4/猫 ねこぶんのよんの作品情報・感想・評価

4/猫 ねこぶんのよん2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:94分

3.2

あらすじ

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの若手映像クリエイター支援プログラム「Go-all」から、「一匹の猫が住みつく、とある駅を利用する市井の人を描く」というたった1つのルールを守り、今後が期待される若手映画監督4人がそれぞれ個性的な短編作品を生み出した。解散の危機を迎えた漫才コンビの顛末を描く『猫まんま』(上田慎一郎監督)、女子中学生の嘘のメールが招いた思いがけない事態を描く『ひかりと嘘のはな…

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの若手映像クリエイター支援プログラム「Go-all」から、「一匹の猫が住みつく、とある駅を利用する市井の人を描く」というたった1つのルールを守り、今後が期待される若手映画監督4人がそれぞれ個性的な短編作品を生み出した。解散の危機を迎えた漫才コンビの顛末を描く『猫まんま』(上田慎一郎監督)、女子中学生の嘘のメールが招いた思いがけない事態を描く『ひかりと嘘のはなし』(早坂亮輔監督)、スリを働く母娘の絆を描く『一円の神様』(浅沼真也監督)、休業中のホテルの支配人と事情を抱える宿泊客の交流を描く『ホテル菜の花』(中泉裕矢監督)。三浦誠己、木南晴夏、柴田杏花、長谷川朝晴、山田キヌヲ、朝倉あき、山中崇といった実力派俳優、若手俳優が見事なアンサンブルで心温まる人間ドラマを織りなす。あなたの心に残る作品は、一体誰の作品か?一匹の猫が物語を繋ぐ、新しいオムニバス映画がここに誕生した!

「4/猫 ねこぶんのよん」に投稿された感想・評価

玉露

玉露の感想・評価

3.0
猫が連れて行ってくれる
私たち観客も年目線で
kameko

kamekoの感想・評価

3.5

4者4様の作品で飽きずに観れました。
印象に残っている役者さんは山田キヌヲさん。あと山中崇さんはやっぱり上手い。
アフタートークも面白かった。中野量太さん、とても納得出来る評で、なるほどと思いました。
SP

SPの感想・評価

-
山田キヌヲさん主演の『一円の神様』がちょっと嘘だろというくらい凄かった。なんだこれ。号泣。キヌヲさんの、こんなひといるかもしれない感がすごいし行いは褒められたものではないけど応援せずにはいられない感たるや。あと、最後の長回し!脚本も素晴らしい!

上田慎一郎監督の『猫まんま』も良かったなあ。ラストのあれはじんときたな。あと、編集がすごーく好きだなと思った。『彼女の告白ランキング』しか観てなかったけど、オーソドックスなのも素敵だなあ。やー、面白かったです♡
短編特有のつかみは各々一級でありながら、突出した出来もなく、つながりも希薄で、総じて凡作
それぞれ違った作風で面白かった!上田監督の猫まんま良かった!短編の短い時間の中で2人の関係性やバックボーンが伝わってきてぐっときた。
YumaUto

YumaUtoの感想・評価

2.5
知り合いの出演と篠原さんのトークショー目当てで鑑賞。短編はやっぱ見易い。1円の神様は長回しが多くて好みでした
westtribe

westtribeの感想・評価

3.5
「一匹の猫が住みつく、とある駅を利用する市井の人を描く」
という制約のもとに制作された、4編のオムニバス。
「予想外の展開などが一匹の猫によって結び付く」という宣伝文句は偽りありだな。

4作とも同じネコが出てきますが、いずれもチョイ役どまり(最後の一編はそうでもない?)

木南晴夏の漫才ドラマが良かった。
表参道高校合唱部!のピアノ少女こと柴田杏花出演の2作目もなかなか。
スリを続ける母娘の3話目、ちょっとファンタジックな4話目。
それぞれ好き嫌いは分かれそうですが、
きっと気に入る作品があると思います。

しっかし、みんな見事なまでにネコが主役の脚本は避けるのね…

シネ・リーブル梅田では来週いっぱいで終映なのでご注意あれ。
なにもかもゆるしてしまいそうになる、三浦誠己さんの関西弁の良さが炸裂!