ナミヤ雑貨店の奇蹟の作品情報・感想・評価

ナミヤ雑貨店の奇蹟2017年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかにな…

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかになっていく雑貨店の秘密と、相談者たちと敦也たちの共通点。彼らがこの雑貨店に忍び込んだのは偶然ではなかったのかー?そして、敦也たちがある人物からの"最後の手紙"を受け取ったとき、彼らの運命が大きく動きだす。―隠された繋がりの謎が明らかになる時、思いもよらない感動と衝撃のラストが待ち受ける。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に投稿された感想・評価

ぴぴ

ぴぴの感想・評価

5.0
映画館で見てよかった。
みんなの関係が繋がった時がやっぱり泣ける
mamilktea

mamilkteaの感想・評価

3.5
思ってたほど感情を揺さぶられなかったかも、というのも多分各キャラクターのストーリーが短くなってしまってるから。何人も登場するから仕方ないんだとは思うけど、めっちゃ感動という感じではなかった。それでもこんな風に誰にもいえないけど1人では抱えきれない悩みを聞いてくれる人、場所があることがすごく素敵だと思った。
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.3
観ているうちにいい映画じゃなかしら、と思い始め
やっぱり原作が東野圭吾。
上手くストーリーでひっぱっていきますね
原作は読んでいません。
読みたくなる映画でした。

何年もの人間像が絡み合いながら手紙というコミュニケーションで繋がっていく。
悩みを聞くということがどんどん人生に入り込みそれはおごりではないか?と気になってしまう。
自分の人生を終わろうとしているその時。ナミヤのご主人。


私は悩みを聞いて欲しいほうだ。自分に自信がないから。
それに聞いてあげれるほど人間が出来ていないから。
何かをする時どうしたら良いか
あと少し背中を押して欲しい時がある。自分の気持ちは決まっているのだが"それでいいんだよ!"っていって欲しい時がある。聞いてくれる人がいることは幸せであると思う。
その聞いているその時間を自分のために使ってくれているという事。ありがたいことである。


filmarksを始めて邦画を観る回数が増えたと思う。
皆さんのレビューで興味が湧くことが多くなった。
何故今まであまり邦画をみなかったかというと
言葉ももちろん風景や間の取り方でさえ同じ日本人なのでリアルに感じてしまうから…。

映画鑑賞は基本現実逃避なので洋画であれば遠い国の知らない景色であったり聴いたことのない音楽だったりお洒落が観れたりetc.etc.…
もちろん洋画が好きですか邦画もなかなかいいなと思うようになりました。

この映画のようなファンタジーな感じはいいですね。
暴力もなく血もないから。

時々何年のところの話?って分からなくなったりしたのでまた機会あれば観たいと思います。
そうしたらまたレビューが変わりそう☺️

東野圭吾いいですね。
頭の中覗いてみたい人の一人。
mofu

mofuの感想・評価

3.3
東野圭吾史上、最も泣ける感動作。っていうキャッチコピーが気になって鑑賞。

手紙を通じて、30年前の世界と繋がって、人の悩みの相談に乗り、回答をもらった人の人生に影響を与える。

思ってたより 時代がコロコロと変わって、悩みの相談者も変わって、話についていくのが大変。
全体的に説明や細かい表現が少なく感じた、SFすぎて そこまで感動もせずやったな〜。

でも 西田敏行と、子役の子の演技が輝いてた。そこが高評価。
人間の縁とはいかに深いものなのかということを考えさせられた。
りい

りいの感想・評価

3.3
引き込まれるようなシーンが少なく、長く感じてしまった。
ストーリーについて行くのが大変で。
でも若手三人の演技が新鮮で良かった。
なんて素敵なファンタジー!

完全にSF寄りの映画だと時空を超えるお話はすんなり受け入れられるんだけど、そうじゃない映画はちょっとツッコミたくなっちゃう。なんで?どういう仕組み?って

でも、観てるうちにだんだん引き込まれて気にならなくなった。

話が進んでいくうちにピースが揃っていって最終的に繋がるんだけど、なんかスッキリしないんだよな~

知ってる役者は何人かいるんだけど、もっとキャスティングが豪華だったらより楽しめたかな?と


鈴木梨央ちゃんは演技だけじゃなく歌も上手かったのは驚いた。


あんな素敵な返答ができる悩み相談をできるような人になりたい。
まろん

まろんの感想・評価

3.7

敦也、翔太、幸平の3人
時代は2000年の彼らが忍び込んだ空き家のナミヤ雑貨店
そこにあった1970年の悩み相談の手紙………
面白半分で返事を牛乳箱に入れたら返事が郵便口にすかさず返ってる

これはいったいどういうこと??
映画の中の3人と全く同じ気持ちの
(・_・?)

コロコロと変わる年代と悩み相談者達………
なんとなくのいずれ分かるだろう布石の繋がっていない点と点と点………

モヤモヤとしたストーリーの霧が晴れた時………
Σ(゚Д゚ノ)ノ
どひゃーと叫びたくなるような納得な東野圭吾の映画
ルズ

ルズの感想・評価

2.7
原作もそうなのかもしれないけれど、悪い意味で、ものすごく長い時間観てるような気になってしまう映画だった。内容がぎっしりなのかな。途中で観るのを諦めてしまいそうになった。西田敏行さんの演技には泣いてしまった。
あんまりだった〜〜なんかよくわからんかった。山田涼介可愛い。
>|