ナミヤ雑貨店の奇蹟の作品情報・感想・評価

ナミヤ雑貨店の奇蹟2017年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかにな…

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかになっていく雑貨店の秘密と、相談者たちと敦也たちの共通点。彼らがこの雑貨店に忍び込んだのは偶然ではなかったのかー?そして、敦也たちがある人物からの"最後の手紙"を受け取ったとき、彼らの運命が大きく動きだす。―隠された繋がりの謎が明らかになる時、思いもよらない感動と衝撃のラストが待ち受ける。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

結局無関係と思われた登場人物が繋がっていくっていく内容最近多くないか?これも奇跡だよなー。繋がるべきして繋がったという演出なのかな?
biblos

biblosの感想・評価

4.0
西田敏行の演技が好き。東野圭吾の世界観を感じる。ただ、ちょっと最後まで細かい関係が理解できなかったかも。この雰囲気だと、エンドロールの後に何かあるかと思っていたのに、そこは残念。
Husky

Huskyの感想・評価

3.4
どうも主役3人より脇を固める俳優陣の良さが際立ってる気がする。
話は夢があっていいです。
飛行機でちょっと泣きそうになった。
ゆっか

ゆっかの感想・評価

4.0
原作を読んでからだとなお楽しめる作品。

原作を考えると省かれている部分も多いが、映画という限られた時間のなかでうまく原作の世界観が収められていたので、原作ファンとしてもおおむね満足。

原作でも泣いたが、映画では音や役者さんの表情が加わり、涙が止まらなかった。
もう一度見たい作品です。
shiho

shihoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


原作を読んでからの鑑賞でした。

現代と過去のすれ違いをうまく表現できるのかとか、最後男の子3人が雑貨店で経験した出来事と彼らの過去が綺麗に繋がるのかドキドキしていました。

過去と現在を行き来する内容だったので、時々「このストーリーはどっちなんだ?」と思うシーンもしばしばありましたが、とても綺麗にまとまっていたと思いました。
面白かったかと言われると、原作を読んでいたのでうーん…と思いましたが、映画としてはとてもいい作品だと思いました。

キャスティングが自分のイメージにぴったりハマったので、よりしっくりきたのかもしれません。
オススメされて鑑賞。
ヒューマン寄りの感動作品かと思いきや、SF要素が強く、わたしの好みではなかった…。
山田涼介が作品で評価されているが、実際は尾野真千子とか他の役者目線のストーリー展開が多かったので少し拍子抜けした。
感情移入できなかった。
もう観ないと思う。
山下達郎の曲がすごく合ってた。それを門脇麦が劇中で歌ってるのもよかった。
ychaaan

ychaaanの感想・評価

2.8
原作は良いお話なんだろうなと思ったけど、体感時間がとても長く、個人的には雰囲気映画の印象。間の取り方が全体的に少し伸びすぎていると感じた。
さらに小物や背景の時代設定がユルめ。
適所で虹郎くんが良かったし、山田くんは西田敏行さんに色々学ばせて貰えたんじゃないかなと思うとあたたかい気持ちに。
たけ

たけの感想・評価

3.3
原作が完璧に練られたシナリオであるので実写化するにあたって多少の改変がみられたのが残念。小説を読んだ時に得られた驚きや感動が薄れた。尾野真千子がすごい。
tomomorero

tomomoreroの感想・評価

3.4
期待してなかった分、よかった
タイムパラドックス的なとこもあるけど、細かいこと気にせずいいもんはいいな
>|