ナミヤ雑貨店の奇蹟の作品情報・感想・評価

ナミヤ雑貨店の奇蹟2017年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかにな…

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかになっていく雑貨店の秘密と、相談者たちと敦也たちの共通点。彼らがこの雑貨店に忍び込んだのは偶然ではなかったのかー?そして、敦也たちがある人物からの"最後の手紙"を受け取ったとき、彼らの運命が大きく動きだす。―隠された繋がりの謎が明らかになる時、思いもよらない感動と衝撃のラストが待ち受ける。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に投稿された感想・評価

うぬま

うぬまの感想・評価

3.2
いろいろな人が繋がって、全ての話にどこかしら共通点がある構成にはさすがだなあと思った。爽快感というか。でも、なんだか安っぽい。こういう感じに作れば感動するでしょ?みたいな風に感じてしまった。演者も話もいいんだけど、なんでか入ってこない…。林遣都はミュージシャン役で、ボサボサ髪にヒゲ。鍵になる歌のキーが高くて、林さんにはもっと違う曲がいい気がした…。マイナスなことばかり書いてしまう。30歳設定の林遣都は短髪ヒゲでいい感じだった。短髪ヒゲでくしゃっと笑われたらもう好きになってまうわ。
saki

sakiの感想・評価

3.1
最後まで見ると面白い。見ている途中は、話が分かりにくくて面白くないなとか思ってしまったけど、最後に向かうにつれて、なるほどね~とボンヤリしていたものがはっきりとわかってきて面白いと思えた。やっぱり東野圭吾すごいな。

いい話なんだから、もっといい感じに引き込まれたかったという気持ちでこの評価。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

4.0
原作既読。いつも原作と映画を比べ残念な思いでちゃちゃを入れることが多いのですが、本作はそういう意味では、鮮やかに裏切られ、本当に素晴らしく全くそのような気持ちを持つ必要もなく、話が進むにつれ不可思議な世界にどんどん引き込まれ、鳥肌が立ち、とても楽しめ感動しました。西田敏行氏素晴らしかったです。
s

sの感想・評価

-
二子玉にて

東野圭吾ということでみた

ないた

林遣都が良かった
ジージャン似合ってた
DSPEC

DSPECの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

お悩み相談の手紙が届くと、西田局長が直ちに探偵を派遣して…そういう話しではないのね。

[空の上から皆んなの幸せを見守っている]と言い残して亡くなった、丸光園の創業者の成海璃子。

園のピンチと、かつて駆け落ちまでした、昔の恋人、西田敏行の喪失感(かつて悩み相談を受けた女性を死なせてしまった)を救う為、ナミヤ雑貨店名物お悩み相談と、丸光園の関係者を上手くリンクさせて、救ったというファンタジー映画。

全てが璃子ちゃんの脚本、脚色のストーリーで、登場人物の全てが繋がっているのは必然なのだ。ただ少し感動というエッセンスを加えたのは璃子ちゃんの遊び心。
映画館でボロボロ泣いた。隣の席にいた知らん男の子も泣いてたから多分すげー良い映画 西田敏行の演技をちゃんと観るのが初めてだったが本当に良かった。それだけで観る価値があると思えた。それぞれひとつに繋がって行くストーリーもさすが東野圭吾、ただお涙頂戴で感動させるだけじゃないな! 感動したいけどそれだけじゃ物足りんぞ、という方は是非。 山田涼介は作画が神
わあ

わあの感想・評価

4.0
すべてが繋がって涙が出ました

過去が未来へ、未来が過去へ、、素敵でした

ナミヤ雑貨店の温かさと手紙の字のきれいさがすばらしかったです

廃屋にロマンを感じてしまいそう(笑)
瑞稀

瑞稀の感想・評価

3.8
完全ボランティアのライトなものであるとはいえ、相手の顔も仕草も声色すらもわからない、文面のみでのカウンセリングとか死ぬほど難易度が高いのにこれだけクライアントの人生に残れるナミヤさんと雑貨店に迷い込んだ悪ガキ共の能力はすさまじい
とか教職っぽいこと言ってみる
Yumiko

Yumikoの感想・評価

2.0
『東野圭吾史上最も泣ける』と書いてあったので期待しすぎたみたい。
涙もろいほうですが、特に泣くとこなかった。
ストーリーもまあまあ。
何でこの園長、一緒になってギター弾いてんねん、しかも左利きで、と思ったらPANTAだった。びっくり。いかにも泣かそうのあざとさが見えるのに、やっぱり涙が・・・。よかったです。
>|