ネイビーシールズ:チーム6の作品情報・感想・評価

「ネイビーシールズ:チーム6」に投稿された感想・評価

nrm

nrmの感想・評価

2.5
プリズンブレイクの2人が出演するという理由で観た。内容的には物足りない。
つよ

つよの感想・評価

3.0
ビン・ラディン殺害計画の話。

現地での戦闘メインではなく面白さもあるけど、キャストは海外ドラマで見る俳優が多くて、映画っぽくない印象。
涼風

涼風の感想・評価

-
『ネイビーシールズ:チーム6』と『ゼロ・ダーク・サーティー』を続けて見たのだけど現代の戦争って感じが興味深かった、許可がないと突入出来ない。だからこそ最後の突入が構成的に映えてくる。映像的には両作品ともステルス機のブラックホークが闇夜に紛れて飛んでるのが格好良過ぎて。

『ネイビーシールズ:チーム6』はタイトル通りと言うか『ゼロ〜』で省略されたシールズ隊員が丁寧に描かれていて、この戦争においてこの作戦の重要度や緊張感が伝わってくる。事実とは異なる(そもそも全容は未だ国家機密)突入時のカメラをヘルメットにつけたのも良い演出だなぁ、と。

あと『ゼロ〜』は家を見つけるまでが長くて(見つけた人の話だから)『〜チーム6』は家を見つけてからが長い(作戦の準備班や実行部隊の話だから)。同じ出来事を描いているけれど両作品とも素晴らしいし視点が違うので続けて見るのも全然ありでした。

むしろ『〜チーム:6』の方が劇場未公開のテレビ映画なのにまったく劣らない完成度なのがすごい。僕はジャンル映画的に好きなので贔屓目はあるかと思うけれど……
natsu

natsuの感想・評価

3.5
事実を基につくられているフィクション。
こうゆうのはやっぱり家ではなくて劇場で見たほうがもっといいんだろうな。緊張感が倍増しそう。
my2

my2の感想・評価

3.0
ちょっと期待外れだし、評価も低めだけど、
だからこそリアルな作戦を感じれるのかな。

全編の内、ほぼ訓練とブレーン達の論戦ばっかで
暇だから観たのに途中暇だったわ (笑)

あと、銃撃戦はもはや何がなんだか分からん!
実際の隊員達もそうなのかもしれないけど。
ビンラディン暗殺計画
ゼロダークサーティーとは違った視点
リアルで気分が重くなります
本当にビンラディンは殺されたのか?本当の事は庶民には解らない。復讐の連鎖❗️
2018.5.29
アメリカ軍の自己満映画といったところかな。みている人が現場にいるかのようなリアルな映像だけど、苦しくなる。
米軍欲を満たそうと観たわけですが、
全然満たされなかった。

確実にストーリーテリングの技量が無さすぎる。
かといって銃撃のスリルもあまりなかったような、、
これがリアルなのかもしれない。
yxh

yxhの感想・評価

2.3
【記録】
2018/08/21

しばらく見てた時の気持ちをひきずった。
>|