予兆 散歩する侵略者 劇場版の作品情報・感想・評価

「予兆 散歩する侵略者 劇場版」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.6
こっちの方が、本編『散歩する侵略者』よりリアリティがあった。自分はこっちの雰囲気の方が好き。
不穏なストーリーの展開、黒沢清感もいい感じだ。

『散歩する侵略者』のスピンオフ。
人間の概念を奪いながら地球侵略を進める者と対決した夫婦の運命を描いている。

家に幽霊が出ると言い始めた同僚を、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科に連れていった悦子(夏帆)は、みゆきに「家族」の概念が欠落しているという診察結果に驚く。
悦子は辰雄から新任の外科医だと紹介された真壁司郎(東出昌大)にいいようのない違和感を抱き、辰雄は彼と行動を共にすることで精神的に追い詰められていき…

染谷将太の気だるい表情がいい。
東出昌大の怪演には意外に驚いてしまった。あと後半大杉漣さんも出てる~と嬉しくなった。

「概念」を奪っていく宇宙人。
意外と宇宙人に侵略されるとしたらこんな感じなのかもしれない。
下っ端

下っ端の感想・評価

3.7
それは、ほんのちょっとした違和感から始まった。
怖いんです。
概念がすっぽり抜け落ちる
そうすぐ世界が終わるとしたらどうする?
これが死の恐怖か
いよいよ終わりか、人類。
正直上手くはいっていない
人の心は弱いものです。
俺より先に町の方が死んだみたいだ。
その愛ってやつを

こっちの方がこわい

このレビューはネタバレを含みます

廃工場で真壁は悦子の銃弾に倒れ、死の直前に共存の概念を理解した。
外に出た悦子は、右手の痛みから解放された山際と抱き合う。
程なくして雨が降り出し、侵略は始まった。
東出昌大の人間じゃない感は可愛いけど怖い。怖いけど可愛い。
物語自体は、“愛とは” を考えるというか、受け取り側の解釈にお任せします的な物語が好きな方は楽しいと思えるのかなって感じ!
会社の同僚が精神的に不安定になり、夫の勤める病院に付き添った主人公はその際に夫に紹介された医師に違和感を感じる。
やがて夫の様子がおかしくなり…といった話。

『散歩する侵略者』のスピンオフ作品。本編の謎を補完する類のものではなく、観なくても全く問題はない。
しかし長い。ダラダラと長い。本編では〝愛〟という概念を理解した侵略者を描き、今作ではその対極である〝死〟を理解した侵略者を描いたのだろうか?

主人公がなぜ特別な存在だったのかわからずモヤモヤの残るラストが残念。
がぼ

がぼの感想・評価

3.4
(2017年11月鑑賞)
宇宙人が地球を侵略するSF映画はたくさんあるけど、人の中の概念を奪っていくという設定は斬新で面白い。物理的な支配による恐怖に劣らず、心の支配というものは本当に恐ろしい。そんな恐怖を感じる一方で、宇宙人に乗っ取られた東出くんや松田龍平(「散歩する侵略者」)の言動がたまに面白くて笑ってしまうシーンがまた絶妙。

中盤まではそれで楽しめるが、「散歩する侵略者」もこの「予兆」も個人的には救いようのないラストを見せられたようで、後味がなんとなく悪い。

しかし、こんな他にない世界観を表現できる黒澤監督は素晴らしいと思う。
午後

午後の感想・評価

4.2
散歩する侵略者よりも黒沢清監督らしさが感じられて良かった。ただ前半がやや説明的過ぎる印象。散歩する侵略者では牧師として登場した東出昌大が、今作品では侵略者として登場する所にテンションが上がった。
GHOSTJPN

GHOSTJPNの感想・評価

3.3
wowowのドラマ版は観てたけど、本編にあわせて劇場版も観ました。
凄く好きな感じです、面白いです。
mrhs

mrhsの感想・評価

4.0
極めてシンプルなロングショットとシンメトリックな構図を観ただけで、黒沢清は抜きん出た才能を持つ監督だと再認識。

いかにも黒沢清的な記号を組み合わせただけの作品と言ってしまえば、それまでの様な気もするが、それが『ダゲレオタイプの女』と同様に非常に上手くハマっている印象。

原理的にカメラは人の内面を映せない=カメラは内面が引き起こした結果としてのアクション(≒外見)しか映せないと黒沢清は述べていた(はず。うろ覚えの引用)。あるいはトラウマの原因を述べて極めて説明的に終わってしまう映画への批判もしていたか。

確かにこの作品からも『キュア』と同様にいくらでも観念的に処理できそうな問題(侵略者が言語化された概念を奪う!)を決して深く掘り下げはしない黒沢清独特の信念が感じられる。

ちなみに脚本が高橋洋だからか、彼が脚本を手がけた怪作『発狂した唇』とほとんどプロットが一緒なのだが、2時間半近い時間が全く苦痛に感じられないのは彼のユーモアセンスによるところも大きいのかもしれない。
みやり

みやりの感想・評価

3.3
なんで腕が痛いのか、なんで夏帆だけ違うのかがよく分からなかった。前作は車に轢かれただけで死んだのにこっちはなかなか死なないのはなぜ。
>|