301・302の作品情報・感想・評価

301・3021995年製作の映画)

삼공일 삼공이/Three-Oh-One, Three-Oh-Two

製作国:

上映時間:100分

3.1

「301・302」に投稿された感想・評価

TOT

TOTの感想・評価

3.5
‪拒食症の女の隣に越して来た過食症の女。
家父長制、食とセックスと愛、欲望と欠如が産み出す現代の病。
真逆な二人の過去が明かされるうちに奇妙な相互理解が生まれる猟奇サスペンスはどこか切なく悲しい。
公開時に変な映画〜と思って、観直してやっぱり変な映画だけど面白いし、なんか好き。
‪孤独な女性同士のダークな連帯は『テルマ&ルイーズ』のB面みたいな感じ。
ちなみに301号室の過食症の女を演じたパン・ウンジンは『マルティニークからの祈り』の監督。
全世界配給された初の韓国映画で、いま観てもかなりのインパクトがあるので再上映してもいいんじゃない?そうなんじゃない?(ただし犬好きは辛い)。‬
あと間違いなくベスト韓国ご飯映画の一つ‬。
YK

YKの感想・評価

2.0
性的虐待のシーンだけはどうしても観れなかった。ラストになっても、詳細は分からない。猟奇的なサスペンス。
ILC

ILCの感想・評価

4.3
前から気になっててようやく観たけど、事前の情報とちょっと違った。ホラー映画って聞いてたけど、ガッツリヒューマンドラマだった。陰惨とした雰囲気もそんなになく敢えていえばスタイリッシュな日活ロマンポルノ風ヒューマンドラマかな
料理ばかり!(ちょっとセックスと残酷も入ってるけど・・・)
アイディアが面白いのにハイコンセプトすぎる。作り方が特に好きではなくて、ナレーション的に下手だね・・・映像が良いのに。
まあ、厳しいけど別に悪い映画でもない。
chisa

chisaの感想・評価

3.8
料理が上手い女性と死にたいと願う拒食症女性がお隣さん同士。
そしてサスペンス
韓国料理美味しそう
Taka

Takaの感想・評価

4.0
拒食症と過食症の女性の出会いから始まるお話。
辛い話だなぁ。
最初のうちはブラックコメディかと思っていたら、マジなんだもんなぁ~

食べる事、愛する事、そしてセックス。
これらは全て「生きる」事と同義なのよね、きっと。
どれかが欠けても「生きている」事にはならない。

もちろん愛する対象は人それぞれだし、
セックスだって行為そのものだけではなく、
精神的充足を得るための代替行為でもあると思うのだけど。

出会ったが為に幸福を掴んだのか?
出会わずにすんだ方が、まだマシだったのか・・・?