インターステラーの作品情報・感想・評価・動画配信

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

4.2

あらすじ

「インターステラー」に投稿された感想・評価

Maki

Makiの感想・評価

5.0
TARS「どうやって?」
クーパー「愛だよ愛」
 
もう大好きでたまらない。
これは最上級の映画体験。
 
クリストファー・ノーラン監督作品は
【ダークナイト】以降ずっと劇場で観てきたのに
2014年 気づくと上映終了【インターステラー】。
オンデマンド配信で心を打ち抜かれた。
自宅で観返して満足すればするほどに
劇場で観逃した後悔も募るもどかしさ。
 
それがようやく報われたの。IMAX総選挙に大感謝。
美麗な大画面と鮮烈な大音響を全身に浴びて没頭。
絵空事だよ絵空事。でも愛すべき絶品の絵空事だ。



【以下ネタバレ】



● 宣伝コピー「必ず、帰ってくる。」
現実に易々叶うものではないとよくわかる。
痛いほど知っている。嫌なほど知っている。
だからこそ物語の父には帰ってきて欲しい。
絵空事でもいい。そう願わずにいられない。
 
● 展開
・ウラシマ効果にうろたえるは【トップをねらえ!】や【ほしのこえ】を想起。重ねて藤子・F・不二雄も想起。過去の自分に怒鳴る男を。二百億光年先に挑む男を。
・本棚に潜んだ幽霊。十年飛んだドローンの降下。コンバインの奇妙な集結。何が橋渡し役だ。重力が遮る砂塵。バイナリでNASA座標。モールス信号で「S T A Y」。娘に託した腕時計。それら序盤の事象台詞が終盤に続続と伏線回収される。その手際たるや!
・人類救出ラザロ計画。土星付近ワームホール。相対性理論とウラシマ効果。ガルガンチュア=カーブラックホール。事象の地平線で重力ターン。運動第三法則とペンローズ過程。エルゴ球と特異点リング。量子と重力。四次元立方体と五次元の親切な彼ら…ガチガチSFが怒涛の廻り捲り昇る下る昇る下る。火の火炎の桃源郷または聖なる輪のモータードライブ。ついに死を覚悟したクーパーがリングをくぐり抜けるとそこはまさかの遠い我が家!幼きマーフの部屋!あの本棚の裏側!ノーラン兄弟の気狂いに喝采。変な声で叫びそう。何度観ても発熱いや沸騰する。
 
● 台詞
・ディラン・トマスの詩「穏やかな夜に身を任せるな。老いても怒りを燃やせ 終わりゆく日に。怒れ 怒れ 消えゆく光に。」
・クーパー「親というのは子どもの未来を見守る幽霊なんだ」
・アメリア「そして愛は時間も空間も超えることができる」
・TARS「過去を変えるために 呼ばれたのではない」
・クーパー「呼んだのは彼らじゃない…俺たちだ」
 
● 役者
・娘マーフ(マッケンジー・フォイ / ジェシカ・チャステイン / エレン・バースティンで演じ分け)が愛らしい。
・アメリア博士(アン・ハサウェイ)。冷静な彼女が感情剥き出しで泣き嘆くのもぐっときた。最後の顔が…ああ。
・天才マン博士(マット・デイモンは惑星ひとりぼっちが似合いすぎ)も迷惑千万野郎だけど切ない
・息子トム(ケイシー・アフレックは心を閉ざした顔が似合いすぎ)も切ない
・最高の主役クーパー(マシュー・マコノヒー)!彼ったら渋いのに哀しいと顔くしゃくしゃに泣くのよね。助手席の毛布をめくってマーフが居ないと悟る顔。本棚の裏で悶え喚く姿。「ダメだ!俺を行かせないでくれっ!」涙が止まらないよもう(≧△≦)
・マシューは昔【インターステラー】に影響を与えたと噂される【コンタクト】にも準主役で出演。宇宙の深遠へ片道切符で挑む科学者ジョディ・フォスターを理性と愛情で引き止めようとした。今度は自分が愛する娘を残して宇宙の深遠へ片道切符で挑む飛行士。面白いつながり。
 
● 箱型ロボット!
・探検を補佐する「TARS」と「CASE」。彼らがまたいじらしいの。
・皮肉屋「TARS」。ジョーク好きだけど使命に燃える。ブラックホールに突入して量子データを取得する大活躍。ちゃっかり帰還してるし
・真面目「CASE」。多くの方が「TARS」ばかり書いているけど水の惑星でアメリアを救ったりクーパーを師匠と呼んでいたのは「CASE」。壊された「KIPP」を修理したがるイイ奴なの
・破損した宇宙船エンデュランスとの再ドッキング。クーパーと「TARS」と「CASE」が細かな連携で成功するシーンが熱い。
 
● 音楽
・暗黒と光明。無音と轟音。おなかに響くハンス・ジマー最強。
 
● 疑問点(でもいいの。愛で赦す!)
・水の惑星。一時間地球七年の超重力を小型機で気圏突破できるの?
・水の惑星や氷の惑星。ブラックホールに近いなら論外じゃないの?
・地球からのビデオメッセージあのワームホールも通過して届くの?
・マーフやること過激ね。理由知らず畑を全焼させられたトムって?
・クーパーも息子の扱い雑。帰還後にトムのこと話してないような?
・ブラックホール量子データをモールス信号で送るってどれぐらい?

● 有名な解説図
https://www.behance.net/gallery/21179181/Interstellar-Timeline
 
● 最後に
訳あって同じ映画のレビュー再投稿です。
過去Likeやコメントくださった方にお詫びします。
ご容赦ください(>Д<)ゝ”
nam

namの感想・評価

4.0
よくわからないんだけど、感動した…
たけだ

たけだの感想・評価

5.0
SFなんだけど、どこかリアル。
地球や宇宙のように、この物語もぐるぐるまわっている。
みく

みくの感想・評価

5.0
TARSがかわいい
アンハサウェイのセリフがとっても好きロマンチック
kaikaita

kaikaitaの感想・評価

3.3
インセプションもそうだったけどノーランの「自分ルール」がどんどん出てきて興味が持続しない。先の読めない楽しさ、みたいなものはあったけどラストの解決方法も「これがこうなって、こうなるんです!」と言われたところで、はぁ、そうですかという感じ。

親子の再会を感動ムードで描いてたけど、娘の成長を一切見られないって結構な悲劇では…。あと息子の扱いぞんざいすぎでは…。

TARSは萌え。というかあんだけ高性能なロボット作れるなら人間送り込む必要なくねえ?
ycagwyw

ycagwywの感想・評価

1.8
しょーもない部分でイキってるわりに、ダラダラ長い。これ作った人は「2001年宇宙の旅」は百回見てるだろうけど、「博士の異常な愛情」を見たことがないんじゃないだろうか。ちなみにいまの地球では食糧はフツーに足りてます。にもかかわらず、飢餓で人が亡くなっています。優秀なはずの物理学者がたくさんいても、福島の原発はぶっ壊れて大災害になりました。それが現実っす。いわゆる理科系の科学者だけ集まってどんだけイキられても、それが現実っす。知識人や作家や政治家はこの作品の地球には存在しないのかな???そういう気分になりました。この監督は「ダークナイト」以降、社会についての問題設定を間違えていて、それは意図的にイキってズラしてる気がしてならない。どうでもいいけど、いい加減アン・ハサウェイさんを重要な役に起用するのやめてほしい。よかったためしがない
宇宙は怖い
最後らへんは鳥肌。
>|