白鯨の作品情報・感想・評価

「白鯨」に投稿された感想・評価

Tuka

Tukaの感想・評価

3.7
キャプテンエーハブ出現までは不気味さプンプンでワクワク。けど、出てきた船長は真面目そうな割と普通のイケメンおっさん。もっと味のあるキャストだったらな。
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

3.5
復讐にとらわれた人間の業の深さ、あらゆる生き物の頂点だと思い込む人間の傲慢さを表現してるんかなあ、と思いました。
エイハブ船長の散りっぷりはなかなかの戦慄(-_-;
あ

あの感想・評価

3.2
原作は会話、情景、心理描写など文としてとても美しく面白いんですけど。あの文量が2時間未満で収まったのはな〜と。やっぱり少なからず齟齬が出ちゃってますよね。
ローマの休日や、アラバマ物語での誠実な紳士役が似合うグレゴリー・ペックのイメージは大いなる西部のような作品を観ても変わらなかった

なので、幼い頃に童話かアニメでみたような「白鯨に取り憑かれた狂気の船長」に彼が合うのか不安がよぎった・・・が、それは杞憂に終わった😏
marumame

marumameの感想・評価

2.8
名作なんですよね。原作も読んだことないですが💧
CGのない時代、あの嵐の海はかなりの迫力です。
そして白鯨を捕る為だけの執念!だけど、わたしにはあまり届かず睡魔が………💧すみません💧
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

5.0
スペクタクル、そして群像劇としても名作。
グレゴリー・ペックのエイハブ船長の執念も凄いが、クイークェグ以下人間味あふれる船員達が魅力的。これはレイ・ブラッドベリの脚本も貢献していると思う。
特撮はこの時代なので粗いのは仕方がないが、クライマックスのモビーディックとの死闘は迫力充分。
動物パニックのカテゴリーに入れるのも何だが、この作品を超えるものは今後出てこないだろう。

キネノートのレビュー2000本目。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

1.5
授業で見た。
50年代の映画やのにあれだけ迫力のある映像撮れるのはすごいと思うねんけどなー…
面白いとは思わんかった。寝てもたしw
初)「老人と海」と勘違いして鑑賞…久しぶりのGペック面白かったです…(ノ-_-)ノ~┻━┻そのうちリメイクされるでしょう~
yumiko

yumikoの感想・評価

4.0
所用1: 再見。ピークォッド号のマストおよび舵柄を視覚的に理解。あいかわらず夢想主義エイハブと現実主義スターバックの探り合い、衝突、融和は絶妙でロマンティック。あいかわらずmoby dickは発泡スチロールであった。
電気羊

電気羊の感想・評価

4.0
ご存知、モビー・ディックという名の怪物クジラとかつてモビー・ディックに大怪我を負わされたエーハブ船長との復讐劇。
特筆すべきは捕鯨シーン。当時の漁師たちは、あんな小さなボートと銛だけで鯨に向かっていったのかとその勇気に驚嘆するとともに、CGを使わない時代に模型でこの迫力を映像化するとは凄い!うん。面白かった。
>|