居眠り磐音の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(2館)

居眠り磐音2019年製作の映画)

上映日:2019年05月17日

製作国:

上映時間:121分

あらすじ

「居眠り磐音」に投稿された感想・評価

PELIMETRON

PELIMETRONの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・松坂桃李、柄本佑、杉野遥亮は江戸での務めを終え帰省する
・松坂には婚約者の芳根京子がいた
・杉野は叔父に騙され婚約者を斬る
・柄本は狂った杉野を斬りふせる
・柄本は事件の発端となった男を斬り伏せ暴れる
・駆けつけた松坂と一騎討ちの末斬られる
・半年後、江戸で鰻屋で働く松坂
・大家に両替屋の用心棒の職を紹介してもらう
・ちょうど強盗が現れる
・松坂が返り討ちにし雇われることに
・柄本明率いる両替屋と敵対していた
・再び襲われるも返り討ちにする
・柄本明が新しい貨幣を用いて仕掛ける
・両替屋は経営が傾く
・街の偉い方が換金のため柄本明を訪れる
・奉行が現れ柄本明の店は潰れ逃げる
・夜道で襲われるも返り討ちにする
・佐々木蔵之介に会いに道場へ
・手紙を渡される
・遊廓で働くこととなった芳根からだった
・松坂は会いに行くも芳根は1人で生きていく決意をしていた
lovecats

lovecatsの感想・評価

3.3
なんか切なかった…😭
ますます松坂桃李にはまったかも⁉️
泣き顔がキレイだった。

腹をくくった女性の強さは美しい。
藩政改革を志し江戸から豊後関前藩に戻ってきた坂崎磐音、小林金平、河出慎之輔がある事がきっかけに磐音が許嫁である奈緒の兄小林金平を討ち取り脱藩することになる。浪人となった磐音が江戸で用心棒をしながら事件を解決していく時代劇。
磐音の居眠り剣法の強さ、頭の良さ、優しさと一途な気持ちはとても魅力があり松坂桃李さんが上手く演じている。奈緒の磐音への変わらぬ気持ちを芳根京子さんの表情からすごく伝わる。おこんさんの活発な感じとお節介ながらも磐音への献身を演じた木村文乃さんも素敵だった。
他にも魅力的な人物が出てくるので飽きることはなく、最後の磐音、奈緒のシーンは切なくもあり奈緒の決心がひしひしと伝わる。松坂桃李さんがとても格好良い映画。
芽

芽の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

磐音がはやく奈緒と一緒にまた暮らせるようになるといいなぁ

切ない友情の話もあり、暗く辛い物語ではあるけれど、それでも強く生きている磐音の姿が素敵でした
松坂桃李がめちゃ強くて。

松坂桃李がめちゃ優しくて。

松坂桃李がめちゃ切なかった。
すれ違いやあの時代ならではの不条理のなかで、悲しみを心の奥に秘めながらも運命を受け入れている、磐音の静かな佇まいが余計に悲しかった。
りす

りすの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

2020年173本目、5月36本目の鑑賞
本木克英監督
松坂桃李主演


分かりやすい物語、誰もが好きな悪人を裁く強い奴
大きく分けて2つの物語を1つにまとめて、分かりやすい話にしている

血の使い方は嫌いじゃない、寧ろ好き

苦しんでる時こそ身近な愛してる人に頼るだろうし、少なくとも私はそうだし、主人公の行動に不可解な点が多いのは残念

腑抜けたキャラクターが際立って良かった主人公なだけに上記の点がただ残念だった
あやか

あやかの感想・評価

3.3
切ない…
柄本明でクライマックス感
吉原の花魁からのエンディングMISIAがあれを思い出させる…
yuuri

yuuriの感想・評価

3.7
序盤から衝撃的だった。
強そうに見えないのにパッスンパッスン敵を倒すから気持ちよかったけど盛り上がりは特になかったかな。
ストーリーは可もなく不可もなく…。
殺陣があまりハマらなかったな…。
もう少し動きが欲しかった気がする。
>|