ナミヤ雑貨店の奇蹟の作品情報・感想・評価

ナミヤ雑貨店の奇蹟2017年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかにな…

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかになっていく雑貨店の秘密と、相談者たちと敦也たちの共通点。彼らがこの雑貨店に忍び込んだのは偶然ではなかったのかー?そして、敦也たちがある人物からの"最後の手紙"を受け取ったとき、彼らの運命が大きく動きだす。―隠された繋がりの謎が明らかになる時、思いもよらない感動と衝撃のラストが待ち受ける。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に投稿された感想・評価

ゆみ

ゆみの感想・評価

3.5
好きな俳優さん、好きな脚本家さん、好きな監督さんだからとても期待して見たのに
期待しすぎたのかな、、、
思っていたよりも面白みはなかった
繋がっていく感じは良かったし、ちょっと感動を誘うシーンもあったが、無駄なシーンも多い。
後の展開が予想できてしまうのが残念。
期待して見なければ普通に良いといったところ。
あやか

あやかの感想・評価

3.5
記録

最後に繋がっていくのが面白い
山田涼介美しい たくさんは出ない
kota

kotaの感想・評価

4.4
つまらない男の人生だったね
あきこにこう言った、西田敏行演じる波矢のおじいさんに涙。
人生につまらないも面白いもない。誰もその人の人生を否定できない。そう思わされた。お悩み相談で他人の人生と向き合ったことにより、たしかに世界を大きく変えはしなかったかもしれないが、今を生きられた人がいてそれだけで十分凄いことだと思う。
東野圭吾らしいトリック。
本のほうが良さそうな予感。
時を越えた絆・人が人を思う気持ちに泣きました!😭
なつ

なつの感想・評価

3.8
とても暖かいファンタジーでした。
若さゆえの行動や思考など先人は全てお見通しなのだなぁと自分を省みたりも。
人を思いやる心や、本人の心一つで人生変わったりやり直せるというメッセージもとてもわかりやすく伝えてくれるので主演の子と同世代やそれ以下の若い方々に見てもらいたい作品。
な

なの感想・評価

3.6
東野圭吾作品が好きなので見ました。
すべてが繋がった時じんわりきた
森コロ

森コロの感想・評価

3.9
クリスマス・キャロルのような一夜の優しい奇蹟が人々のココロに温かな火を灯す。。。ジャニタレと二世俳優陣がどうかなーと思ったけど、門脇麦と林遣都が良かったので救われたかな。そして山下達郎の主題歌が泣かせる。。。
まさ

まさの感想・評価

3.6
原作未読で鑑賞。最近ちょいちょいある時空間に仕掛けがあるストーリー。そこに引っ掛かるとストーリーが入っていかない。なんとかほっこりできたけど、涙まではいかなかった。
なこ

なこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全てのストーリーが繋がってて東野圭吾の素晴らしさに感動しました。
一つ目の悩み相談の林遣都、彼の人生は負け戦で終わってしまった、けれども将来素晴らしい音楽を残した彼は英雄として残る。その素晴らしい名誉を知らぬまま死んでしまうのが悲しすぎた、涙止まらんかった。
その後のストーリーとも全てが繋がってるから、もうずっとずっと泣いてた。
西田敏行の演技も本当に素晴らしかった。優しいおじいさん。みんなに親しまれてて見てるだけで素敵な人、すばらしい人って思えた。
出ている俳優さんたちみんな演技が素晴らしくて本当にひきこまれる。

これからどんだけ悲しいことがあっても、強く生きようと思える映画。
最高でした。
>|