崩したくないから、自分の立ち位置確認しながら均衡を守ってる姿がまぶしい。
olive

oliveの感想・評価

3.8
NHKのドラマで杉浦直樹がとても良かったのが強く印象にあったが健さんは全然違って何時もの健さんとも違っていて良かった。時代が時代だからプラトニックだけどそれだけに友情と恋愛のやるせなさがなんとも言えない感じになっていた。
向田邦子は家族や友達の中にだからこその近親憎悪ともいえる感情を描く人だ。

このレビューはネタバレを含みます

高倉健が妻帯者なのがよかった、もし独身だったらかっこよすぎて、浮世離れしすぎて、あの庶民じみた切なさはなかったかも。


めも
喫茶店  恋人がいるやつと握手なんかしないよ
さとこちゃんを見送るシーン  帰ってこなくて良いよ、赤いマフラー、赤い花
さとこちゃんが家出じゃなくて安心した旅館、さとこちゃんを見送って酔い潰れたラスト

心中?情死?のリフレイン
方眼

方眼の感想・評価

4.0
向田邦子原作。踊る富司純子に惚れる健さんの気持ちは良く伝わる。不穏な戦前の空気、庶民生活、大人の三角関係。クライマックスは、過ぎた青春への想い。
みやお

みやおの感想・評価

4.2
めちゃめちゃよかった!!高倉健と戦友の板東英二とその妻宮司純子の不思議な三角関係。戦友同士の友情。切ないし、優しい。
宮司純子が旅館の部屋で2人に豆を当てるシーンはずるいー!縁側で踊っているところを見られて恥ずかしがるシーン、おでんのシーン、全て良かった!

みすみす実らないと分かっていても、人を好きになる。
富司純子が綺麗すぎる。
板東英二の標準語が下手すぎる。
健さんはいつもと違うキャラでも、やっぱり間のとり方、表情など安心して見ていられる。

筋は、仲良し三角関係で、日本らしくプラトニックで終わる。なんか1本筋が通っている訳ではなく、男の友情がくっ付いたり離れたり、散漫な感じがした。

違う健さんが見られたのだけが良かった。
>|