惑星ソラリスの作品情報・感想・評価

「惑星ソラリス」に投稿された感想・評価

yamgt

yamgtの感想・評価

3.0
たんたんと描かれているさまが、逆に恐ろしい。侵略者を脅かすつもりが心通わせて、海は何を思っただろう。

ところで、タルコフスキー作品において、
沼、雨漏り(しかも激しい)は何を示しているのか?調べてみよう。
第一部の終盤からノッてきた。しかし、長いな。

残念ながら途中で挫折した(気持ちと作品が合わなかった)ので、再挑戦予定。
mroq

mroqの感想・評価

-
劇中流れるバッハの曲が悲しげな印象。
自分が複製であることを知ってしまってからのハリーの台詞や行動が痛々しく刺さりました。
NoNA

NoNAの感想・評価

2.8
" 2001年 宇宙の旅 " と並び評されるSF映画の名作ということで鑑賞

残念ながらあまりハマれず
とにかく、前半第一部が長く退屈
ところどころ青やオレンジのフィルターがかかるがその意味も汲み取れず楽しめなかった
美術や衣装、ビジュアル的にも " 宇宙の旅 " に比べると地味、雑な印象
liftman

liftmanの感想・評価

4.1
VHSとか地上波でかつて何度か観た覚えもあるけど、初の劇場で鑑賞。家だとついつい寝てしまうけど、今回はしっかり。
とても深い映画体験で、クライマックスの哲学的な言葉は今になってやっとわかった気がします。

何度寝落ちしてもここだけは印象的だった首都高ドライブのシーンだけでも大画面で見た甲斐あり。
いつもながらのタルコフスキーの美しい水と自然の他にも、宇宙ステーションとかその図書館のセットの混沌がハリウッドとはまた全然違う世界観のSFが今改めてとても新鮮です。
全然気づいていなかったけど、効果音と音楽も素晴らしい。
ドローンがこれだけ合う映画も少ないと思います。

私的にはハリー役のナタリアボンダルチュクさん最高でした。
SF映画史上最も重くて最も美しい女性。

一瞬理解できなかったラストが、引いていったらもう、、、
AKITO

AKITOの感想・評価

3.0
海=青のイメージが作品全体を覆う。
惑星ソラリスでは、主人公が失ったはずのものが具象化されてゆく。そして最後には、彼の家の一部までもが惑星に再現される。
Low

Lowの感想・評価

5.0
大作だった
感覚的なのに哲学的
ラスト油断してた
映像作品として圧倒的
SFにすることでテーマが
浮き彫りになっていた
みて本当によかった
言うまでもなく、哲学SFの最高峰として、「2001年宇宙の旅」と並び称されるタルコフスキーの傑作であります。ソラリスという惑星を通して、人間が持つ潜在的な意識を映像化させた監督のテクニックはスゴいの一言です。亡くなった妻への想い、故郷への望郷の念など人間が生きいてる以上は絶対に頭から離れない想いをSF的描写してることに映画作品としての稀少性がありますね。
またクローン人間という問題も取り上げられて、神道的な描写も興味深かったですね。タルコフスキー監督の品格ある演出には唸るしかありません。
ストーリーも素晴らしいのですが、その世界観を余すところなく伝えた映像美で更に高尚さを持たせてます。人工的な美しさではなく、水を用いた自然美はタルコフスキー監督の真骨頂で魅せられました。これが40年以上前の作品とは信じられません。
またラストシーンは衝撃的過ぎます。冒頭の映像とラストの映像の繋がりが見事で、この手法は現代映画でも用いられてるところに映画界でリスペクトされることが伝わってきます。やはり傑作としか言いようがない哲学SFの金字塔だと思います。
2001年宇宙の旅とよく比較されるが、キューブリックが最先端技術を使い、外に向かって宇宙を描いていくのに対し、タルコフスキーはSFというジャンルを使ってはいるが、むしろ自分の内面に向かい掘り進んでいくかのような印象を受ける。

タルコフスキーの映画に通底して流れている郷愁のイメージは、言葉による説明的な懐かしさではなく、あくまでも映像。映像だけでロシアなんか行ったことないのに、時代も違うのに、記憶の奥の原風景を見せられているようで無条件に共感してしまう。それはやっぱりタルコフスキーの映画が芸術だからだ。芸術は説明しない、ひと目で人の感性、魂を鷲掴みしてくる。

コラール前奏曲をバックにブリューゲルの絵画「雪中の狩人」からの無重力状態での抱擁シーンは何度見ても鳥肌が立つ名シーン中の名シーン。とんでもない映像センス。

タルコフスキーの中からだけでもベストを決めるのは難しいが、音楽・映像・テーマ・キャスト(特にナタリア・ボンダルチュク美人すぎ)の全てが自分にぴったりハマった。オールタイム・ベスト1。
anakarumik

anakarumikの感想・評価

5.0
人間の定義とはなんだろうか。
何かに執着したり執われたりできること、と人間の私はひとつ定義としてあげたい。
そう考えるとあの実は優しい博士は、なんなんだろう。あのステーションの中で1番コワイ。
視覚聴覚効果がビンビンで、首都高のシーンやママとのシーンは脳内から離れない。
何回も観たい知りたい教えてほしい。
>|