ほとりの朔子の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ほとりの朔子」に投稿された感想・評価

だいず

だいずの感想・評価

2.5
見たけどそうハマらなかった記憶。多分チャンネルネコかなんかでみた。
生でも勤め人でもない、大人と子供の狭間にいる朔子が、周囲の人々が抱える小さな苦悩と共に過ごす夏休み。ノスタルジーとセンチメンタルが相まって沁みたよ、心に。
es

esの感想・評価

4.3
みんなの距離感とかシュールなシーンとか適当な服とかロメールっぽくて良い。日本の映画見たの久しぶりだけど日本の映画じゃないみたい。監督自身が海辺のポーリーヌオマージュって言ってて納得。
浪人の朔子。彼女はこの物語を進めはしない。周りの人間が進めていく。彼女は空っぽなのだ。彼女自身どこにいるのか分からない、水から地の間に、ほとりにいるのである。
友達から恋人の間(ほとり)。
若者と大人の差。
台詞の芝居くさい感じが苦手だった。
ずっとどこだか分からない原風景的な舞台設定が続くの8/32みたいでいい
99

99の感想・評価

5.0
フランス映画っぽい ロードムービー大好きなわたしにとってはどストライク エンディングの曲すごく良いけど音源見つけられなくて残念
夏とリアルは定番化されつつあるけれど、二階堂ふみの台詞回しなどなどもあって好きになった あんまりこういうジャンルの映画未開拓だった中学生の時に見たから当時は感動した 別に何も答えは出てない
これはねー集中できなくて観れなかった

またはつまんなかったから観るの止めた

最後まで観てないんでスコアなし
konyudo

konyudoの感想・評価

-
『淵に立つ』に続き2本目の鑑賞。
『淵に立つ』の方が後に制作された映画。『淵に立つ』を観てからだと、深田晃司監督の映画の赤色の使い方に狂気を感じてしまうんだけど、『ほとりの朔子』はストーリーは割と穏やかなので、まぁ落ち着いてみれた。
『ふきげんな過去』もそうだけど、二階堂ふみの夏との相性の良さと少女性がよく出てるなぁ。
Yuka

Yukaの感想・評価

5.0
朔子とたかしの徐々に縮まる距離感、雰囲気、話の内容、いいなあ、、そして二階堂ふみと太賀の脱力感も良い、、茨城のおじいちゃんちと夏が恋しくなる
ネット

ネットの感想・評価

5.0
大好き。この時間がずっと続いてほしかった。
映像に刻まれたあらゆる時間が愛おしい。このどうしようもなさ、血は選べないこと、時間は過ぎゆくこと、彼を好きな別の女性がいること、夏はいずれ終わること、さよならを言わなければならないこと。終わりが見えている時間は美しい。事象の美醜に関わらず。
撮影はカラッとしているのに、感情がダダ漏れ。

肩出しシャツの二階堂ふみが屋外で喋りまくるシーン、おそらくアフレコなのだろうが(ピンマイクを付けるところなさそう)、ビックリするくらい違和感がない。アフレコが上手いってこういうことか。それとも同録…?
>|