フラメンコ・フラメンコの作品情報・感想・評価

「フラメンコ・フラメンコ」に投稿された感想・評価

蒼

蒼の感想・評価

5.0
2017/3/18
現代的にアレンジされた、いろんなフラメンコで、ものすごくよかった。何回も見たい。サラ・バラスが圧巻。
Kyohei

Kyoheiの感想・評価

-

ハマるのもあったし、
ハマらないのもあったし。

フラメンコに興味ある人がこの映画を観たら、きっと観終わる頃にはフラメンコの虜。
2012/2/15
フラメンコ好きさん必見ですが、音楽としてのフラメンコが好きな人に限るかな。
バイレ好きで、特にプーロ好みには若干物足りないかも。
ギター好きさんは、パコデルシアの登場でヒートアップかな。

カンテはどのシーンでも聴きごたえがありましたが、
個人的にピアノで合わせたりいうのは好きではないので、このあたりがマイナスポイントです。
最初この予告を見たとき、いくらなんでもカルロス・サウラはフラメンコばかり撮りすぎじゃないかとちょっと呆れもしたけど、今は逆にその強すぎる拘りに敬意すら表したくなるし、実際ヴィットリオ・ストラーロの撮影もあってかなり美しく情熱的な映像になってるから病みつきになる気持ちもわかる。

そしてドラマ主体だったり物語のある映画ばかり見ていると、演舞と演奏ばかり映したこの作品を映画と認めたがらないかもしれないが(自分もかつてそんな考えを幾許か抱いていた)、それは実に閉塞的で凝り固まった思考のように思える。
kumi

kumiの感想・評価

4.8
スペインの名立たる歌い手、踊り手が
情熱的で鮮やかな技をあますところなく披露。
上映中、興奮して血がゴボゴボした。

予告編がすでに最高!
密かに興味と憧れがあったフラメンコ。昔この予告を目にしてから何か観るならこれからだな〜と思い探し続けてやっと発見。

人(特に女性の踊り手)に対して「雄大」という感想を持ったのが初めてで新鮮だったけど正にそんな印象で最高に痺れる。

出演者は皆とにかく表情が素晴らしい。ゴリッゴリのラテン系でロン毛、南の島で伝説のフィッシャーマンやってますみたいなお兄が爽やかスマイルで情熱的なピアノ弾いてたら惚れないわけないやん。

背景と光の具合も雰囲気抜群。
midimidi

midimidiの感想・評価

4.5
キラ星の如きフラメンコ界の神々が、フラメンコを見せるためだけに誂えられた至高の舞台空間で魅せるパフォーマンスの数々。どのアーティストも素晴らし過ぎて気絶しそうだ。
中でも、冒頭のルンバVerde te quiero verdeの詩情。
そしてガロティン、グアヒーラの解釈の新規性は最高。
何度も何度も観て、その度に唸らずにいられない。
舞台は生で観るのが最高、という固定観念も、この「映画」を観れば崩れ去るでしょう。
もる

もるの感想・評価

3.5
フラメンコに興味があって鑑賞。
好きな時もあれば、うーんとおもうときもある。
カッケェー!って思う時もあれば、微妙な時もある。

でも無性に観たくなる。
s

sの感想・評価

-
既にマーク済みだと思ったら、filmarksでイベリアとごっちゃになって3つも登録があり
chinechan

chinechanの感想・評価

4.3
ロシオモリーナさんのガロティンがヤバすぎます。これだけ何回も見てしまいました。
タバコをふかしながら緩急つけて情熱的に踊る。眉間に皺を寄せた渋さも全てがアート。
これ、絶対気持ちいいですよね。最高にかっこいい。
昔知ってたら、ものすごいインスピレーションを受けていたに違いない。

イスラエルガルバンも、全てのショットがフォトジェニックすぎて、ニヤニヤがこみ上げるほどに。さすが、アバンギャルドの名を欲しいままにした男です。

フラメンコってほんといいですね。全力でかっこ良さを追い求めて良い感じが。ストイック感が。外してもいいし、外さなくても、何なら全部キメきってもいい。
ぽっちゃりした人が踊ってもいい感じ。
みんな違ってみんないいってやつです。

limits of control見て以来、フラメンコが気になって仕方なくて、そんな中でいい作品に出会いました。
>|